循環制御
Print ISSN : 0389-1844
25 巻 , 2 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
  • 大波 敏子, 熊谷 裕生, 佐方 克史, 大坂 元久, 滝本 千恵, 飯ヶ谷 嘉門, 猿田 享男
    2004 年 25 巻 2 号 p. 158-168
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/12/06
    ジャーナル フリー
     これまで私どもは高血圧自然発症ラット(SHR)では,正常血圧ラット(WKY)に比べて神経性循環調節の線形性が高く,非線形性が低いことを報告してきた.そこで,本研究ではカンデサルタンとアムロジピンの14日間の経口投与により,SHRの腎交感神経活動(RSNA)と血圧(BP)およびRSNAと腎血流量(RBF)の相関の線形性および非線形性がどのように変化するかを検討した.カンデサルタン,アムロジピン両群で有意な血圧低下および腎血流量の増加を認めた.一方,腎交感神経活動はカンデサルタン群で有意に抑制されたが,アムロジピン群では有意には抑制されなかった.RSNAからBPおよびRSNAからRBFへの伝達関数のコヒーレンスは,カンデサルタン群, アムロジピン群でvehicle群と比較して有意に低下し,相互情報量(線形性と非線形性)は有意に増加した.このことより,SHRの高い線形性が低下し,低い非線形性が増加したことが示された.これらの結果からカンデサルタン,アムロジピンは高血圧患者の不良な予後を改善することが期待される.
  • 浦嶋 和也, 寺井 志織, 西堀 崇子, 廣谷 芳彦, 田中 一彦
    2004 年 25 巻 2 号 p. 169-175
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/12/06
    ジャーナル フリー
     局所麻酔薬レボブピバカインは,ブピバカインのS(-)体として開発された薬物である.臨床では,局所麻酔薬の血管内誤投与による心毒性が問題となる.そこで,ラット摘出心臓を用いた灌流実験を行い,レボブピバカインの心刺激伝導系を介した心機能抑制に対するペーシング処置の効果,および,カテコラミン(エピネフリン,ノルエピネフリン,イソプロテレノール)による心機能抑制に対する改善効果を検討した.ペーシング処置においては,5μg/mlのレボブピバカイン濃度による心機能の抑制が緩和され,カテコラミン製剤投与においては,エピネフリン 0.8μg/kg/min投与で心機能抑制が緩和された.
  • 野々山 真樹, 島倉 唯行
    2004 年 25 巻 2 号 p. 176-180
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/12/06
    ジャーナル フリー
    Transesophageal echocardiography(TEE) was used for 18 patients undergoing the internal thoracic artery to the left anterior descending artery bypass grafting on beating heart between October 1999 and May 2000. Patients were aged from 58 to 79, averaged 68.1 years old. Gender was 13 in male. There were no significant differences in the effects of placement of two types of stabilizer, CTS and Octopus2, on left ventricular inter-nal diameter in diastole and systole, end diastolic volume, end systolic volume, ejection fraction, and cardiac output. However, peak systolic meridional wall stress(PSS) tended to reduce in patients without an intraluminal shunt tube as compared with those with the tube. Therefore, intraluminal shunt tube seems to be effective to avoid regional ischemic stress. TEE would be a useful monitor of the left ventricular performance during the off pump CABG.
症例
feedback
Top