循環制御
Print ISSN : 0389-1844
最新号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
特集:人工血球を用いた出血性ショック制御の基礎研究
総説
  • 上村 和紀
    原稿種別: 総説
    2020 年 41 巻 2 号 p. 103-110
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/09/20
    ジャーナル フリー
     敗血症性ショックの初期循環蘇生は、厳重な血行動態モニターと輸液・心血管作動薬の緻密な投与量調節が必要になる。集中治療医・コメディカルのチームがこれにあたるが、重症患者の循環管理は時間と労力の大きな負担となり、それは敗血症診療ガイドライン遵守率低下の一因にもなってきた。この問題を克服するべく、敗血症性ショックの初期循環蘇生を自動的に可能にする、敗血症性ショック循環管理システムを著者らは開発してきた。さらにこのシステムを用い、敗血症性ショックの初期循環蘇生におけるベータ遮断薬の投与が、血行動態や心筋酸素代謝等へ及ぼす影響を検討してきた。今回、これらの基礎開発とその意義について概説する。
  • 松成 泰典
    原稿種別: 総説
    2020 年 41 巻 2 号 p. 111-119
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/09/20
    ジャーナル フリー
     播種性血管内凝固症候群(DIC)を伴った敗血症は現在でも死亡率の高い疾患であるが、決定的な治療は確立されていない。この原因の一つは、抗血栓療法が細菌に対する宿主の防御反応を減弱させるためであるが、現在は生理的な血栓形成と病的血栓形成を明確に区別して治療薬を選択したり治療開始時期を決定したりことは困難である。
     一方、早期目標指向型治療が敗血症患者の生存率に寄与しないことも示された。循環管理はDIC治療の一環でもあるが、現在臨床で用いられる指標では敗血症患者の管理には限界がある。
     敗血症性DIC 患者の予後改善には、抗血栓療法と循環管理どちらにもブレイクスルーが必要である。
原 著
  • Toshihiro Mori, Noriaki Fujita, Yuji Morimoto
    2020 年 41 巻 2 号 p. 120-127
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/09/20
    ジャーナル フリー
    Introduction: Diabetes mellitus (DM) is one of the well-known risk factors of postoperative stroke in cardiac surgery. Cerebrovascular CO2 reactivity and the changes in cerebral blood flow are impaired in diabetic patients. Regional cerebral oxygen saturation (rSO2) measured using near-infrared spectroscopy (NIRS) has been utilized in cardiac surgery to evaluate cerebral oxygenation. However, the difference of the rSO2 values between diabetic and non-diabetic patients during cardiopulmonary bypass (CPB) has not been well investigated. The aim of this study was to compare the rSO2values of diabetic and non-diabetic patients who underwent cardiac surgery.
    Methods: Thirty diabetic patients (DM group) and 30 age- and gender-matched non-diabetic patients (NDM [control] group) who underwent coronary artery bypass grafting (CABG), valve surgery, or both utilizing normothermic CPB were retrospectively investigated. The mean values of rSO2 at nine time points during the entire period of cardiac surgery were measured.
    Results: The rSO2 values in the DM group were significantly lower than those in the NDM group (p < 0.01) and the difference between the groups increased with the time after the initiation of CPB.
    Conclusions: The rSO2 values in diabetic patients are lower than those in non-diabetic patients during cardiac surgery with normothermic CPB. A further large prospective study will be needed to investigate the relationship between lower rSO2 values in diabetic patients and postoperative outcomes as well as the mechanism of the lower values.
feedback
Top