循環制御
Print ISSN : 0389-1844
25 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
原著
  • 安部 和夫, 岡 淳子, 船津 俊宏, 竹内 麦穂, 福田 宏嗣, 藤井 謙司
    2004 年 25 巻 4 号 p. 378-381
    発行日: 2004年
    公開日: 2005/02/07
    ジャーナル フリー
     全身麻酔導入後に肺高血圧症(平均肺動脈圧 30mmHg以上)を呈した心臓外科手術20症例について,ミルリノン 0.5μg/kg/分を持続静注し,その薬剤の循環動態に与える影響を検討した.20症例のうち6症例は投与開始後に収縮期血圧が30%以上低下したので投与を中止し,残りの14症例でデータを収集した.ミルリノン開始前平均血圧は76±13mmHgから開始後30分で67±11mmHgと有意に低下した.心拍数は開始前79±23rpmであったのが開始後30分で98±20rpmと有意に増加した.心拍出量は開始前3.4±1.4L/分だったが30分で4.9±2.6L/分と有意に増加した.混合静脈血酸素飽和度は開始前69±14%だったのが15分で74±13%と有意に上昇した.平均肺動脈圧はミルリノン開始前34±12mmHgだったのが開始後30分で29±11mmHgと低下傾向を示し,開始後30分では23±3mmHgと有意に低下した.肺血管抵抗は開始前440±112dyne/sec/cm-5から開始後30分で194±56 dyne/sec/cm-5と有意に低下した.以上より,ミルリノンは心臓手術中の肺高血圧に有用であるが,体血圧の低下に注意が必要であることが示唆された.
  • 比企 美加, 渡部 功三, 新見 能成, 森田 茂穂
    2004 年 25 巻 4 号 p. 382-385
    発行日: 2004年
    公開日: 2005/02/07
    ジャーナル フリー
     組織ドプラ法を用いた心筋収縮速度の測定は,心エコーによる心筋虚血の客観的・定量的診断方法として注目されている.今回,冠動脈バイパス手術中の心室中隔の壁厚増加率と組織ドプラ法による最大収縮速度および最大拡張速度の関係を調べた.壁厚増加率が高いほど最大収縮速度は速い傾向にあったが,最大拡張速度にははっきりとした関係を認めなかった.また,壁厚増加率が 2 段階以上低下したとき,最大収縮速度は有意に低下し,反対に上昇したときは有意に上昇した.心室中隔の長軸方向における最大収縮速度は,壁厚増加率と関係することが示された.
症例
feedback
Top