日本シルク学会誌
Online ISSN : 1881-1698
Print ISSN : 1880-8204
ISSN-L : 1880-8204
最新号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
特集企画「地域シルク関連産業2」
学術論文
  • 岡田 英二, 中島 健一, 伊賀 正年, 飯塚 哲也
    2021 年 29 巻 p. 39-49
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/08/20
    ジャーナル フリー

     生糸の新たな付加価値として,普通は3〜4 gf/dである繭糸強度を越える高強度繭糸に蚕糸関係者の関心は高い.農研機構が保有する蚕品種には,強度が6 gf/dの諸桂や5 gf/dを越える吉N,日124号があり,高強度繭糸の育種では有望である.これらと実用育種素材の日149号,中515号を用いて高強度系蚕の育成を図った.日124号×吉Nと日149号×日124号の四元交雑種から強度について選抜・継代し,新たにMN502という日本種系固定種を育成した.中国種系では中515号×208ABと諸桂の三元交雑種から固定種MC502を育成した.このMN502×MC502の飼育成績と繰糸成績を,白麗®,ありあけ,日137号×支146号の交雑種と比較すると,繭重と繭層重は軽く,これらと相関関係のある繭糸長,生糸量歩合,繭糸量も低かった.しかし,繭糸強度は4.99 gf/dの最高値を示したので育成を続け,近年,MN502は4.86,MC502は5.25,その交雑種は5.31 gf/dの強度を示した.この特性の遺伝効果は超優性の様相を呈し,MC502による影響が示唆される.

  • 伊賀 正年, 飯塚 哲也, 岡田 英二, 中島 健一
    2021 年 29 巻 p. 51-57
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/08/20
    ジャーナル フリー

     服飾用だけでなく工業用素材としても注目されているシルクは,他に類を見ない優れた性状を有するが,さらに強度や伸度に優れた生糸の開発が待ち望まれている.これまでに育種により5 g/dを超える強度を有する高強度系統カイコMC502が作出されたが,生糸の収率向上が実用化に向けた課題であった.そこで,MC502と普通蚕品種や繭糸繊度などに特徴を有する品種を交雑し,繭糸性状および生糸収率の変化を調べた.交雑により繭重と繭層重の増大が見られ,繭糸繊度曲線と繰糸成績は交雑に用いた系統の特徴を反映した変化が見られた.生糸の収率を示す生糸量歩合は日137号との交雑において有意な向上が認められた.MC502の高強度繭糸の特性は雑種第一代においても維持されており,一般的な実用蚕品種を大きく上回る優れた強度を有していた.中でも日137号,中515号,MN502との交雑ではMC502と同程度の強度が保持されていた.

  • 小島 桂
    2021 年 29 巻 p. 59-65
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/08/20
    ジャーナル フリー

     piggyBacを用いた遺伝子組換えカイコにおける組換え遺伝子の挿入数をリアルタイムPCR法を用いて確定する方法を検討した.検出配列として,piggyBacのR-arm配列を用い,内部標準としてhsp90遺伝子を用いたところ,0,1および2コピーのpiggyBac R-arm配列の挿入数を確定することが出来た.また,同様に8コピーまでの挿入でも,挿入数既知の標準サンプルと比較することで挿入遺伝子数を決定できることが示された.本法とサザンハイブリダイゼーションによる組換え遺伝子の挿入座数の決定を組み合わせることで,遺伝子組換えカイコの組換え遺伝子がホモ接合体かどうか容易に推定できる.

  • Dennis Burger, Nobuto Yamada, Keiro Uchino, Kunihiro Shiomi, Yasushi T ...
    2021 年 29 巻 p. 67-77
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/08/20
    ジャーナル フリー

      Silk fibroin (SF) composed of heavy chains (Fib-H), light chains (Fib-L), and fibrohexamerin, is a desirable material for many tissue engineering applications due to its superior moldability and biocompatibility. In this work, we produced transgenic silkworm lines, which express a recombinant protein comprising the basic fibroblast growth factor (bFGF)-binding P7 peptide with homology to bFGF receptors introduced at the C-terminus of the fibroin L-chain, using the piggyBac vector. As a result, one transgenic line 2-23 expressed recombinant fibroin L-chain protein at a relative amount of 26.75 % of all L-chains (which also comprise endogenous L-chains), which indicates high bFGF binding affinity of recombinant SF compared to that of the control (non-transgenic silkworm SF). Our result will contribute to the development of medical application of recombinant SF.

Short communication
  • Tomoko Hashimoto, Katsura Kojima, Yasushi Tamada
    2021 年 29 巻 p. 79-85
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/08/20
    ジャーナル フリー

      In this study, to develop silk fibroin (SF)-based sponges used in the field of skin esthetics and skin tissue engineering, the influence of the SF solution and the SF sponge on gene expressions in three-dimensional (3-D) reconstructed human keratinocytes with or without melanocytes as a skin equivalent model was evaluated by quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR) experiments. Commercially available collagen (Col) solution and sponge were used for comparison. In the 3-D skin model made from keratinocytes, no marked changes in the expressions of genes related to differentiations and barrier functions of epidermis were observed between both solutions and sponges of SF and Col. RT-PCR experiments using the 3-D skin model with both keratinocytes and melanocytes revealed that gene expression levels of melanogenesis-related factors on the 3-D skin models stimulated with the SF sponge were slightly higher than that on the Col sponge. Measurements of pigment areas in the 3-D skin models with melanocytes indicated that almost identical areas of black melanin were detected in the 3-D skin models stimulated with medium, SF sponge, and Col sponge. This study indicates that SF-based materials are biologically inert to human skin epidermis, similar to collagen-based materials.

解説
随筆
feedback
Top