循環制御
Print ISSN : 0389-1844
最新号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
特集:心不全に対する陽圧呼吸治療の発展の歴史
総説
  • 朔 啓太, 西川 拓也
    2019 年 40 巻 2 号 p. 95-100
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/12
    ジャーナル フリー
     心原性ショックは患者の高齢化、重症化ととも に先進諸国で増加しており、半数近くの患者は致 死的となる。さまざまな経皮的循環補助デバイス がそれら心原性ショック患者救済に寄与している が、その効果は不十分と言わざるを得ない。近年、 左室補助装置(LVAD)におけるさまざまな技術革 新の中で循環補助用心内留置型ポンプカテーテル Impella が本邦でも薬事承認され、使用件数を伸 ばしている。本総説では、PV loop(pressure-volume loop)という基礎的な循環フレームワークに立ち 返り、Impella の循環補助デバイスとしての立ち位 置や治療デバイスとしての可能性・有用性につい てこれまでの基礎、臨床研究結果を基に考察する。
原 著
  • 牛尾 将洋, 江木 盛時, 若林 潤二, 西村 太一, 小幡 典彦, 溝渕 知司
    2019 年 40 巻 2 号 p. 101-107
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/12
    ジャーナル フリー
    【目的】 成人心臓手術患者で強心薬が左室拡張 能に与える影響を検討するため、システマティッ クレビューを行った。 【方法】 PubMed で2003 年1 月から2017 年10 月までの文献検索を行い、 強心薬が左室拡張能に与える影響を検討した論文 を抽出した。 【結果】 抽出した論文は7 編あっ た。強心薬はエピネフリンが2 編、ミルリノンが 4 編、エノキシモンが1 編、レボシメンダンが2 編で検討され、内2 編でエピネフリンとミルリノ ンが同時に検討された。エピネフリン、ミルリノ ン、エノキシモン投与では左室拡張能に有意な変 化を与えなかったが、レボシメンダン投与で左室 拡張能は有意に改善した。 【結論】 成人心臓手術 患者で、レボシメンダン投与により左室拡張能が 改善する。
症例
  • Yuji Karashima, Masami Kimura, Masumi Umehara, Kazuhiro Shirozu, Ken-i ...
    2019 年 40 巻 2 号 p. 108-112
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/12
    ジャーナル フリー
    Hypertrophic cardiomyopathy(HCM) is a condition characterized by thickening of the heart muscle. This causes mid-systolic ventricular obstruction and/or left ventricular outflow tract obstruction, which can have an impact on the arterial waveform. The FloTrac/EV1000TM system is a non-invasive hemodynamic monitor that uses arterial pressure waveform analysis and is currently used for patients with cardiac compromise. However, little is known about the reliability of this system in HCM patients. A 19-year-old male patient who has been treated for HCM was scheduled for resection of the nerve of pterygoid canal for treatment of allergic rhinitis. Invasive arterial pressure monitoring that connected to the FloTrac/EV1000TM system was initiated. However, after induction of general anesthesia, the system started indicating very low cardiac index and even stopped measurement. All the other hemodynamic parameters seemed to be in the normal range. Here we describe the limitation of the FloTrac/EV1000TM system for an anesthetized patient with HCM.
feedback
Top