日本リモートセンシング学会誌
Online ISSN : 1883-1184
Print ISSN : 0289-7911
ISSN-L : 0289-7911
17 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • アグス スハリャント, 出口 近士, 杉尾 哲, 國武 昌人
    1997 年 17 巻 1 号 p. 6-21
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    最短距離法や最尤法などの分光特性に基づく土地被覆分類では,分類項目間の分光特性が類似することに起因して誤分類が生じる。一方,JERS-1の合成開口レーダー(SAR)画像からは地表面の粗密度に関する情報を把握できる。本論文ではこの粗密度情報を利用して,SPOT-HRV画像の土地被覆分類において高密度市街地と空地の項目間で生じる誤分類を修正する方法を提案している。
    修正対象画素はHRV画像で高密度市街地に分類された画素とした。これらの画素の位置をUTM座標変換によりSAR画像の画素位置に対応づけた。SAR画像におけるこの画素位置の周囲±3画素の範囲をSAR周辺画素とし,HRV画像での誤分類の判定指標である市街化率を計算する領域とした。
    SAR周辺画素の各CCT値を対数変換し,この値がいき値とした59以上であれば市街化していると判断し,この値未満であれば空地や森林などの自然物と判断した。ついで,この市街地と判断された画素数のSAR周辺画素に占める割合を市街化率とし,この指標に基づいてHRV画像の誤分類を判定した。すなわち,このSAR周辺画素の市街化率が0.05以下である場合,HRV画像で高密度市街地に分類された画素は誤分類が生じた可能性が高いと判定して,これを空地に修正した。
    空中写真からの目視判断結果を参照データとして修正前後のHRV画像の土地被覆分類を比較した結果,空地の分類的中率は最短距離法で66.9%から92.1%に,最尤法で74.5%から946%に改善された。また,高密度市街地に誤分類された空地の約80%が修正できたことなど,提案手法の有用性を確認している。
  • 沖 一雄, 安岡 善文
    1997 年 17 巻 1 号 p. 22-35
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    Land cover changes around lake basin have caused aquatic environmental degradation such as eutrophication or water pollution. In particular, increase of nitrogen and phosphorus components to the lake due to land cover changes of surrounding areas has been serious. Estimating influent loads from lake basin to the lake through rivers is very important in the management of lake environment. In this paper, the relation between total amount of nitrogen to the lake and land cover distribution was investigated with remote sensing. Lake Kasumigaura was selected as a test site for the case study.
    LANDSAT MSS data from 1979, 1984 and 1990 were analyzed to produce land cover distribution map of the area. Land cover categories include urban area, paddy field, forest area and field. Lake basin areas were delineated with DEM for individual rivers to the lake. And the relation between total nitrogen of rivers and land cover distribution at the lake basin was analyzed. As a result, it was found that urban area and field in the land cover categories gave influence to the eutrophication of Lake Kasumigaura. Furthermore, in order to evaluate total annual pollution load (total nitrogen) to Lake Kasumigaura,
    (1) basic unit of total nitrogen load for each land cover categoris
    (2) influent annual total nitrogen to the lake were estimated from land cover change patterns from MSS data and from the total nitorgen concentration measured at each rivers to the lake.
  • 土田 聡, 山口 靖, 浦井 稔, 佐藤 功
    1997 年 17 巻 1 号 p. 36-53
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    Importance of in-flight radiometric calibration of satellite sensors has been increased. A snow field is a candidate as a ground target for vicarious calibration and cross calibration in the visible to near-infrared region because of its high reflectance and spatial uniformity. This study focuses on the advantages and disadvantages of a snow field for in-flight calibration in order to show the validity of a snow field as a ground target. The reflectance data was obtained at the Sarobetsu and the Konsen Plateau areas in Hokkaido, Japan.The snow reflectance was changeable in terms of temporal stability due to a variety of snow grain size, water content and impurities. However, the reflectance of the snow field was nearly flat spectrally in the 400-900 nm region and very uniform spatially. For the some properties of the snow field, the percent uncertainties and the sources of uncertainty or errors for the calibration are estimated. As a result, the snow fields can be selected as a good ground target for vicarious calibration using simultaneous in-situ measurements with data acquisition by satellite sensors and for cross calibration between sensors on the same platform.
  • 山形 与志樹, 杉田 幹夫, 安岡 善文
    1997 年 17 巻 1 号 p. 54-64
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    In the present study, we propose a new index called a Vegetation-Soil-Water (VSW) index to monitor land cover conditions. The VSW index is defined as a natural extension of PVI for monitoring not only vegetationconditions but also soil and water conditions as well. VSW index is defined using a triangle on a NIR-Red scatter plot. The PVI measures only vegetation parameters, whereas the VSW index monitors vegetation, soil and water parameters simultaneously by measuring the distances in the scatter plot. Landsat Thematic Mapper (TM) scenes were used for the analyses. Wetland plants in Kushiro Mire were in the beginning of their growing season in June, and in their maximum growth stage in August. All the vegetation was dead in October. These scenes show how the vegetation changes seasonally and year by year for 5 years. We determined the end member spectral points for vegetation, soil and water (VSW) with an algorithm to fit a triangle to the spectral distribution. This automatic end member determination also standardizes the spectral responses of scenes. Scatter plots of the TM scenes on NIR-red axes were overlaid with the determined VSW end member points. The VSW index was used to monitor land cover change in the Kushiro wetland with Landsat TM images to evaluate the effectiveness of our approach for wetland monitoring. Changes in the vegetative components of the Kushiro wetland, both seasonally and over the full 5 year period we examined, could be easily resolved from these color composite images.
  • 大崎 祐次, 古津 年章
    1997 年 17 巻 1 号 p. 65-69
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    TRMM(Tropical Rainfall Measuring Mission)は,地球規模の降雨強度分布を観測するために開発された降雨レーダを搭載する日米共同の衛星計画である。TRMMは衛星に降雨レーダを搭載するはじめての計画である。しかし,電源,アンテナサイズ,送信電力等のハードウェアの制限および降雨レーダと降雨間の遠距離化のために,低SNR(signal-to-noise ratio)下での運用が強いられることが予想される。したがって,降雨からの信号が微弱な場合,受信機のダイナミックンンジから外れる領域で信号が検出される可能性がある。この時,受信機の入出力特性の線形性を仮定すると,検出された信号にはバイアス誤差が生じる。この誤差を減少されるために,ソフトウェアによりレーレーフェージングする信号に対する受信機の入出力特性の非線形性の補正を行ったところ,ダイナミックレンジを下側の領域に20dB拡大することができた.
  • 向井 幸男, 増田 悦久, 灘井 章嗣, 久木 幸治, 佐藤 健治, 岡本 謙一, 島田 政信, 早川 清二郎, 斉藤 和也, 沼田 洋一, ...
    1997 年 17 巻 1 号 p. 70-82
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
  • 輿石 肇
    1997 年 17 巻 1 号 p. 83-89
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
    前回では画像型放射計の空間分解能を考えるときの基本的な概念である点像分布関数(PSF),あるいは線像分布関数(LSP)および,そのフーリエ変換である変調伝達関数(MTF)について説明した。今回はMTFの意味に関する補足説明と,アレイセンサに特有のサンプリング効果(エリアス:Alias)について説明する。そして前回説明した大気効果,CCDの素子間クロストーク等で空間分解能がどの様に劣化するか,更にプラットフォームの運動は空間分解能にどの様に影響するか,をシミュレーションによって説明する。
  • 吉村 晴佳
    1997 年 17 巻 1 号 p. 93
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
  • 石山 隆, 五十嵐 保, 西尾 文彦, 稲村 實
    1997 年 17 巻 1 号 p. 95-98
    発行日: 1997/03/30
    公開日: 2009/05/29
    ジャーナル フリー
feedback
Top