人間と環境
Online ISSN : 2186-2540
Print ISSN : 0286-438X
ISSN-L : 0286-438X
37 巻 , 3 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
原 著
  • ― CO2削減効果の評価 ―
    山下 正和, 相本 裕之
    2011 年 37 巻 3 号 p. 2-11
    発行日: 2011/11/15
    公開日: 2020/05/09
    ジャーナル フリー

    本稿では,植物の生育過程から使用までのバイオエタノールのライフサイクル全体におけるCO2排出量を定量的に評価することによって,その使用による環境対策としての有効性についての検討を行った。

    その結果,バイオエタノール製造時のエネルギー投入量が大きいこと,また,そのためのエネルギーが主に化石燃料であることから,結局バイオエタノール製造時のCO2排出量が大きく,現状ではバイオエタノールのCO2削減効果に期待はできないという結論が得られた。とくに,トウモロコシや植林材を原料としたバイオエタノールは,そのガソリン代替使用によりCO2排出量は増加するということになった。

    また,バイオエタノールによるCO2削減政策は,経済性に関しても他のCO2削減政策よりも費用対効果の劣る取り組みであって,その効果と経済性の双方で有効的であるとは言い難く,「バイオマス・ニッポン総合戦略」を推し進めるわが国にとって,その第一の目的として掲げられている「地球温暖化防止」の観点でも疑問があるという結果になった。

研究ノート
feedback
Top