アジア経済
Online ISSN : 2434-0537
Print ISSN : 0002-2942
最新号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
論文
学界展望
  • 春山 明哲
    2019 年 60 巻 4 号 p. 27-56
    発行日: 2019/12/15
    公開日: 2019/12/24
    ジャーナル フリー HTML

    台湾史研究とはなにか,台湾史は誰がどのように書いてきたのか。この問いは日本による植民地統治と戦後の国民党政権による統治体制を経てきた台湾を対象とする歴史の研究にとって重要な意味を持つ。本稿は,この問題意識から,日本における台湾史研究の歴史と個性にアプローチすることを試みる。前半では,1895年から1945年までの帝国日本による台湾統治時期における,伊能嘉矩,岡松参太郎,矢内原忠雄及び台北帝国大学の研究者らによる研究のうち「里程標」というべき書物を取り上げ,歴史研究と植民政策論及び人類学の関係を検討する。ついで,帝国日本の「遺産」と戦後への「架け橋」という視点から,1945年前後の連続性と変化を検討する。後半では,1945年から現在までの時期を対象として,日本における台湾史研究の「再出発」の契機ともなった台湾人留学生の群像,それに知的刺激を受けた台湾近現代史研究会の活動,90年代の台湾の変化,日本台湾学会の設立から現在までの研究史を素描する。さいごに台湾史研究をめぐる史論と方法論についても触れ,台湾はどこに行くのかという問いへの始点とする。

書評
紹介
feedback
Top