Medical Mycology Journal
検索
OR
閲覧
検索
52 巻 , 3 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
Photo Quiz
教育シリーズ:Superficial mycosis
教育シリーズ:Deep-seated mycosis
教育シリーズ:Basic mycology
原  著
  • Haruhiko Ogawa, Masaki Fujimura, Yasuo Takeuchi, Kouichi Makimura, Kaz ...
    52 巻 (2011) 3 号 p. 205-212
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    [Objective]The aim of the present study was to clarify the influence of sensitization to Bjerkandera adusta(B. adusta)on the clinical manifestation in patients with fungus-associated chronic cough(FACC).[Methods]Seventeen patients with FACC who underwent bronchoprovocation tests using an antigenic solution of B. adusta were selected from among 21 FACC patients. We compared the allergological findings and clinical characteristics of the FACC patients who showed a positive reaction to the bronchoprovocation test(Allergic fungal cough sensitized to B. adusta; AFC-Bj)with the remaining FACC patients(non AFC-Bj)retrospectively.[Results]The eleven patients with AFC-Bj had a median age of 52(range, 22-70)years, and 45.5% were female. The respective values for six patients with non AFC-Bj were 47.5(range, 36-60)years of age, and 33.3% were female. The positive ratios for an immediate cutaneous reaction(45.5%; p<0.05)and the lymphocyte stimulation test(63.6%; p<0.05)to B. adusta were found to be significantly higher in the AFC-Bj group than in the non AFC-Bj group. The total time required for complete remission of cough symptoms was longer(median 20, range 12-43 weeks; p=0.0009), and the recurrence ratio of coughing was more frequent in the AFC-Bj group in comparison to those in non AFC-Bj group(2, range 1-3 times and 0.5, range 0-1 times, respectively).[Conclusions]This study demonstrated that B. adusta, a basidiomycetous is an environmental fungus attracting attention because of its possible role in enhancing the cough severity of FACC patients via the sensitization to this fungus.
    抄録全体を表示
  • 西片 奈保子, 中森 健太郎, 末吉 益雄, 高橋 英雄, 由地 裕之, 佐野 文子
    52 巻 (2011) 3 号 p. 213-221
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
     Clinical and Laboratory Standards Institute(CLSI)法に準じて,Trichophyton verrucosum 9株及びMalassezia pachydermatis 13株に対する17種生薬配合薬抽出物の最小発育阻止濃度(minimum inhibitory concentration:MIC)を微量液体希釈法で測定した.また,構成生薬17種についても同様に抽出物のMICを測定し,主たる抗真菌性生薬を特定した.
     生薬重量に対して10倍量の水で煎出した抽出液を10%抽出液として調製し,これを試験最大濃度として2倍希釈系列で微量液体希釈法にて評価した.その結果,生薬配合薬抽出液の幾何平均MICは,T. verrucosumで2.51%,M. pachydermatisでは2.25%であり,構成生薬17種中ダイオウ(Rhubarb,Rheum palmatum),カンゾウ(Glycyrrhiza,Glycyrrhiza uralensis),コウボク(Magnolia bark,Magnolia obovata),オウバク(Phellodendron bark,Phellodendron amurense),及びゲンノショウコ(Geranium herb,Geranium thunbergii)の5種類に,両菌に対する発育阻止効果が認められた.
    抄録全体を表示
  • Kazushi Anzawa, Masako Kawasaki, Masaki Hironaga, Takashi Mochizuki
    52 巻 (2011) 3 号 p. 223-227
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    Thirty-nine Arthroderma vanbreuseghemii isolates identified by mating behavior were assayed to determine their ribosomal RNA gene internal transcribed spacer(ITS)region genotypes. Twenty-two isolates of mating type(+)and 4 of(-)showed the genotype of Trichophyton mentagrophytes var. interdigitale, 9 isolates of mating type(+)and 4 of(-)showed the genotype of A. vanbreuseghemii. Nine of 14 isolates with granular or asteroid colony morphology showed the genotype of T. mentagrophytes var. interdigitale. There was no relation between ITS genotype and morphology or mating type of the isolates. Isolates of T. mentagrophytes var. interdigitale genotype were shown to include non-sexually degenerate zoophilic strains with granular colony morphology as well as sexually and morphologically degenerate anthropophilic strains and may be just one genotype of a heterogeneous species, A. vanbreuseghemii.
    抄録全体を表示
  • 清 佳浩, 小林 めぐみ, 早出 恵里
    52 巻 (2011) 3 号 p. 229-237
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    フケ症を対象に,ミコナゾール硝酸塩配合シャンプー(COF)にミコナゾール硝酸塩配合リンス(COFRM)を併用した際のCOFRMの有用性について,リンス基剤(COFR)併用群を対照とした二重盲検比較試験により検討した.その結果,両群間で有効性に差はみられなかったが,いずれの群でも約80%の症例で改善効果が認められた.また,瘙痒については,試験開始2週後で統計学的有意差は認められなかったが,COFR併用群に比べCOFRM併用群の方が高い改善率を示した.また洗髪頻度によって効果に違いがみられたCOFR併用群に対し,COFRM併用群は洗髪頻度に依らず効果がほぼ同等であったことが示された.この事からシャンプーのみならずリンスにもミコナゾール硝酸塩を配合することにより,洗髪間隔に係わらず有効濃度が維持され,その結果Malassezia属真菌の増殖を妨げ,より確実かつ早期に効果が現れるものと考えた.
     以上のことから,COFRMはCOFと併用することで,短期間で効果を実感でき,その結果患者のコンプライアンス向上に寄与する有用なリンス剤であると考えられた.
    抄録全体を表示
  • 佐藤 之恵, 筋野 和代, 鈴木 亜紀子, 深澤 奈都子, 大内 結, 矢口 貴志, 佐藤 友隆
    52 巻 (2011) 3 号 p. 239-244
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    神経ブロック注射部位に生じた皮膚アスペルギルス症の1例を経験したので報告する.67歳女.6年前より成人スティル病,間質性肺炎でプレドニン,免疫抑制剤内服治療中であった.帯状疱疹後神経痛に対して某ペインクリニックで左腰部に神経ブロック注射を施行.その後,注射部位に一致して出現した軽度圧痛のある3つの皮下結節を主訴に当科を紹介受診.1つを切除生検.術中,結節内部より緑色の膿汁の排出を認めた.病理組織学的には皮下組織に著明な好中球浸潤があり,膿瘍を形成していた.PAS染色,Grocott染色に染まる菌糸を認め,組織,膿汁の真菌培養にてAspergillus spp.が分離され,全身検索では内臓病変なし.原発性皮膚アスペルギルス症と診断した.残りの2つを全摘の上,イトラコナゾールの内服治療を開始するも皮下膿瘍が再発.分離培養された真菌のリボゾームRNA遺伝子のITS領域の塩基配列の解析でAspergillus ustusと同定し,その後,37℃での発育およびβ-tubulin遺伝子の塩基配列によりA. calidoustusと同定した.文献上のA. ustusおよびA. calidoustusの薬剤感受性に従い,テルビナフィン内服に変更しデブリードマンを予定していたが,間質性肺炎の急性増悪のために永眠された.神経ブロック部位に生じた原発性皮膚アスペルギルス症はまれであるが,免疫不全患者では十分な注意が必要である.
    抄録全体を表示
  • Masako Kawasaki, Kazushi Anzawa, Tsuyoshi Ushigami, Junko Kawanishi, T ...
    52 巻 (2011) 3 号 p. 245-254
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    Phylogenetic relationships among 34 isolates from 11 Trichophyton and 3 Arthroderma species were investigated using the nucleotide sequences from 4 DNA regions: internal transcribed spacers(ITS)1 and 2 including the 5.8S rRNA gene, and the actin(ACT), DNA topoisomerase(TOP)2 and glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase(GPD)genes. All four phylogenetic trees showed that the 34 isolates can be divided into 3 clades, the Arthroderma simii, A. benhamiae and Trichophyton rubrum clades. The Shimodaira-Hasegawa test(SH test)revealed significant topological incongruities within the A. benhamiae and A. simii clades. Although branching patterns of the 3 clades were inconsistent among the four trees, the SH test did not support these differences except that the best tree topology according to ACT sequences was significantly rejected by the TOP data set. These results show that multiple gene analyses are necessary to more precisely understand the phylogenetic relationships among these fungi.
    抄録全体を表示
  • 杉山 由華, 鈴木 陽子, 菅谷 圭子, 戸倉 新樹, 矢口 貴志, 亀井 克彦, 西村 和子
    52 巻 (2011) 3 号 p. 255-260
    公開日: 2011/08/31
    ジャーナル フリー
    クロモブラストミコーシス(CBM)の主要な原因菌種Fonsecaea属は,近年分子系統解析により再検討され,F. pedorosoi, F. monophora, F. nubicaの3菌種が提唱されている.今回,その原因菌の形態学的同定が困難であったが,系統解析によりF. monophoraと同定することができた慢性重症型CBMの症例を報告する.患者は55歳のフィリピン出身の男性.ココナッツ農園で働いていた1973年ごろ,左下腿に小紅斑が出現.1999年に下腿部から大腿部にかけて皮疹が多発し,同年から2005年まで母国で治療し略治.2005年来日後,下腿の皮疹が再燃し,イトラコナゾールの内服を再開したが悪化してきたため当科を受診.2008年10月初診時,左下腿部に瘢痕型病変と周囲に腫瘤型病変を伴っていた.その病変の上部から大腿にかけて,多数の斑状瘢痕を認めた.腫瘤性病変からmuriform cellを確認,黒色真菌を分離した.集落は,はじめ炭粉状,後に短絨毛様となった.本分離株は顕微鏡所見による菌種同定が困難なため,リボソームRNA遺伝子internal transcribed spacer領域の塩基配列を解析し,F. monophora(DDBJ accession number AB566420)と同定した.治療はボリコナゾール内服とカイロによる温熱療法を併用し,6ヶ月後には腫瘤性病変は消退し,1年6ヶ月で瘢痕様紅斑を残し内服治療を終了した.瘢痕型は薬剤の到達が難しいため再発しやすく,治癒判定も難しいため,今後も経過観察が必要である.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top