日本リモートセンシング学会誌
Online ISSN : 1883-1184
Print ISSN : 0289-7911
ISSN-L : 0289-7911
20 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
  • Amod Sagar DHAKAL, Takaaki AMADA, Masamu ANIYA
    2000 年 20 巻 2 号 p. 113-126
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    空中写真とGISによる崩壊の危険性の判定・危険度図の作成とその評価を,ネパール中央部のクレカニ川流域(124km2)を対象として行った。崩壊分布図は空中写真判読と現地調査をもとに作成した。崩壊地の要因解析にあたっては,斜面傾斜,斜面方位,標高,谷次数,尾根からの距離,谷からの距離,地質,土地利用状況の要素を計測して多変量統計手法を使用した。また,GISを用いて,ランダムサンプリングで選んだ崩壊地と3組の不規則層別非系統的サンプリングで選んだ非崩壊地のデータサンプルの組み合わせが,崩壊の主要な要因やクラスとその解析結果を使って作成されたハザードマップにどのような影響を与えるかを調べた。ハザードマップは,危険性の程度に従い,高・中・低・最低の4ランクに分類して示した。崩壊には地質が一番影響していることが判明した。そのほか標高,土地利用と方位の影響があることが分かった。崩壊地と3組の非崩壊地のデータサンプルの組み合わせの解析結果は崩壊の主要な要因やクラスに大きな差がないことを示した。このことは規則層別非系統的サンプリング方法が非崩壊地のサンプリング方法としては適切であったことを示唆している。したがって3つのハザードマップの精度は斜面災害防災・流域管理計画に実用的に使えると考えられる。
  • 小川 進, 牧野 育代, 冨久 尾歩, 斎藤 元也
    2000 年 20 巻 2 号 p. 127-136
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    NDVI from satellite data offers various kinds of physical values related with plants. Landsat TM has high resolution and gives the seasonal change of NDVI for each land cover. Then, we proposed seasonal change models for NDVI using a logistic curve. NDVI for each land cover except water surface fitted very well with logistic curves for less than 300 Julian day. We modified the logistic curve adding a negative-slope line. This modified logistic curve expresses periodic change and gave good fit with NDVI. On the other hand, leaf area, leaf length, dry weight, and spectrum reflectance were measured for paddy pots in greenhouse cultivation. These results led to a series of relationship among these parameters. Finally, the relationship between NDVI and leaf area index was obtained. Using these regression curves for NDVI, the temporal and spatial distributions of LAI of paddy fields in the watershed could be estimated.
  • 外岡 秀行
    2000 年 20 巻 2 号 p. 137-148
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    本論文で提案した水蒸気依存係数を持つMC/WVD法及びEMC/WVD法は,従来のMC法及びEMC法の精度を改善する効果が見られた。例えば,海洋観測を想定した条件では,AVHRR及びASTERの各MC法のRMSEが0.78及び0.90K(NE△Tも考慮)であるのに対し,各MC/WVD法のRMSEは0.59及び0.68Kと0.2K程度の精度改善効果があった。とりわけEMC/WVD法については,放射率の不確定性に対するロバスト性が大きく向上し,海洋観測に加えて陸域観測への利用が可能である。例えば,AVHRRのCh.4やASTERのCh.12に対するEMC/WVD法は,地表被覆を問わず1Kより高精度なRMSEでTgiを推定可能である。なお,これらは全球解析データの利用を考慮して総水蒸気量の精度を1g/cm2とした場合の結果であり,サウンダの同期観測データ等,より高精度なプロダクトを常に利用できる場合は更に精度が上がる。特にASTERについては,MODISの水蒸気量プロダクトの品質が保証されれば,これを利用できるものと期待される。
    誤差特性の解析結果からは,これらの手法において,放射率と共にδLSTが重要な誤差因子であることが示された。δLSTによる誤差の影響を取り除く1つの方法は,Wanら(1996)が提案したδLSTのサブレンジごとに最適な係数を与える方法であるが6),この場合,係数を決める際に地表気温プロダクトが新たに必要となる。
    なお,ASTERは,AVHRRよりNE△Tが大きく,各チャネルは大気透過性が比較的高い波長帯に位置し,Ch.11~12はオゾンの吸収効果を受けるなど,MC法を適用する上での短所を多く持つにも関わらず,ASTERに対する各手法の精度はAVHRRのものと同等もしくはそれ以上であった。このことはマルチチャネル化の有効性を示していると思われ,チャネル配置を最適化できれば,更に高い精度が得られるものと思われる。
  • 仲江川 敏之, 瀬戸 心太, Shakil Ahmad ROMSHOO, 小池 雅洋, 弘中 貞之, 沖 大幹, 虫明 功臣
    2000 年 20 巻 2 号 p. 149-162
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Quantitative evaluation of the surface roughness is a key to detect the surface soil moisture from the active microwave remote sensing. This study develops a new inversion algorithm of the surface roughness from a viewpoint of the hydrological application. Field experiments were conducted using C-band scatterometer system mounted on a car and the backscatter from the bare soil surface was observed with multiple angles at the same time. Measured surface roughness parameters vary and are very difficult to determine the representative roughness parameters even in a single field. The inversely obtained ones with the assumption that the soil moisture is known, does not agree with the measured ones, but the dependency of the backscattering coefficients computed from the theoretical model with the inversely obtained parameters, on both the incident angle and the soil moisture, shows good agreement with the observed ones. The result can be explained theoretically and terminology "surface roughness factor" is proposed to evaluate the surface roughnesses quantitatively.
  • 増田 一彦, 山崎 明宏, 佐々木 政幸, 石田 廣史, 高島 勉
    2000 年 20 巻 2 号 p. 163-169
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Direct solar radiation measurements were carried out on board in the Osaka Bay, on March 18, 1997, and at Sand Dune Agriculture Experiment Station, Ishikawa, on April 26, 1997. Based on those data, aerosol optical thickness at 550nm (τa550) and Angstrom exponent (α) were estimated. They were also retrieved from the degree of polarization at wavelengths of 443, 670, and 865 nm measured quasi-simultaneously by the POLDER sensor onboard the ADEOS satellite. The τa550 values retrieved from the degree of polarization were compared with those from the direct solar radiation measurements. The difference was about 0.03. The α values estimated from the degree of polarization were smaller than those from the direct solar radiation by 0.5 in typical cases.
  • 新井 康平, 寺山 康教
    2000 年 20 巻 2 号 p. 170-178
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    A method for cross calibration of different sensors onboard same satellites is proposed. BRDF of the standard plaque for the reference of the surface BRDF measurement is measured and corrected in the proposed cross calibration. Furthermore, difference of the spectral responses of the sensors as well as differnt Instantaneous Field of View: IFOV are taken into acount in the cross calibration. As the results from the experiment with ADEOS/AVNIR and OCTS, it is found that the proposed method shows a good cross calibration between both and works for evaluation of NEdR or Signal to Noise ratio: S/N. Through a comparison of the evaluated S/N with the previously reported S/N from NASDA, it is also found that the proposed method is appropriate for the S/N validation.
  • 高島 勉, 増田 一彦
    2000 年 20 巻 2 号 p. 179-189
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
    Radiative transfer of the atmosphere-ocean system in the visible and near infrared region of spectrum is outlined. Ocean surface model and single scattering model are discussed in this chapter.
  • 2000 年 20 巻 2 号 p. 190-191
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 20 巻 2 号 p. 195
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • 2000 年 20 巻 2 号 p. 212-213
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top