スポーツパフォーマンス研究
Online ISSN : 2187-1787
最新号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
  • 福村 僚, 甲斐 智大, 塩川 勝行, 高井 洋平
    2022 年 14 巻 p. 145-157
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/07/06
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究は,サッカーの攻撃方向を伴うボールポゼッショントレーニングにおける集団変数とテクニカルプレーに対する競技水準の影響を明らかにすることを目的とした.22 名の大学男子サッカー選手を,レギュラー群(N = 11)および非レギュラー群(N = 11)に分けて,同一のオーガナイズで攻撃方向を伴うボールポゼッションを行わせた.ポゼッションのオーガナイズは,縦12m 横24m のコート内で4 対4 を行い,両端の短辺に2 人,コート内に1 人のフリーマンを配置した.テクニカルプレー(コントロールミス,パス本数,パッキングレート)は,記述分析で定量した.選手の位置は,ローカルポジショニングシステムによって記録された.選手の位置から攻撃および守備チームの面積を算出した.パッキングレートは,レギュラー群のほうが非レギュラー群よりも高かった.パス本数は,レギュラー群のほうが非レギュラー群よりも多い傾向であった.競技水準に関わらず,攻撃時の面積は守備時の面積よりも広かった.攻撃時の面積は,非レギュラー群よりもレギュラー群のほうが大きく,守備時の面積は,レギュラー群のほうが非レギュラー群よりも小さかった.本研究の結果は,攻撃方向を伴うボールポゼッションを同一のオーガナイズで実施した場合,レギュラー群のほうが非レギュラー群よりもパッキングレートが高く,それは攻撃時にボールを受けるための位置による違いである可能性が示唆された.
  • 種目間の違いに着目して
    梶山 俊仁, 小林 勇気, 相馬 雅樹, 林 卓史, 禿 隆一, 新井 祐子, 井上 裕二, 大塚 道太, 古田 久, 黒川 隆志
    2022 年 14 巻 p. 137-144
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/07/06
    ジャーナル オープンアクセス
    フェンシングのエペとサーブルを専門種目とする男子大学選手各9 名を対象とし,アジリティー能力と下肢パワー発揮能力改善ための体力トレーニングと実戦練習トレーニングを考案し,8 週間のトレーニング効果を検討した.トレーニング前値でみると,エドグレンサイドステップにおいてサーブル(32.4 回)はエペ(27.2 回)より有意に高く(P<.05).両足を揃えた連続5 回跳びにおいてもサーブル(13.63m)はエペ(12.43 m)より有意に高かった(P<.05).トレーニング前後の比較では,エドグレンサイドステップにおいてサーブルの後値(35.7 回)は前値(32.4 回)より有意に高く(P<.01).両足を揃えた連続5 回跳びにおいてもサーブルの後値(14.01 m)は前値(13.63 m)より有意に高かった(P<.01).エペではトレーニング前後値に有意差が認められなかった.以上, サーブルのみに効果の高い実戦練習により両能力にトレーニング効果が発現した.
  • 新井 彩
    2022 年 14 巻 p. 128-136
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/07/06
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では,特定の競技を長期間行っている複数競技選手を対象に,律動的な運動を行わせたときの各動作周波数の特徴から,長期間に渡る競技経験がもたらす動作特性を検討し,特定競技継続者の特徴から,体力の値の評価や意味を再考できる基礎的知見を得ることを目的とした.長期間特定の競技を継続してきた女子学生アスリート(6 競技,45 名)および特定の競技スポーツに取り組んだ経験のない女子大学生8 名を対象とし,4 種類の律動的な運動を,対象者個人の自然なリズムで行わせた.日常生活動作である歩行には,競技動作で培われた敏捷性が速く歩く傾向を生む可能性や,競泳の動作周波数の特徴が歩行速度を遅くする可能性を示した.また,すべての運動について,競泳選手が特徴的に低い動作周波数を示すことが明らかとなり,長期的な競技的トレーニングがもたらす動作の特徴に対する理解の必要性が示された
  • 暑熱対策の有効性に着目して
    吉塚 一典, 松本 直子, 田川 武弘
    2022 年 14 巻 p. 118-127
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/03
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では,長距離走の暑熱対策として開発した新帽子の効果を検証することを目的に,4種類の帽子( 新帽子,ツバ通気帽子,メッシュ帽子,ノーマル帽子) の比較実験を行った.屋外走行時の帽子内環境を模擬するテストでは,帽子内温度の上昇が最も顕著であったメッシュ帽子の31.3℃に対し,新帽子は28.4℃と最も上昇が抑えられた.炎天下での屋外長距離走テスト(10000m 走,被験者8 名) においても,他3 帽子では被験者の鼓膜温が走行後に有意に上昇したのに対し,新帽子では有意な上昇がみられず,RPE も有意に低かった.また実走テスト時の被験者の主観的評価を見ても,新帽子は他に比べて熱のこもり感が少なく,頭部の涼しさに優れていた.さらに2019 年9 月のMGC レースにおいて新帽子を着用した選手達からも,通気性があり頭が涼しい,ムレが軽減されるという評価を得た.これらのことから,新帽子がランニング時の暑熱対策として有効であることが示唆された
  • 幸福 恵吾, 藤田 英二, 久保 誠吾, 小濱 剛, 楠 正暢, 竹島 伸生, 中垣内 真樹
    2022 年 14 巻 p. 109-117
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/03
    ジャーナル オープンアクセス
    電子付録
    地域在住高齢女性11名(77.6 ± 7.1 歳)を対象にモトタイルを用いた運動を地域公民館において集団で週2 回,12 週間実施し,バランス能力への効果を検討した.バランス能力の指標には,開眼での20 秒間その場足踏みテスト(マーチテスト)を実施し,2 つの赤外線センサー機器を用いて頭部関節点の総軌跡長(TMD)と最大軌跡長(MMD)並びに膝関節点の軌跡長(KMD)の変化と両脚の歩調(PACE)とその変動係数(CV)を用いた.また,バランス能力に関連するパフォーマンステストのファンクショナルリーチ(FR),30 秒間チェアスタンド(30-CS),アップアンドゴー(TUG)も実施した.この結果,TMD,MMD,PACE 左脚CV およびTUG が運動後に有意に小さく,またFR,30-CS は有意に増加した.これらは,中程度以上の効果量が示された.他の赤外線センサー関連指標に有意な変化は認められなかったが,全体的にマーチテスト時の頭部関節点と膝関節点の揺れ,両脚を上げる際のバラツキが小さくなる傾向がみられた.以上から,モトタイルを用いた運動は,地域に在住する自立した高齢者のバランス能力改善のための運動の一つとして勧められる.
  • 右足踵痛未経験者の踏み込み時に発生する音についての検証
    竹中 健太郎, 永原 隆, 下川 美佳
    2022 年 14 巻 p. 97-108
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/03
    ジャーナル オープンアクセス
    右足踵部痛は,剣道における代表的な傷害の一つである.本研究では,ある一人の競技者が右足踵部痛を踏み込み動作の修正により改善させた回顧的アプローチによる事例報告( 下川ほか,2020) を手掛かりに,大学剣道選手について競技活動における右足踵部痛の傷害経験の有無により対象群を設定し,踏み込みの動作と地面反力,踏み込み時の音の違いについて比較,検討した.その結果,これまでに踵を痛めた経験がない大学剣道選手は,その経験を有する選手に比べ,踏み込みの力が強いにも関わらず,踵を痛めない動作を獲得していた.その特徴として,踏み込み直前に右脚の膝関節がより屈曲し,膝よりも踵が後方に位置していることがわかった.さらに,踵痛未経験者の踏み込み音は高く大きな音であり,下川ほか(2020) の報告を支持する傾向が示されたことから,踏み込みの音は,右足踵部痛の改善に向けたフォーム修正へのアプローチに活用し得る可能性が示された.
  • ヒールストライクを有する大学女子中距離選手の場合
    松村 勲, 川邉 健斗, 金高 宏文
    2022 年 14 巻 p. 82-96
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/05/29
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究は,ランニング動作の修正が思うように上手く導き出せなかった大学女子中距離選手を対象に,空気圧式体重免荷トレッドミルを用いたトレーニングでランニング動作の修正が可能かを,事例的に検討したものである.本研究の対象者である陸上競技女子中距離選手は,ランニング動作の修正を目的に,空気圧式体重免荷トレッドミルを用いて約5 ヶ月間で25 回のトレーニングを実施した.その結果,空気圧式体重免荷トレッドミルを用いたランニング動作修正のトレーニング実施前後で,jog 時の足関節角度の底屈傾向,および接地時間の短縮と滞空時間の増大の変化,地面反力のヒールストライク傾向からフォアフット傾向への波形の変化, 800 mの自己記録の約4 秒更新といった変化が見られた.それらの変化は,おおよそ対象者自身が空気圧式体重免荷トレッドミルを用いたランニング動作修正のトレーニング実施前に,ランニング動作の修正の狙いとしていた内容であった.以上のことから,空気圧式体重免荷トレッドミルを用いることで,効果的にランニング動作を修正させることができる可能性があると考えられる.
  • バディシステムの導入を含む各種取り組みの成果と課題の検討
    松村 優輝, 松下 盛泰, 渡辺 輝也
    2022 年 14 巻 p. 68-81
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/05/29
    ジャーナル オープンアクセス
    保健体育の教職課程では柔道を安全に教えられる指導力の基礎を育む必要があるが,コロナ禍における柔道の専門実技の実施には高い感染リスクが認められる.本研究では,柔道の専門実技における学修成果の保障に向けたバディシステムの導入などの取り組みについて,その成果と課題を検証した.本研究の筆頭著者が柔道の専門実技のTAとして勤務する大学では,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け,2021年度春学期には5月17日よりハイブリッド授業,5月31日よりオンライン授業を基本とすることによる感染防止策がとられたが,専門実技は例外的に対面実施が許可された.柔道の専門実技では,当初,できるだけ早く指導内容を網羅することを試みたが,後に,学修の深まりの不足への懸念から,身体接触を伴う学習活動に際してペアを固定するバディシステムを導入するという方針転換を行い,バディへの感染リスクを押さえるため,日常生活において濃厚接触に該当する接触者数を記録し,接触者数を減らす意識をもたせる指導も取り入れた.事後的検討の結果,バディシステムの導入には,バディに対する責任を自覚することによる受講生の感染防止意識の向上という意義が認められた.
  • バタフライと平泳ぎでのopen turnに着目して
    森 誠護, 永田 聡典, 名頭薗 亮太
    2022 年 14 巻 p. 60-67
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/04/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では,バタフライ及び平泳ぎで用いるopen turnに着目し,ターン動作とジャンプパフォーマンスとの関係性について明らかにすることで,競泳選手の効果的なトレーニング方法の基礎資料を得ることを目的とした.本研究は,バタフライ及び平泳ぎを専門とする大学男子競泳選手8名を対象とし,競泳ターン測定はopen turnにて実施した.被験者の泳区間はターン前後10mとし,全力泳にて泳動作及びターン動作を実施した.被験者のターン動作を評価するため,ターン動作時の回転時間,足部接地時間,蹴り出し速度をそれぞれ計測した.ジャンプパフォーマンス測定では,スクワットジャンプ,垂直跳び,立幅跳びを計測した.この結果,ターン測定とジャンプパフォーマンス測定の変数間での関係性において,ターン時の蹴り出し速度とスクワットジャンプにおけるピークパワー(r=0.857,p<0.01)及びピーク速度(r=0.805,p<0.05)との間に有意な相関関係が認められた.以上の結果から,スクワットジャンプのピークパワー及びピーク速度を高めるためのトレーニングはターン局面のパフォーマンス向上に寄与する可能性があることが明らかとなった.
  • 中島 さち子, 田中 香津生, 清水 克彦, 山田 浩平, 山羽 教文
    2022 年 14 巻 p. 45-59
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/03/25
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究の目的は,小学校「体育」で取り扱うゴール型ボール運動「タグラグビー」の新たな学習指導計画として,プログラミング的思考をとりいれた,STEAM化されたタグラグビーの学習指導計画を開発し,その学習効果を調査することである.まずは,タグラグビーを数理モデル化した碁盤ゲームを開発し,局面での認知・判断要素を抽出したAIシミュレーションツールを開発,スポーツにプログラミング的思考を導入し,多角的に戦術を考えさせる計9時間の学習指導計画を立案した.その後,公立小学校第5学年2クラス計52名を対象に本学習指導計画を実施し,事前事後の児童のライフスキルやパフォーマンスの向上,学習や運動への態度の変化,情意や認知の形成などを調査した.結果,タグ取得数やパス回数の有意な増加 (p<0.01),問題解決力や対人関係力などの有意な向上 (p<0.05) などパフォーマンスやライフスキルの向上が見られた.従って,本学習指導計画は,平成29年公示の小学校学習指導要領 (文部科学省,2018a) にて奨励されているプログラミング的思考を用いた教科等横断的な学習指導計画の一例であり,体育でも学習効果があると示唆された.
  • 吉本 隆哉, 杉田 早登, 竹内 郁策
    2022 年 14 巻 p. 39-44
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/03/25
    ジャーナル オープンアクセス
    電子付録
    本研究では,ハンマー投げを模したスイングトレーニングが,外側腹筋群の形態とスイング速度に与える影響を明らかにすることを目的とした.被検者は,大学硬式野球部に所属する野手17名(年齢19.5 ± 1.5歳,身長169.8 ± 4.0 cm,体重66.9 ± 6.4 kg)とし,トレーニング群8名とコントロール群9名に分けた.スイング速度の測定は,慣性センサユニット,アタッチメントおよびスマートフォンのアプリケーションから構成されるバットスイング解析システムを用いて測定した.加えて,踏み出し脚側の外側腹筋群(外腹斜筋,内腹斜筋および腹横筋)の筋厚を測定した.トレーニングは,5 kgメディシンボールとネットを組み合わせたものを用い,ハンマー投げのトレーニングを模した上肢および体幹を回旋させながら歩行するスイング歩行を実施した.その結果,スイング速度は両群間で有意な交互作用が認められ,トレーニング群のみ有意な増大がみられた.以上のことから,ハンマー投げを模した体幹回旋トレーニングは,野球のバッティングにおけるスイング速度の向上に有効となることが明らかとなった.
  • 細川 史裕, 岩野 華奈
    2022 年 14 巻 p. 27-38
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/03/04
    ジャーナル オープンアクセス
    スポーツ選手は日常的に多くの時間を充て,スキル獲得を目指している.本研究では,競技チアリーディング日本トップ選手における,スキル獲得の要因について明らかにした.調査対象者は,競技チアリーディングの現役日本人女子選手で,所属チームにおいて全国大会での優勝経験を持ち,且つ世界選手権の日本代表に選出され優勝した経験がある7 名とした.1 対1 の半構造化インタビューによって収集されたデータは,質的データ分析手法SCAT を用いて分析された.その結果,15 個の概念を生成し, 最終的には,目標の明確化や動機の内在化といった「認知的方略」,練習の質や量といった「練習の内容」, 基礎スキル練習や専門トレーニングによって獲得された「スキルの転移」,フィードバックや分析から得られる「選手としての学び」によって,スキルを獲得していた.
  • ステップ頻度に着目して
    内藤 景, 堤下 凌, 山元 康平
    2022 年 14 巻 p. 13-26
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/02/05
    ジャーナル オープンアクセス
    電子付録
    本研究の目的は,110mH走を専門とする学生競技者1名を対象に,アプローチ区間の1歩毎のステップ頻度,接地時間,滞空時間に着目して,アプローチ区間タイムの変動に関係する要因を単一事例で検証することであった.110mH走の規格でハードルを3台設置したハードル走を複数回実施し,アプローチ区間における1歩毎のステップ頻度,接地時間,滞空時間の変化を調べ,アプローチ区間に要したタイムと1歩毎のステップ頻度,接地時間,滞空時間との相関関係を分析した.その結果,アプローチ区間タイムと1歩毎のステップ頻度の相関関係は,5歩目のステップ頻度のみ,有意な負の相関関係(r=-0.638,p=0.008)が示された.また,5歩目のステップ頻度と滞空時間との間に有意な負の相関関係(r=-0.718, p=0.002)が示された.さらに,アプローチ区間タイムと踏切側距離との間に有意な負の相関関係(r=-0.607, p=0.013)が示された.以上の結果から,アプローチが8歩で5歩目のステップ頻度が重要であることから,踏切3歩前において,滞空時間を短縮しステップ頻度を高めることが,1台目の踏切位置を遠くすることに関係し,アプローチ区間タイムの短縮に繋がる可能性が示唆された.
  • 中島 大貴, 畔栁 俊太郎, 安藤 優香, 廖 本暠, 山口 瑞生, 桜井 伸二
    2022 年 14 巻 p. 1-12
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/01/28
    ジャーナル オープンアクセス
    野球において,投手が投じる変化球は,“キレ”という言葉を用いて評価されることが多い.しかし,このキレに対して野球選手がどの程度共通した認識を持っているのか,また,それは客観的な指標(速度や変化量などの運動学的特徴)で表すことができるのかは明らかではない.そこで本研究では,①野球投手が投じた変化球に対する評価者のキレの評価の一致度を検証すること,②そのキレの評価と実際に投球された変化球の運動学的特徴との関係を明らかにすることを目的とした.そのために,高校生投手12名,大学生投手20名が投じた各球種の運動学的特徴を調べ,高校生,大学生それぞれ投手と同一チームに所属する複数の捕手(評価者)に各投手の各球種のキレを5段階で評価させた.そして,評価者間のキレの評価の一致度,および,キレの評価とその運動学的特徴との関係を,高校生,大学生それぞれにおいて調べた.その結果,キレという言葉に対する認識が一致している球種と,そうでない球種があることがわかった.また,カーブ,カットボールにおいては,ボールの運動学的特徴でキレを定量化することができたが,スライダーやチェンジアップにおいてはできなかった.
feedback
Top