日本リモートセンシング学会誌
Online ISSN : 1883-1184
Print ISSN : 0289-7911
ISSN-L : 0289-7911
3 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 木村 宏, 坪井 晃, 飯嶋 哲二, 小平 信彦
    1983 年 3 巻 2 号 p. 5-12_1
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    This paper attempts to extract urban anisotropic features from two Seasat-1 SAR images with different look directions. Study areas are located in Los Angeles and neighbors of South California, U.S. The sets of data from ascending and descending orbits are used.
    A city street pattern and other linear feature oriented perpendicular to the radar beam yield very strong radar returns. Therefore, areas which have the oriented feature have different tones on the images obtained during the two orbits. In order to investigate this influence on SAR images, cluster analysis is applied and eight clusters obtained are identified by the aid of city maps and aerial photographs. One cluster includes airports, parks, and golf courses. These areas have no oriented feature. The other clusters correspond to the city street pattern which has the oriented feature. The street pattern oriented within approximately 10°from normal to the look direction is associated with a distinct cluster. The other street pattern oriented above 10°relates to more than one cluster under the influence of urban density.
  • 岸野 元彰, 杉原 滋彦, 岡見 登
    1983 年 3 巻 2 号 p. 13-20
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    遠隔計測した海の色のスペクトルから,海水中の物質量を推定するためには,以前に得られた海の色のスペクトルと海中物質の量との相関関係をそのまま適用して推定する方法と,海面下の光学過程を模式化して計算で求めた海の色を,実測値と対比する事により推定する方法がある。しかし海の色のスペクトルは,受光部と海面間に存在する大気とその中に含まれている物質との影響を受け,海面直上での海の色のスペクトルとは異ったスペクトルに歪められてしまう。更に海面による太陽反射光を含まない様に海の色のスペクトルを測定したとしても,海面による天空の反射光を除いて測定する事は殆んど不可能である。これら二つの効果が,遠隔計測した海の色のスペクトルから,海中物質の定量化を試みる上記二つのいずれの方法にも雑音として作用する。
    遠隔探査の研究において,大気や海面反射光の影響を考慮する事は必要であるが,その前に海面反射光や大気の影響を受けない海面直上の海の色と海中物質の量との関係をまず明らかにしておく事が肝要である。この観点から,大気の影響を受けず且つ海面反射光を含まない海面直下の天底輝度と,海面上に入射する照度を同時に測定出来る簡単な装置を試作した。
    この装置では,可視域の7波長における天底輝度と,可視域と近赤外域の9波長における入射照度を通常64回走査し,平均値を記録紙上に打ち出す。全所要時間は約15秒である。装置の水上部はブイに固定したジンバルに取り付け,常に天頂―天底方向に向くようにした。上半分が入射照度,下半分が天底輝度を測定する様になっている。この装置の予備実験を1981年3月に,相模湾平塚沖で行った。
  • 川田 剛之, 川端 一弘, 日下 迢, 上野 季夫
    1983 年 3 巻 2 号 p. 21-34
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Multispectral data of the Earth-Atmosphere system obtained from the space-and air-borne sensors provide us with valuable information on environmental situations. However, the apparent radiance distribution at the top differs from its intrinsic distribution of the ground reflectance (the ground albedo), because of the presence of the intervening atmosphere between the sensor and the ground.
    Such atmospheric effects are caused by the scattering and absorption processes of sunlight by the corresponding constituent particles. The theoretical evaluation of the atmospheric effects on remotely sensed data requires the determination of atmospheric transmittance by various atmospheric particles.
    We find the results computed from a software program called LOWTRAN 5 are quite useful for such a purpose. It can be said that the LOWTRAN 5 is very important to those having an interest in correcting the remotely sensed data for the atmospheric effects.
    An aim of the present paper is firstly to give an introduction of the content of the LOWTRAN 5 and secondly to discuss its scope and usefulness, with respect to its application to the LANDSAT MSS data. The LOWTRAN 5 is a software program which calculates the atmospheric transmittance and radiance averaged over 20cm-1 intervals in step of 5cm-1 from 350 to 40, 000cm-1 (0.25 to 28.5μm) and it has been developed at Air Force Geophysics Laboratory in U.S.A.
  • 新井 康平
    1983 年 3 巻 2 号 p. 35-46
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 豊田 弘道, 田中 總太郎, 杉村 俊郎
    1983 年 3 巻 2 号 p. 47-50
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 1983 年 3 巻 2 号 p. 51-60
    発行日: 1983/07/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top