学術情報処理研究
Online ISSN : 2433-7595
Print ISSN : 1343-2915
3 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著論文
  • Mitsue Den, Kazuyuki Yamashita, Ryoji Matsumoto
    原稿種別: research-article
    1999 年 3 巻 1 号 p. 3-11
    発行日: 1999/10/08
    公開日: 2019/08/30
    ジャーナル フリー

    We propose an algorithm of data compression for the purpose of effective output of multi-dimensional numerical simulation data with a huge number of mesh cells during simulation runs, supposed to use the compressed data including necessary and sufficient information in visualization or analyses after the simulations. This algorithm consists of classification or quantization of single or double precision real data at each mesh point and subsequent compression by using conventional compression algorithm. In the previous paper, we described detailed method of data compression, obtained the compression efficiency for several typical simulations and showed that this method gave good results for those simulations. However, our method was limited to the variables which have positive or negative definite sign such as density. In this paper, we extend this algorithm to all variables which have any signs such as velocity variables. We show that our proposed compression algorithm can attain as high compression efficiencies for the magnetic fields as our previous method. Furthermore we develop another version of our proposed algorithm in which is adopted for the second stage compression method as the next step. We perform test calculations of the compression efficiencies calculated by using this method for the same models as those in the previous paper and show that this compression method is also very useful as well as the previous one.

  • 佐野 雅彦
    原稿種別: 研究論文
    1999 年 3 巻 1 号 p. 13-20
    発行日: 1999/10/08
    公開日: 2019/08/30
    ジャーナル フリー

    教育用計算機システムのアカウント管理手法を提案する.これは,利用者である学生の自己申請を活用することにより,進学や就職によるアカウントの更新・削除を自動化するものである.また,管理権限の一部を学生の所属部局等に委譲することにより,授業におけるアカウント管理の俊速な対応を実現し,運用上の幾つかの問題点を解決する.本論文では,徳島大学総合情報処理センター教育用計算機システムの構築に際して,検討し,採用した方法について述べる.

  • 安藤 英俊
    原稿種別: 研究論文
    1999 年 3 巻 1 号 p. 21-31
    発行日: 1999/10/08
    公開日: 2019/08/30
    ジャーナル フリー

    WWWブラウザを介して履修申告を行うシステムが山梨大学に導入されたが、多人数で利用する際に十分な性能を発揮することができずに問題となった。本論文では WWW 技術を用いた履修申告システムの開発を通して、WWWとデータベースを連携させて3階層型クライアント・サーバ・システムを構築する際の注意点を考察する。その結果として、安価なハードウェアと無料のソフトウェアだけを用い、機能的にも現行システムと同等で圧倒的に性能の優れたシステムを構築することができた。また開発したシステムの性能評価を行うために、現実の多人数同時利用によるサーバへの負荷の発生と同等の状況を1人だけの操作によって作り出し、システムの性能評価を行える自動ベンチマークシステムも開発した。これによって試作履修申告システムの性能評価を行い、現行システムでの性能向上をはかるための方法について考察した。

  • 原山美知子, 佐藤俊介, 田中昌二
    原稿種別: 研究論文
    1999 年 3 巻 1 号 p. 33-48
    発行日: 1999/10/08
    公開日: 2019/08/30
    ジャーナル フリー

    近年のコンピュータおよび通信技術の新たな展開に伴い,国立大学情報処理センターは保有システムおよびサービスともに変化してきた.ここでは,国立大学情報処理センターで構成する協議会調査書の回答を集計することにより,ここ6年間の変遷を追った.その結果,多くの大学に高速な情報ネットワークが整備され,それを境に,従来の科学技術計算とデータ処理のサービスから,情報ネットワークの整備・保守および学内へのインターネットサービスへ,サービス内容が変化したことが示された.研究用主システムは,汎用機(メインフレーム)からベクトル計算機とスカラー並列計算機にかわり,教育用パソコンの台数が増加する一方,事務系業務は減少していることが明らかとなった.

feedback
Top