日本救急医学会関東地方会雑誌
Online ISSN : 2434-2580
Print ISSN : 0287-301X
最新号
日本救急医学会関東地方会雑誌
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
症例報告
  • 寺島 侑希, 山形 梨里子, 末吉 亮, 石上 雄一郎, 小川 敦裕, 沼田 賢治, 溝辺 倫子, 本間 洋輔, 高橋 仁, 井上 哲也, ...
    2020 年 41 巻 3 号 p. 366-368
    発行日: 2020/06/30
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル フリー

    【背景】精巣は白膜に保護されているが強い外力が加わると大腿や恥骨に挟まれ破裂し, 外科的修復を要することがある。【症例】特に既往のない24歳男性。 400ccバイクで走行中に, 60km/時で軽自動車と正面衝突し当院救急搬送となった。来院時は意識清明, バイタルサインは心拍数 71回/分, 血圧 119/79 mmHg, 呼吸数 25回/分, 体温 37.0℃, SpO2 98% (室内気) だった。primary surveyでは明らかな異常を認めなかったが, secondary surveyで会陰部に陰囊の腫脹・疼痛があり右精巣が陰囊から体表に脱出していた。体幹部造影CT検査では軽度の左陰囊内への造影剤の血管外漏出以外に明らかな異常はなかった。治療方針決定のため精巣超音波検査を行うと, 左精巣が腫脹 (35×28×26 mm) しており, 陰囊内部のエコーは低エコーから高エコー域が混在, ドプラエコーで内部血流は不明瞭であり左精巣破裂が疑われた。緊急手術の方針とし, 右精巣は精巣固定術を施行, 左精巣に関しては損傷が大きく機能温存は不可能であり精巣摘出術を施行した。術後は創部感染や合併症等なく経過し, 入院7日目に退院となった。退院後の精査では右精巣機能の温存が確認できた。【結語】精巣損傷を認めた際は, 見た目に損傷が大きい側だけでなく反対側の評価も怠らないことが早期の治療加入, 精巣機能温存につながるため重要である。

  • 古澤 恭平, 中野 貴明, 杉浦 潤, 金澤 将史, 杉村 真美子, 伊藤 敏孝
    2020 年 41 巻 3 号 p. 369-372
    発行日: 2020/06/30
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル フリー

    顔面神経麻痺を伴わないRamsay-Hunt症候群 (以下Hunt症候群) の1例を経験した。Hunt症候群は耳介帯状疱疹, 末梢性顔面神経麻痺, 第8脳神経症状を三徴とする水痘帯状疱疹ウイルス感染疾患として知られている。三徴のいずれかを認めない症例の報告もあるが, 顔面神経麻痺を認めない不全型Hunt症候群は稀とされている。不全型Hunt症候群は診断に難渋する例が多く, 本症例も診断まで11病日を要した。顔面神経麻痺を伴わない不全型Hunt症候群では難聴の予後が悪く, 本症例でも聴力低下は改善を認めなかった。既報告例によると, 早期の診断と治療介入が難聴の予後に寄与しうると推察されたため, めまいや頭痛を主訴とした症例で顔面神経麻痺を伴わない場合でも, Hunt症候群を鑑別にあげ, 耳介周囲の帯状疱疹の有無など全身観察が必要である。

  • 吉田 龍太朗, 梅谷 一公, 小川 敦裕, 石上 雄一郎, 沼田 賢治, 溝辺 倫子, 本間 洋輔, 高橋 仁, 井上 哲也, 舩越 拓
    2020 年 41 巻 3 号 p. 373-376
    発行日: 2020/06/30
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル フリー

    【背景】有機溶剤は揮発性が高いという特徴から吸入すると急性中毒症状を来すことがある。また高リスク受傷機転患者の診療では, 速やかな初期診療が防ぎ得る外傷死亡を防止する重要な要素である。有機溶剤に汚染された外傷患者を診察する際は有機溶剤汚染による被害と重症外傷の診療の両者を考慮しながらの診療が必要となるため応用的な対応が求められる。 【症例】30代男性。建築現場で作業中に5mの足場から転落し, 手に持っていた有機溶剤を浴び, 全身に有機溶剤が付着した状態で当院へ搬送された。前室で行ったprimary surveyで異常所見なく外傷診療より除染を優先した。サラダ油で除染後, 外傷診療を継続し, 創傷処置を行い帰宅とした。 【結語】汚染患者を受け入れる前から汚染物質の調査が必要であり除染方法や診療場所の判断が重要となる。外傷診療と除染の優先順位は外傷の重症度によって異なる。有機溶剤は油で落とせると知っておくことは救急医にとって重要である。

  • ~看護師の価値観に関する若手看護師の気づき~
    山川 (木村) 華瑠佳
    2020 年 41 巻 3 号 p. 377-379
    発行日: 2020/06/30
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル フリー

    入院した患者や家族にとって, 病院で迎える誕生日が, 本当におめでたいことなのか疑問に思う出来事があった。この出来事を通して, 患者や家族に対して最善の看護を提供するには何が重要なのか, 考える機会を得たためここに報告する。 当病棟看護師が, 病院で誕生日を迎えることをどのように捉えているのかスタッフ同士で意見交換を行った。その結果, 誕生日をお祝いすることに(1)賛成(2)反対(3)患者や家族の意見を聞き尊重していくといった3つのカテゴリーに分けられた。国際看護師協会の看護師の倫理綱領では「看護師は, 看護を提供するに際し, 個人, 家族, および地域社会の人権, 価値観, 習慣および信仰が尊重されるような環境の実現を目指す」といわれている。看護師個人の価値観や習慣だけでなく, 他の看護師, 患者・家族の価値観を知り, そのうえで話し合い, 看護を提供することが患者や家族に対して最善の看護を提供するうえで重要だと考える。

feedback
Top