土木学会論文集D1(景観・デザイン)
Online ISSN : 2185-6524
ISSN-L : 2185-6524
最新号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
和文論文
  • 滝澤 恭平, 立林 泰典, 竹内 勇貴
    2022 年 78 巻 1 号 p. 1-17
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/01/20
    ジャーナル 認証あり

     都市の中小河川において,市民協働により河道内の自然再生を行うことは,河川環境・景観を改善させ,市民の川づくりへの関与を高める上で重要である.実施に際しては,多様な市民の合意形成,アイディア集約と,科学的な河川デザインが両立した計画・施工が求められる.横浜市帷子川での市民との石組み水制づくりの検討と市民普請のプロセスの分析を通して,協働型の河道内自然再生の方法について考察することを本研究の目的とする.施工一年後に,瀬の形成,流れの明瞭化,水制の主要構造の残存,土砂堆積が確認された.結果を踏まえ,a.合意形成プロセス:経験に基づいた学習コミュニティへの変換,b.計画プロセス:応答的プロセスマネジメント,c.河川の営力を踏まえた河川環境デザイン手法,d.市民が川づくりに関与するための技術について考察した.

  • 松岡 七海, 岡田 智秀
    2022 年 78 巻 1 号 p. 18-30
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/02/20
    ジャーナル 認証あり

     本研究では,区立では都内初の人工海浜となる“大森ふるさとの浜辺公園”を対象に,都市型人工海浜の整備プロセスと開業後の利用特性について明らかにした.その結果,都市型人工海浜整備に向けた示唆として,[1] 整備期間は区立ゆえに国や都との調整で概ね10年が必要とされること,[2] 整備費用は区の独自財源を不要にできたこと,[3] 計画初期段階では地域住民に寄り添った行政対応が重要であること,[4] 海浜整備段階では,工事中であっても地域住民の関心を保つための工夫が重要であること,[5] 海浜地の維持・運営に関する継続性や発展性として,背後に隣接する複数の商店会による組織構築が重要な役割を担っていること,以上5項目とともに,「地縁性」「多様性」「市街地近接性」など5つの利用特性を導いた.

  • 谷川 陸, 山口 敬太, 川崎 雅史
    2022 年 78 巻 1 号 p. 31-48
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/20
    ジャーナル 認証あり

     本研究は,大正期の京都三山における鉄道開発に対する眺望景観保全の実態を,[1]開発許可申請の手続き,[2]眺望景観の評価手法,[3]風致維持の方策,[4]風致保全の理念,の観点から明らかにし,以下の成果を得た.[1]許可申請においては,京都府土木課が計画段階から事前協議を行い,技師の調査や社寺課の意見に基づき風致指導を行った.[2]眺望景観の評価においては,市街地内の名勝や道路・橋梁からみた中遠景を基準とし,望見区間を明示するなどの技術的手法をとった.一方,不許可の場合には,山稜構成樹木の伐採等をその根拠とした.[3]風致維持方策としては,谷を通る経路選定,樹木による構造物の遮蔽等の指導が行われた.[4]山容・山姿の美しさだけでなく,史蹟・名勝の歴史的価値,神域・霊域の尊厳が重視され,その際には社寺課の意見が尊重された.

feedback
Top