日本リモートセンシング学会誌
Online ISSN : 1883-1184
Print ISSN : 0289-7911
ISSN-L : 0289-7911
23 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 櫻井 俊輔, 牛尾 知雄, 岡本 謙一
    2003 年 23 巻 1 号 p. 3-10
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    本研究では,1998年3月から2000年2月までのOTD及びLISのデータを用いて,経度5°×緯度5°ごとの雷放電数と観測時間を3ケ月間ごとに積算し,雷放電数を観測時間で除算することによって全球雷放電頻度分布を作成した.緯度±35°内の熱帯・中緯度地域はLISから雷放電頻度を評価し,緯度±35°以上の高緯度地域についてはOTDから推測した。
    その結果,経度5゜×緯度5゜ごとの雷放電頻度を積算することによって,全地球上で47.9 flashes/secondという平均頻度が得られた.またLISとOTDの同時間・同地域のデータからLISとOTDの関係を調べた.1998年と1999年の2年間にわたる季節ごとのFlash Rateの結果から,LISはOTDよりも検知効率が高く,OTDより平均約1.5倍の雷を検知し,平均でLISとOTDの雷放電頻度の関係式は「LIS=OTD×1.53」と評価できた.これにより,LISに対するOTDの検知効率は平均で66%とわかった.また,LISとOTDの相関係数より2つの観測装置には強い相関があることがわかり,OTDのデータを用いてLISの検知効率に相当する地球全体の雷分布を予測することができた.北半球の夏季には高緯度の寄与が大きく,最大で地球全体の約29%の雷放電が高緯度地域で予測された.
  • 新井 康平, 梁 興明
    2003 年 23 巻 1 号 p. 11-20
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    An estimation method for refractive index and size distribution of aerosol using direct and diffuse solar irradiance as well as aureole by means of a modified simulated annealing is proposed. The proposed method is based on simulated annealing modified to acceralate a learning process by using a gradually decreasing oscillation function of temperature of annealing. By using Gauss Seidel model, simulation data of direct and diffuse solar irradiance are generated together with estimated aureole by means of empirical method with experimental data. A comparison between the existing method proposed by P. Romanov et. al. based on linearized inversion method and the proposed method is made. The results show double and tripple improvement of the estimation accuracy for both of aerosol size distribution and refractive index.
  • 牧 雅康, 田村 正行
    2003 年 23 巻 1 号 p. 21-30
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    本論文では,まず,火災前後の2時期のLandsat/TMデータを用いて,焼失域の特定に有効な波長帯について調べた。これにより,焼失域の特定には,近赤外域と短波長赤外域の波長帯が有効であるという結果が得られた。この結果から,既存の研究において火災後の回復過程の評価に用いられていた指標が,焼失域の特定においても有効であると考え,この指標をBAIと定義した。このBAIを用いた場合は,標高毎の大気の影響の差が小さいという結果が得られた。
    BAIとNDVIとを被災程度別に比較し,BAIを用いることの有効性について検証した。BAIを用いた場合には,全ての被災程度間(激害・中害・無書)のBAI値に有意差があったのに対して,NDVIを用いた場合には,無害と中害の問に有意な差は無かった、,最後に,BAIを用いた焼失域マッピングと被災程度の分類を行った。その結果,現地踏査によって作成された焼失域図と比較すると若干の違いは確認されたが,NDVIを用いて特定した焼失域と比較すると,特定可能な面積は大きく向上しだ,被災程度の分類についても,検証エリア内では,高精度の分類を行うことができた。
    このように,既存の研究で火災後の回復過程の評価に用いられていた指標が,焼失域把握にも有効であることが示された。
    今後の課題としては,本論文で提案した手法の他地域での適用を検討することと,BAIと被災程度との関係をより明確にし,詳細な被災程度分類を行うことが挙げられる。
  • Shanker Man SHRESTHA, Takashi MIWA, Ikuo ARAI
    2003 年 23 巻 1 号 p. 31-43
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Significantly improving the resolution of Ground Penetrating Radar (GPR), is a challenging issue. Such resolution enhancement is necessary for clear imaging of closely buried targets. GPR technology has proved to be very successful in the investigation and detection of buried objects. This paper examines the possibility of applying the super resolution technique MUSIC (Multiple Signal Classification) algorithm in SFCW (Stepped Frequency Continuous Wave) GPR due to its superior performance. Additionally, the conventional FFT (Fast Fourier Transform) has been utilized for a highly precise receiving signal level. The Combined Processing Method (CPM) of time domain response of MUSIC and IFFT (Inverse FFT) has been proposed for the first time to get high resolution and high precision receiving signal level. Results of simulations and experiments show that the proposed method achieves both higher resolution, and a highly precise receiving signal level.
  • 米澤 千夏, 冨山 信弘, 水越 博子, 政春 尋志
    2003 年 23 巻 1 号 p. 44-49
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Spaceborne SAR images are combined with vector-based geospatial datasets published by Geographical Survey Institute (GSI) of Japan to discuss their applicability to disaster monitoring. RADARSAT fine mode image taken over Kobe city and JERS-1 SAR image taken over Mt. Iwate with Morioka city have been examined. City-block segments in digital map 2500 (spatial data framework) helps interpretation of RADARSAT fine mode image on urban area. It is difficult to distinguish roads and blocks on urban area of JERS-1 SAR image. SAR image can be used as a shaded map for disaster assessment in mountainous area. Integrating with GIS datasets would increase applicability of SAR imagery.
  • 平田 更一
    2003 年 23 巻 1 号 p. 50-53
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 2003 年 23 巻 1 号 p. 63-64
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 2003 年 23 巻 1 号 p. 69-74
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 新井 康平
    2003 年 23 巻 1 号 p. 81
    発行日: 2003/04/05
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top