土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
ISSN-L : 2185-467X
71 巻 , 2 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
和文論文
  • 内田 龍彦, 福岡 捷二
    2015 年 71 巻 2 号 p. 43-62
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/05/20
    ジャーナル フリー
     異なる時空間スケールの現象が相互作用する洪水流を解析するため,著者らは河床近傍の極薄い層(抵抗則領域)より上の流れ(主計算領域)について,平面二次元解析法の枠組みで流速と圧力の鉛直分布を計算できる一般底面流速解析法(BVC法)を開発してきた.本研究では,構造物周辺の三次元流れや河床近傍流速を解析するため,抵抗則領域を渦層と粗度層に分け,運動方程式と連続式に基づく非平衡粗面抵抗則を導出し,抵抗則領域の非平衡性と主計算領域との流れの交換を考慮したBVC-DWL法を開発した.次に,BVC-DWL法がどのような流れ場で重要となるかやその適用範囲を粗度スケールと浅水パラメータを用い,運動方程式から明らかにするとともに,構造物周辺の局所流や底面近傍流速に対してBVC-DWL法を適用し,有効性を示した.
  • 田中 智大, 立川 康人, 椎葉 充晴, 萬 和明
    2015 年 71 巻 2 号 p. 63-71
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/06/20
    ジャーナル フリー
     降雨の時間的・空間的分布を考慮して年最大洪水ピーク流量の確率分布を推定する手法に総合確率法がある.本論文では,ある継続時間内の総降雨量と降雨の時間分布の関連を分析し,降雨継続時間に応じた総降雨量の条件付き確率分布関数を用いることで総合確率法の改良を試みた.改良した総合確率法を由良川流域の綾部地点に適用し,改良した総合確率法によって推定した年最大洪水ピーク流量の確率分布が流量データから得られる確率分布とよく一致することを確認した.
feedback
Top