日本リモートセンシング学会誌
Online ISSN : 1883-1184
Print ISSN : 0289-7911
ISSN-L : 0289-7911
8 巻 , 4 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 安斎 富士夫, 建石 隆太郎, 土屋 清
    1988 年 8 巻 4 号 p. 359-369
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Experiments on correction of geometric distortion of SPOT HRV image data based on a polynomial and ground control points indicate following features. In case of the Level-1A SPOT HRV image data the optimum degree of the polynomial is the 2-nd degree both for a latitude-longitude coordinate system and a plane rectangular coordinate system, while in case of the Level-1B data the optimum degree is the bilinear for the latitude-longitude coordinate system and linear for the plane rectangular coordinate system.
    A computer program for the correction of geometric distortion has been developed in which ground control points are not available. The result of the verification of the program in reference with well defined check points indicates that although an absolute error is large the standard deviation of the error is within 1 pixel for the multispectral mode data and within 2 pixels in case of the panchromatic mode data.
    The ground control points and check points utilized in the studies are those on the assumed standard height and are derived from the standard map published by Geographical Survey Institute of Japan, the satellite positions and the information of the geoid.
  • 新井 康平, 藤本 信義
    1988 年 8 巻 4 号 p. 371-380
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    A method for Ground Contral Point, GCP acquisi-tion using simulated SAR image, derived from Digital Terrain Model, DTM, is proposed.
    The Japanese Earth Resources Satellite-1, JERS-1, will be launched in 1992. Before that it would be better to prepare GCPs for assessment of geometric accuracy of SAR imagery data.
    In order to acquire GCPs without real SAR imagery data, simulated SAR images were generated from DTM. In this study, simulated image is derived from elevation data only, under an assumption of a simple scattering model without consideration of complex dielectric constant of the targets of interest.
    The performance of the acquired GCPs was evaluated by using several measures with texture features of GCP chip images.
    This paper describes the details about proposed method for acquisition of GCPs and simulated results on relationship between texture features and GCP matching success rate corresponding to the crosscorrelation between reference and distorted GCP chip images.
  • 丹波 澄雄, 相馬 孝志, 吉田 功, 横山 隆三
    1988 年 8 巻 4 号 p. 381-392
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/12/11
    ジャーナル フリー
    陸奥湾海況自動観測ブイシステムによる実測水温データを用いて,AVHRR水温から推定される海表面温度の精度を調べた。Ch.4及びCh.5の輝度温度の二重回帰式では,標準誤差は0.5℃程度で推定できた。2つのスペクトルバンドを用いることによって,大気効果にともなう誤差は効果的に補正できたが,大気一海面の相互作用による誤差は補正できなかった。現在さらにデータ数を増した場合やCh.5のバンドを有していない偶数号(6,8,10号)のNOAAデータの解析も進行中であり,これらの結果を総括してAVHRRから得られる水温情報の精度の総合評価をおこなう予定である。また大気一海面の相互作用と熱放射との因果関係の解明や測定原理の異なる水温情報の利用及び判読についても,今後の研究に待つところが大きい。
    本研究に用いたAVHRR画像データは東京大学生産技術研究所より,陸奥湾海況自動観測ブイデータは青森県水産増殖センターより,気象観測記録は青森地方気象台から提供された。ここに各位に対し深謝するものである。なお本研究は文部省科学研究費特定研究(1)「宇宙からのリモートセンシングデータの高次利用に関する研究」(昭和60~62年度)によりおこなわれたものである。
  • 畚野 信義, 新井 康平
    1988 年 8 巻 4 号 p. 393-402
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 1988 年 8 巻 4 号 p. 403-404
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 夏期講習実行委員会
    1988 年 8 巻 4 号 p. 413-419
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 田中 総太郎, 杉村 俊郎
    1988 年 8 巻 4 号 p. 421-425
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    REMOTE-10は,パーソナルコンピュータを使いマルチスペクトルデータ解析を行うために開発された基本ソフトウエアシステムである。このシステムは,日本リモートセソシング学会が開催した1987年度と88年度の「パーソナルコンピュータによるリモートセンシングデータ解析講習会」に使われ,参加者の好評を得た。本システムは,パソコンを基本としながらも,処理速度が速く,使い易い点を評価されたようである。
    プログラムの詳細は,近く本学会から発行される予定の出版物に発表されると同時に,システムとしてフロッピーディスクに収納して供給される予定である。
    ここでは,REMOTE-10の概要を示し本システムを使えば,どのような解析ができるかを応用事例によって紹介する。
  • 1988 年 8 巻 4 号 p. 436-454
    発行日: 1988/12/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top