石油技術協会誌
Online ISSN : 1881-4131
Print ISSN : 0370-9868
検索
OR
閲覧
検索
32 巻 , 2 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 牧野 登喜男, 樋口 雄
    32 巻 (1967) 2 号 p. 49-59
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
    The natural gas resources, probably of disolved-in-water type, exist in the Tertiary Shimajiri Group of Southern Okinawa Islands.
    From the detailed study of surface geology and biostratigraphy, writers have proposed following stratigraphic succession.
    Writers have also studied Shimajiri Group from the economic point of view, and the following facts were recognized.
    1) The thickness of the Shimajiri Group attains to about 2500 meters in this area. Shimajiri Group chiefly consists of massive siltstone, and is open sea deposits with a montonous cycle of sedimentation.
    2) From the investigation of geostructural and biostratigraphical evidence, this area are divided into three blocks: northern, middle, and southern districts. Each block is bordered by the fault, NW-SE in direction. Geological structures of northern and southern districts indicate monoclinal. On the other hand, in middle district complicated several foldings are recognized.
    3) The sedimentary environment of Shimajiri Group indicate a relatively stable bathyal to outer neritic condition, and is most favorable as the mother rock of natural gas, but the very fine sandstone might have been a little permeable as the reservoir rocks.
    抄録全体を表示
  • 淵田 隆門
    32 巻 (1967) 2 号 p. 60-72
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
    The general aspects of the present study are summarized in “Abstract” of the preceding instalment.
    This instalment deals with the explanation of the author's new method of bottom hole pressure build-up analysis and also the discussions on the existing conventional methods, referring to numerical and field examples. (to be continued)
    抄録全体を表示
  • 32 巻 (1967) 2 号 p. 72
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
  • 石塚 英四郎
    32 巻 (1967) 2 号 p. 73-84
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
    ガスリフトとは周知のように,圧縮ガスのエネルギーを利用して, 液体を地下から地上に汲揚げる方法である。これには,液体を連続的に汲揚げる方法と,間けつ的に汲揚げる方法とがあり,汲揚げ液体が少ない場合は,間けつ的に汲揚げるのが普通である。間けつガスリフトにフリーピストンを使用すると,種々の利点があるが,フローバルブとフリーピストンの作動を考慮して適当に組み合せて使用しないと,満足な結果を得ることができないようである。
    本報告は,主に現在使用しているフローバルブとフリーピストンが,どのような条件のときうまく作動するかの実験結果である。それらの結果を基にして,現在のものを現場で最大限に利用することを考え,さらによりよいものを作りたいと思っている。
    フリーピストンを間けつガスリストに使用すると,つぎのような利益が考えられる。
    (1)チューピングの内壁のパラフィンの付着を防止できる。
    (2)汲揚液体の滑り損失が少なくなる。
    (3)油のエマルジョン化が減少する。
    (4)生産量が増加する。
    (5)G.L.R.が減少するからガスの使用量が減る。
    (6)油とガスを坑口で分離できる。
    また欠点としては,
    (1)砂の多い油井に使用するとサンドトラブルが考えられる。
    (2)設備費用がかかる。
    (3)変形の多いチューピングには使用できない。
    抄録全体を表示
  • 真柄 欽次
    32 巻 (1967) 2 号 p. 85-87
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
  • 石和田 靖章
    32 巻 (1967) 2 号 p. 88-92
    公開日: 2008/06/30
    ジャーナル フリー
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top