土木学会論文集D1(景観・デザイン)
Online ISSN : 2185-6524
ISSN-L : 2185-6524
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
和文論文
  • 湯川 竜馬, 山口 敬太, 久保田 善明, 川崎 雅史
    2021 年 77 巻 1 号 p. 1-16
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/20
    ジャーナル 認証あり

     本研究は,住民が暮らす日常生活圏内の「大切な場所」に着目し,場所に対する価値づけのあり方を明らかにするものである.具体的には,奈良市内8地区を対象にアンケート調査を実施し,その考察にあたり経営分野で用いられる戦略的経験価値モジュールを援用して,場所経験価値を5つに類型化した上で,その具体的内容と全体像を明らかにした.すなわち,場所経験価値として,1)感覚に関わる景観の美しさや自然の豊かさ,2)感情に関わる安らぎや誇らしさなど,3)解釈に関わるなじみや想起される姿,4)紐帯に関わる共同体や先人とのつながり,5)規範に関わる信仰,歴史・伝統などがあり,各特徴や想起の程度,場所との関わりを明らかにした.これにより,地域資源としての場所の価値を住民の経験に基づいて評価する新たな手法の有効性を示した.

  • 渡辺 万紀子, 天野 光一, 西山 孝樹
    2021 年 77 巻 1 号 p. 17-32
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/20
    ジャーナル 認証あり

     街路空間を沿道建築物からの観点で見ると,内部空間と外部空間が存在する.この境界である建築壁面線は,曖昧な境界を構成し中間領域を形成している.この中間領域は,内部空間が外部空間に貫入した「浸み出し」と,外部空間が内部空間に貫入した「入り込み」から構成される.本研究では,「浸み出し」の中間領域を構成する要因を検討し,中間領域の類型化を行った.その結果得られた7類型は直観情報の活動支援装置,活動,商品と,内部情報によりその性格を説明することができた.また,その類型は商品展開型,活動展開型,商品活動展開型,内部情報型,情報不特定型,活動支援装置商品展開型,活動支援装置展開型となることがわかった.

  • 大和田 勝文, 齋藤 潮
    2021 年 77 巻 1 号 p. 33-49
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/03/20
    ジャーナル 認証あり

     多磨墓地は,当時東京市公園課長であった井下清により計画・設計され,日本初の公園墓地として1923年に開設された.当墓地は,墓地設計における造園技術導入,都市計画事業としての墓地建設という観点で,日本の墓地の近代化に大きな影響を与えるものであった.本研究は設計及び整備過程の実態を明らかにすることを目的とし,建設当時の公文書を中心とする一次史料の分析を行った.結果,多磨墓地は1923年の一部供用開始以降,約20年間に渡る段階的な整備がなされ,その間,全体設計案が少なくとも4回変更されたことを明らかにした.その中で,グリッドによる区画分けは初期案から変更されていない.設計変更で操作する要素と維持する要素を明確に切り分けることで,部分供用下における一連の設計変更が可能となり,設計の柔軟性が担保された.

  • 田島 洋輔, 岡田 智秀, 水石 知佳
    2021 年 77 巻 1 号 p. 50-65
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル 認証あり

     東京港では,2013年の東京五輪開催決定を契機に,人員輸送と観光の両立が可能な水上交通に期待が高まっている.この水上交通は,海上を船で移動しながら港湾施設や都市が織りなす水辺特有の非日常的景観を享受できる等,他の交通機関にはない魅力を有している.しかし,こうした海上景観の昼夜間における魅力形成に資する景観的特徴とその成立要件は明らかにされていない.そこで本研究では,水上交通を活用した海上景観の魅力形成に資する景観的特徴を捉えるため,乗船者が好ましいとした海上景観要素とその評価理由からみた5つの海上景観特性について人間の視知覚特性である視距離と視野角を用いた定量分析を行うとともに,海上景観特性ごとの昼夜比較分析を通じてみた景観的特徴を明らかにした.

feedback
Top