芸術工学会誌
Online ISSN : 2433-281X
Print ISSN : 1342-3061
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
芸術工学会誌77号
  • 髙橋 浩伸
    2017 年 77 巻 p. 158-165
    発行日: 2017年
    公開日: 2019/02/01
    ジャーナル フリー
    筆者は、これまで美的空間創造のための基礎的研究として、環境心理学のフィールドにおいて「人間-環境モデル」に基づき、建築空間における美的価値観の研究を続けてきたが、現代の建築的テーマとして、“ 地域性” や“ 歴史性” などが重視される中、その地域ならではの風土や文化・思想にあった美的空間を創造するためには、西洋の美とは違う、日本の特徴的な美を理解・把握しなければならないと考えた。  本研究は、筆者のこれまでの既往の研究を補完するものであり、美的空間創造のための基礎的研究と位置付けられ、その根本となるべき日本の美の概要と特徴を知るための研究と言える。具体的な本研究の内容は、国語学における知見を基に、古代から現在までの日本の美的言葉の時間的推移を調査・整理し、その構成モデルを作成することで、建築的視点や既往研究との比較検討を行い、日本の美の概要と特徴を把握することを本研究の目的とする。そのために、まず日本の美に関する言葉に着目し、国語学による知見を基に、古代からの現代においての時間推移と意味・内容の変遷を調査することとした。その結果まず美を表す言葉は、「くわし」→「きよら」→「うつくしい」→「きれい」と移り変わってきたことが理解でき、美的言葉の時代推移が把握できた。また、日本の特徴的な美的言葉に注目してみると、「なまめかしい」「こころにくい」「もののあわれ」「さみしい」など、今日では直接的に美を表現する言葉としては、理解しづらいような言葉が、古の日本人が持っていた、さりげない深い配慮を尊び、決し て誇張しないという奥ゆかしさの美であり、今日の日本人が失いかけている美の言葉として浮かび上がってきた。  また、「うつくしい」や「きれい」などの日本において美一般を表す言葉に関する共通する意味合いとして、清潔さ・明瞭さが見いだせるが、これらは、筆者の既往研究における、インテリア空間に関する現代日本人の美的価値観として多くの人が挙げた『シンプルである』『物が少ない』などと合致し、日本人の美的概念の特徴があらためて確認された。  更に今後は、本研究で明らかにされた「現代の日本人が失いかけている美の言葉」や「現代の日本人に受け継がれている特徴的な美の言葉」における美的言葉に着目し、それを建築的空間に落とし込み、日本人が持つ特徴的な美的概念に応じた、美的空間創造のための基礎研究を続ける予定である。
  • 安田 光男, 木村 博昭
    2018 年 77 巻 p. 126-133
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/02/01
    ジャーナル フリー
    古代ローマ住宅はペリスタイルと呼ばれる中庭が紀元前2世紀ごろから富裕層を中心とする住宅の平面計画に導入され始め、ドムス住宅が形成された。ポンペイのメナンドロスの家もそういったドムス住宅の一つであるが、ペリスタイルを構成する列柱は等ピッチで整然と並ぶイメージとは異なり、一見ランダムに配置されているように見える。本論考では、メナンドロスの家をケーススタディとして、R.リングらの復元図から3Dモデルを作成し、検証・考察を通して、ペリスタイルの柱配置によって、どのような視覚的効果を用いて空間演出を行おうとしていたかを明らかにすることを目的とする。古代ローマ住宅には二つの軸線が存在することが、一般的に知られている。ファウセス(玄関)からペリスタイルへの視覚軸、もう一つはトリクリニウムからペリスタイルへの視覚軸である。メナンドロスの家においても、この二つの軸線に対応するペリスタイルの柱間の間隔は他の柱間より広げられており、軸線が強調されている。ファウセス(玄関)からペリスタイルを見る視覚軸はペリスタイル列柱の柱芯間隔について手前を広く、奥を狭くすることで、初源的な遠近法の効果で実際の距離よりも長く見えるように設えられていると考えられる。その視覚軸の終点に位置するオエクス前の列柱の中心と視覚軸にはズレが生じており、そのズレの要因は対称性と列柱の連続性の双方を維持するということを意図したためと考えられる。また、トリクリニウムからペリスタイルへの視覚軸について、ペリスタイルの東側から西側に向けて柱芯間隔を徐々に減じさせて、初源的な遠近法の効果で庭をより大きくみせるような空間演出を行っていると推測できる。ペリスタイル列柱の配置は主に北側及び東側に存在する饗宴用の部屋から庭へ向かう視線のためのウィンドーフレームとしての機能が色濃く、ペリスタイル西側及び南側の列柱に、その視線の先にある背景としての役割を担わせることで、劇場の舞台装置のような空間演出を行っていたと考えることができる。メナンドロスの家のペリスタイルの列柱は構造的な機能を超えて、柱芯間隔の巧みな操作や初源的な遠近法を用いた視覚操作を通して、空間演出に利用されていたことがわかった。
  • 任 亜鵬, 鎌田 誠史, 齊木 崇人
    2018 年 77 巻 p. 134-141
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/02/01
    ジャーナル フリー
    本研究は、長期にわたって人々に重視されてこなかった中国の西南地方にある伝統的な民家の一種類である吊脚楼を対象に、建築空間に内在する伝統的な意匠哲学を捉え、苗族と土家族の伝統的な吊脚楼について、現地調査と『道徳経』などの文献調査を通じて、それらの吊脚楼の建築空間に内包されている意匠哲学を考究することを目的とする。前篇『中国西南地方の苗族、土家族の集落空間における自然観に関する研究』に続き、研究では、伝統文化を持つ苗族、土家族の吊脚楼の空間の構成原理について、現在の伝統文化を軽視した中国の建築設計にとって参考にすべき重要な価値があると考えた。  本研究ではまず、吊脚楼の歴史的伝承、特徴及び道家思想との関連性を述べてから、道家思想にある自然観と空間観を考察した。特に、道家思想の「実」と「虚」の理念を抽出し、建築空間との結び付きについて論じている。  また、建築の外部形態、立地選択、使用者の三つの側面から苗族、土家族の伝統的な吊脚楼を分類し、整理した。さらに、吊脚楼の特徴と造型を明らかにし、空間と機能の関係や、空間の分割の二つの側面からその内部空間の特徴と機能を分析した。その上で、その調査内容と道家思想から抽出した空間観及び道家思想と深い関係がある太極図の空間変化との結び付きを比較し分析した。  本研究は歴史文脈の伝承を実在の吊脚楼の調査を通じて苗族、土家族の伝統的な吊脚楼に反映されている道家思想の特徴を明らかにした。その吊脚楼の中にある「虚」と「実」の交替は太極図の原理と現象と一致していること、また、吊脚楼は「道家思想」に含まれている自然観、空間観を反映していることを明らかにした。
  • 福崎 千晃, 曽和 具之
    2018 年 77 巻 p. 142-149
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/02/01
    ジャーナル フリー
    教育の多様化が進む昨今,ワークショップ形式による学びの場が数多く提供されており,協同的関係を省察するための情報提供が必要とされている。さまざまな学び方が生まれるワークショップでは,詳細な記録に基づいた綿密な省察により,参加者の学習能力を向上させることができる。省察に必要な情報は,リアルタイム・ドキュメンテーション(RTD)により,文章での記録のみならず,図や絵,音声,映像などを用いて多角的に記録される。本研究は,RTD に内包されるドキュメンテーションの一つであるリアルタイム・ビデオ(RTV)を取り入れた,協同と表現による学びを目指したワークショップを一例として取り上げる。RTV とはワークショップのプロセスを動画,静止画,音声,文字情報を用いて視覚・聴覚的に編纂したものである。ワークショップの終了時に全員でRTV を閲覧することで,参加者のワークショップに対する認識が変化していることは明らかであったが,RTV の撮影・編集における手法が明確に示されておらず,撮影・編集者(ドキュメンテーター)の経験に頼る部分が多かった。参加者へ省察を促すために制作されたRTV に関し,RTV 制作時にドキュメンテーターに求められるスキルやリテラシーについて考察し,経験だけに頼らないRTV の撮影・編集方法の指針を提示するために,以下の2点を目的として研究を行なった。 (1)参加者の省察傾向を分類し,RTV が参加者に与える影響を分析する。 (2)RTV 制作時にドキュメンテーターに求められる,撮影・編集方法の指針を示す。  参加者のワークショップにおける省察傾向についてアンケート調査を行った結果,参加者は3つの省察視点を持っていることがわかった。この省察視点と,ドキュメンテーターに必要な撮影視点を組み合わせ,RTV 制作に必要な9つのRTV 指標を導き出した。本研究では,以下の知見を得た。 (1)参加者のRTV 閲覧時の省察視点は,「場の状況」,「自己内省」,「他者との関係性」の3種類の特徴がある。 (2)ドキュメンテーターは9つのRTV 指標をもとに撮影し,編集ではすべての指標をRTV に入れ込むことで,いずれの省察視点を持つ参加者にとっても,省察を促すRTV を制作する指針となる。
  • 中牟田 麻弥, 佐藤 優
    2018 年 77 巻 p. 150-157
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/02/01
    ジャーナル フリー
    本論文は、「屋外広告物の広告効果に着目したデザイン要素に関する研究」*1 の継続研究である。屋外広告物の景観阻害が問題として、全国の自治体で規制強化やデザイン誘導が進んでいる。屋外広告物の景観と調和する色彩や大きさ、表示の文字量などの視覚効果については先行研究が多く、規制や誘導に反映され、良好な景観形成に寄与している。一方、規制強化にもかかわらず、規制対象外の広告物の氾濫やデザイン低下など別の課題もある。また、派手に目立とうとする屋外広告物が後を絶たない。景観を主体とした屋外広告物のコントロールに限界があり、また広告主の屋外広告物に対する理解不足に原因があると考えた。そこで、受け手の評価( 受容効果) に着目し、広告効果が高いデザイン要素を明らかにすることで、広告主の自主的改善につながるのではないかと考えたことが本研究の視点である。  本研究において前研究では、屋外広告物を見る人の評価を調査し、見る人が期待する屋外広告物のデザイン要素を明らかにした。見る人は、「上品で面白い=interesting」や「親しみやすく、陽気で暖かく面白い=fun」などのイメージを持つ屋外広告物を期待することがわかった。今回は、広告効果の指標として、見る人の興味を引き購買や利用につながる要素である「好感度」と、その広告の内容がわかりやすいか、広告が見つけやすいかといった「理解度」を分析し、屋外広告物の広告効果が高い表示要素と低い表示要素を抽出した。屋外広告物の広告効果が低い表示要素を高い表示要素とすることで広告効果が向上するかを検証した結果から、屋外広告物の広告効果を向上させる表示方法を明らかにした。
feedback
Top