Medical Mycology Journal
検索
OR
閲覧
検索
56 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
Medical Mycology Journal
Original Article
  • Satoko Ishii, Midori Hiruma, Yuji Hayakawa, Takashi Sugita, Koichi Mak ...
    56 巻 (2015) 4 号 p. E25-E30
    公開日: 2015/11/30
    ジャーナル フリー
    We report a case of subcutaneous Pseudallescheria boydii/Scedosporium apiospermum complex infection occurring in a 77-year-old Japanese female farmer suffering from interstitial pneumonia. Seven months prior to the current presentation, she noticed nodes on her right forearm after pulling up weeds, and the nodes grew larger. Two soft dome-shaped, protruded nodes ( 15 mm and 30 mm in size ) had fused together on the extensor surface of the right forearm. Yellowish-white, rice-grain-sized pustules clustered on the surface. Histopathological examination of the skin specimen showed large and small abscesses surrounded by epithelioid granuloma; separate branching hyphae within the granulation tissue were stained with PAS. No grains were observed. Fungal culture yielded fast-growing, grayish-white, fluffy colonies which were identified as Scedosporium apiospermum (Clade 4) using sequence analysis of the β-tubulin gene. We also reviewed 28 previously reported Japanese cases of P. boydii or S. apiospermum infection presenting with skin manifestations.
    抄録全体を表示
  • Sanae A. Ishijima, Shigeru Abe
    56 巻 (2015) 4 号 p. E31-E39
    公開日: 2015/11/30
    ジャーナル フリー
    We developed a novel murine candidiasis model of the gastrointestinal tract using N-acetylglucosamine ( GlcNAc ) as a tool to aggravate symptoms. Forty-eight hours after intragastrically inoculating Candida albicans cells to immunosuppressed and GlcNAc-treated mice, vigorously accumulating patchy whitish plaques were observed on their inner stomach surface. Candida cells colonizing the plaques consisted of both yeast and mycelia, and were directly stained with Calcofluor White M2R. Aggravation of the candidiasis symptoms was dependent on GlcNAc concentration in drinking water, wherein administration of 50 mM GlcNAc not only severely worsened stomach symptoms, but also significantly increased Candida cell number in the stomach and small intestine. The aggravation effect of GlcNAc was enhanced by addition of sedative chemical chlorpromazine chloride after inoculation. In order to semi-quantitatively assess colonization by Candida in the stomach, we devised a new symptom scoring system that represents the extent of the patchy whitish plaques on the mucosal epithelium of the stomach. Histochemical analysis of Candida-infected tissues revealed not only a large amount of thick Candida mycelia invading mucosal epithelial stomach tissues but also infiltrating inflammatory cells. These results suggest that this murine gastrointestinal candidiasis model could serve as a useful tool for evaluating the protective activity of antifungal agents, probiotics, or functional foods against gastrointestinal candidiasis. Furthermore, from another point of view, this novel murine model could also be used to analyze the pathological mechanisms behind the translocation of C. albicans across intestinal barriers, which results in systemic Candida dissemination and infection.
    抄録全体を表示
日本医真菌学会雑誌
原著
  • 辻岡 馨, 田中 麗沙, 安澤 数史, 小倉 治雄
    56 巻 (2015) 4 号 p. J117-J121
    公開日: 2015/11/30
    ジャーナル フリー
    56歳女性の顔面に発症した黒色菌糸症を報告する.現病歴としては数年前に右頬部に1ヵ所発疹が出現し,その後左頬部にも2ヵ所発疹が出現した.毎年夏期には治癒したようにみえ,冬期に再燃することを繰り返していた.初診時両頬部の3ヵ所に鱗屑,びらん,痂皮を伴う小豆大の紅色扁平病変を認め,皮下に硬結を触れた.病理組織学的には角層,表皮に好中球集積を認め,表皮は一部偽上皮腫性過形成を示し,真皮全層にリンパ球,形質細胞,好中球等の著明な浸潤を認めた.角層,表皮,真皮上層に褐色調の菌要素ないしその連鎖が多数みられた.痂皮の培養により絨毛状オリーブ緑色のコロニーが発育し,形態学的,生理学的および分子生物学的検索によりExophiala lecanii-corniと同定した.3月から7月まで自然経過を追ったところ皮疹は淡い紅斑を残すのみとなり,硬結もほぼ触れなくなった.その時点からイトラコナゾール 200 mg/日の内服治療を開始し,6ヵ月間継続した.投与終了後冬期になっても例年のような再燃はみられず,完治したと判定した.また本菌株は27 ℃で発育したが,33 ℃では著明に抑制され,37 ℃では発育しなかった.
    抄録全体を表示
総説
  • 串間 尚子, 時松 一成, 石井 寛, 門田 淳一
    56 巻 (2015) 4 号 p. J123-J128
    公開日: 2015/11/30
    ジャーナル フリー
    深在性トリコスポロン症は好中球減少患者に発症するが,近年ではキャンディン系薬の使用中に発症するブレイクスルー感染症の事例が報告されている.これは原因真菌であるTrichosporon asahiiがキャンディン系薬に一次耐性を有するためである.一方,アゾール系薬に対して高度耐性を示すトリコスポロン属が検出された症例が報告され,アゾール系薬の使用は同薬剤に対する二次耐性を誘導する懸念がある.本症は比較的まれな感染症であるため各種抗真菌薬に対するブレイクポイントは設定されておらず,厳密にいえば感性か耐性かの判定はできない.しかしわれわれは,in vitroT. asahiiとフルコナゾールを長期間接触することで同薬剤に対するMIC値が接触前の16倍以上に上昇することを確認し,耐性を獲得したと思われる過程を示した.トリコスポロン属の薬剤耐性機序は十分に解明されていないが,カンジダ属やアスペルギルス属で認められるアゾール系薬の標的分子の修飾や標的分子へのアクセスの低下などと同様の機序を想定している.トリコスポロン症は今後増加が懸念されており,大規模な薬剤感受性試験の検討に基づくブレイクポイントの設定や薬剤耐性機序の解明が急務であり,これまでの研究でわかったことと今後の課題を概説する.
    抄録全体を表示
  • 清 佳浩
    56 巻 (2015) 4 号 p. J129-J135
    公開日: 2015/11/30
    ジャーナル フリー
    日本医真菌学会疫学調査委員会による2011年度の皮膚真菌症の調査成績を報告する.方法および調査項目は前 4 回 (1991・1992, 1996・1997, 2002, 2006) に準じ,全国に分布した皮膚科外来 12 施設において調査用紙に従った検索を行い,結果を集計した.
    1. 全施設をあわせた年間の総患者数 (その年における総新患数) は 36,052 名であった.
    2. 疾患別では皮膚糸状菌症が最も多く 2,980 例,ついでカンジダ症 378 例,マラセチア症 152 例であった.
    3.皮膚糸状菌症の病型別では,多い順に足白癬 1,930 例 (男980,女950),爪白癬 780 例 (男409,女371),体部白癬 203 例 (男132,女71),股部白癬 112 例 (男86,女26),手白癬 43 例 (男25,女18),頭部白癬・ケルスス禿瘡 16 例 (男13,女3) の順であった.
    4.足白癬,爪白癬は夏季に,また人口比では主として高齢者に多く見られた.
    5.原因菌別ではT. rubrumは最多で約 80 %, T. mentagrophytesは約 10 %であった.その他の菌種ではM. canisが 5 例とやや増加し,M. gypseumE. floccosumが少数であることは以前の報告と同様であった.一方,T. tonsuransは13 例と増加している.
    6.カンジダの全症例数は 378 例で男女の比率は全症例の平均で1 : 1.4であった.これはこれまでの報告とほぼ同頻度である.病型の推移について話すが,男女差が顕著な病型は以前からの報告と同様に爪囲爪炎,指間びらん症であった.間擦疹は最も症例数が多い病型である.男女差はあまりない.おむつ部に生じる乳児寄生菌性紅斑は紙おむつの改良によってずいぶん減少した.
    7.マラセチア症は 152 例報告され,そのうちマラセチア毛包炎は 55 例であった.
    抄録全体を表示
Photo Quiz
シリーズ用語解説
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top