J-STAGE トップ > 資料トップ

日本口腔インプラント学会誌 Vol. 14(2001) No. 2

原著

岸 祐治, 矢ケ﨑 裕, 倉本 弘樹, 関口 祐司, 植野 晋一郎, 山根 進, 伊藤 充雄

公開日: 2016年04月04日

p.185-188

山城 光明, 田中 譲治, 金田 隆, 星野 和正, 小澤 幸重

公開日: 2016年04月04日

p.189-196

森下 亜矢子, 鈴木 浩樹, 宮下 有恒, 野村 貴生, 堀田 宏巳, 嶋村 一郎, 安達 康, 岸 正孝

公開日: 2016年04月04日

p.197-204

ハイドロキシアパタイト含有キトサンフイルムについて
―引張り強さおよび溶出と浸漬期間の関係―

森厚二

公開日: 2016年04月04日

p.205-217

臨床研究

黒山 巌, 大里 重雄, 大塚 隆, 久保田 良一, 奥寺 元, 岡田 通夫, 西條 且津, 小川 享宏, 植田 章夫, 古本 啓一, 佐藤 甫幸

公開日: 2016年04月04日

p.218-236

北村 亮, 大里 重雄, 藤野 茂, 定永 健男, 相良 俊男, 清藤 太郎, 広野 敬, 星野 清興, 植田 章夫, 古本 啓一, 佐藤 甫幸

公開日: 2016年04月04日

p.237-257

宮坂 伸, 大里 重雄, 後藤 一輔, 大滝 祐吉, 矢島 章秀, 植田 章夫, 古本 啓一, 佐藤 甫幸

公開日: 2016年04月04日

p.258-278

PRPによる自家骨移植についての臨床的検討
―インプラント治療における骨移植への有用性―

澤 裕一郎, 望月 誠

公開日: 2016年04月04日

p.279-286

インプラント補綴症例における咬合の評価
―片側遊離端欠損症例におけるインプラント補綴物と部分床義歯の比較―

中川 晃成, 木村 欣史, 一瀬 暢宏, 松岡 建介, 西村 賢二, 井原 功一郎

公開日: 2016年04月04日

p.287-292

症例報告

植松 厚夫, 松本 公彦, 市島 晴司, 松原 正典, 梨本 正憲, 與 秀利, 伊藤 賢, 中村 正和

公開日: 2016年04月04日

p.293-301

佐久間 盛徳, 長谷川 博, 川嵜 建治

公開日: 2016年04月04日

p.302-306

斉藤 浩二, 田中 悟, 浅井 澄人, 加来 敏男, 石原 得博

公開日: 2016年04月04日

p.307-312

インプラントにおける磁性アタッチメントの応用
―第4報 磁性アタッチメントの使用目的による分類―

田中 譲治, 星野 和正, 鳥居 秀平, 古市 嘉秀, 柏原 毅, 覚本 嘉美, 佐藤 甫幸, 小澤 幸重

公開日: 2016年04月04日

p.313-321

難波 秀和, 内田 吉保, 川本 眞奈美, 福西 優美子, 高田 勝彦, 岡本 克彦, 西村 敏治

公開日: 2016年04月04日

p.322-329

14件の該当記事より1~14件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    8月26日(土) 10:00 ~ 15:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年07月31日
    Yahoo!JAPANのOpenIDサービス終了に伴い、My J-STAGEでは、以下のOpenIDを利用したログイン機能を2017年8月26日をもって終了いたします。
     ・Yahoo!JAPAN IDでログイン
     ・livedoor IDでログイン
     ※以後はMy J-STAGE IDにてログインしてください。
  • 2017年07月31日
    2017年8月下旬に J-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会を開催します(詳細はこちら)
  • 2017年07月03日
    2017年7月2日 8:06頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年7月2日 19:12頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。
  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有