日本鳥学会誌
検索
OR
閲覧
検索
55 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著論文
  • 山口 恭弘, 吉田 保志子
    55 巻 (2006) 1 号 p. 1-6
    公開日: 2007/07/06
    ジャーナル フリー
    近年, 農作業の省力化のために, 水稲の直播栽培が各地で行われているが, 播種期の鳥害が問題となっている. 入水前の田にモミを播く乾田直播ではキジバトStreptopelia orientalisが播種後に集団でモミを採餌するために, 地域によっては大きな被害を出している. そこで本研究では野外大網室内の実験水田において, 大麦を用いた代替餌場を設置することにより, キジバトの水稲への被害を軽減できるかどうかを実験した. 実験は代替餌設置区と非設置区とを設け, キジバトの導入時期は前期 (播種直後から出芽揃い) と後期 (出芽揃い以降に前期と同じ期間) に分けた, 代替餌の有無と導入時期の組み合わせの2×2の4処理を1セットとし, 2000年5月1日から9月12日にかけて5セット繰り返した. 苗立ち数を処理区とキジバトが入れないようにしたエクスクロージャーとの間で比較したところ, 前期では代替餌設置区で有意差がなく, 代替餌非設置区で有意に少なかった. 一方, 後期の苗立ち数は代替餌のあるなしに関わらず, エクスクロージャーとの間に有意差はなく, 出芽揃い以降には被害が生じないことが示された. これらのことより被害の時期は播種から出芽揃いの時期であること, 代替餌の設置により被害が軽減されることが明らかとなった.
    抄録全体を表示
  • 塚原 直樹, 青山 真人, 杉田 昭栄
    55 巻 (2006) 1 号 p. 7-17
    公開日: 2007/07/06
    ジャーナル フリー
    本研究では, ハシブトガラスC. macrorhynchos におけるソナグラムの性差と雌雄間の発声器官における形態的差異を検討した. ハシブトガラスの鳴き声を記録した後, 深麻酔下において屠殺し, 開腹して, 性腺を観察することにより, 雌雄を確認した. ハシブトガラスの鳴き声を解析装置に取り込み, ソナグラム分析を行った. また, 舌から気管, 肺までの声道における長さや幅を計測した. その結果, オスのフォルマントの周波数はメスより低く, フォルマントの形成の関与が示唆される気管の長さにおいて, オスがメスより有意に長かった. ハシブトガラスのソナグラムにおけるフォルマントの性差は発声器官の性差に由来するものであると考えられた. 一方, ハシブトガラスの鳴き声のソナグラムにおいて, 倍音の周波数に性差はみられず, 倍音を決定すると思われる鳴管内部構造においても, 顕著な性差はみられなかった.
    抄録全体を表示
短報
  • 才木 道雄
    55 巻 (2006) 1 号 p. 18-23
    公開日: 2007/07/06
    ジャーナル フリー
    The breeding habitat of the Black Paradise Flycatcher Terpsiphone atrocaudata was studied in the Kiyosumi mountains, Chiba Prefecture. Five nests were found in the study area in 2004. The song areas in the three sites that were intensively monitored were similar in size (approximately 1.9 ha). All song areas comprised forestry plantations with low tree density, which appeared suitable for the aerial feeding habits of this species. All nest sites were near forest borders and the tree densities beneath and around them were low. The nests were built on vines or dead branches with canopy cover, but branches and leaves below them were scarce. These features of the nest sites probably provide access to the nests for parents and defense against nest predators. Although the Black Paradise Flycatcher is said to inhabit dark forests, my results suggest that it may prefer (at least partially) forests with low tree density as breeding habitats.
    抄録全体を表示
技術報告
観察記録
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top