保健医療学雑誌
Online ISSN : 2185-0399
ISSN-L : 2185-0399
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
ORIGINAL ARTICLES
  • Kaito Yamashiro, Shigeharu Tanei, Siriporn Burapadaja, Fumihiko Ogat ...
    2019 年 10 巻 2 号 p. 69-78
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/02
    ジャーナル フリー

    [Background] In Japan and Thailand, problems of physical or mental health conditions, underweight, and overweight have increased, and more people are unable to estimate the appropriate body shape. Maintaining an appropriate weight is important, and personal goal-setting, motivation, and lifestyle are particularly essential to achieve it. This study examined the relationship between physical health status, such as fatigue or stress, and BMI or mental health condition among Japanese and Thai students. [Methods] A total of 189 (108 male and 81 female) and 179 (38 male and 141 female) Japanese and Thai pharmacy students, respectively, were included as participants. A survey questionnaire was used to gather data on the participants' age, gender, weight, height, physical and mental health status, ideal body image (weight and height), health consciousness, and degree of sleep satisfaction. [Results] The desire to lose weight was higher in female than in male students in Japan. However, no significant difference was found between BMI and degree of fatigue or stress among Japanese and Thai students. Meanwhile, a significant difference between sleep satisfaction and mental health status was found among these populations. [Conclusion] Positivity factors were thought to be associated with good physical status, sleep satisfaction, and reduced fatigue or stress. Young people need to be educated on health consciousness so that they can maintain an ideal body image and a good mental health status.

原著
  • 喜多 一馬, 池田 耕二, 仲渡 一美
    2019 年 10 巻 2 号 p. 79-91
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/02
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,障がいを有した働き盛りの患者の理学療法への取り組みに対する意欲を向上させるための知見を得ることである.対象は,理学療法に積極的かつ意欲的に取り組んでいる40 歳代の男性入院患者である.方法は解釈学的現象学的分析とし,手順としては,本患者に半構造化面接を行い,理学療法を積極的かつ意欲的に取り組める理由について聞きとり,理学療法への取り組みに対する意欲を分析した.結果は,本患者の理学療法への取り組みに対する意欲を9 つのテーマから解釈することができた.テーマは,半年限定,家族や妻の存在,男のプライド,苦痛を意欲に変化させる力,関係性から構成される意欲等が示された.我々は,これらに着目した理学療法実践時の声かけや配慮,工夫が理学療法への取り組みに対する意欲の向上に大切になると結論づけた.

  • 合田 明生, 村田 伸, 礒谷 光, 宇野 友萌子, 影山 瑞希, 野中 紘士, 中野 英樹, 白岩 加代子
    2019 年 10 巻 2 号 p. 92-98
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/02
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,要介護女性高齢者において,新たな動的バランス評価であるロンブステストの再現性と妥当性を検することであった.要介護女性高齢者29 名を対象に,ロンブステストと4 つの身体パフォーマンス指標(開眼片脚立位時Timed Up and Go Test [TUG]5m最速歩行時間,30-sec chair stand test [CS-30])を測定した.ロンブステストの再性を検証するために,20 名の対象者に対して,同一測定日に2 回目の測定を実施した.その結果,ロンブステストは優れICC 0.960.97)を示し,開眼片脚立位時間,TUG5m 最速歩行時間,CS-30 との間に中程度の有意な相関r=|0.42||0.59|)を認めた.以上の結果から,ロンブステストは,要介護女性高齢者において,再現性と妥当性のある動 バランス評価法であるとことが示唆された.

  • 越野 八重美
    原稿種別: 研究論文
    2019 年 10 巻 2 号 p. 99-106
    発行日: 2019/10/01
    公開日: 2019/10/02
    ジャーナル フリー

    背景:理学療法士国家試験の模擬試験結果から対象学生を層別化し,各層の自己学習量についての特徴把握と必要な対応を検討した. 方法:理学療法学科4 年生54 名を対象とし,階層的クラスター分析によって学生の層別化を行い,得られた群間で自己学習量の比較を行った. 結果:クラスター分析によって5 群に分類され,自己学習量や学習時期について複数間群に差が示され,群による特徴が認められた.また,ROC 解析により成績不良群は1 年生終了時の試験で識別できる可能性が示された. 考察:成績不良群は自己学習を進めること自体が困難である可能性が高いことから,低学年時から学習観や学習方法など多面的な指導が必要であることが示唆された.

原著(訂正再出版)
feedback
Top