日本クリティカルケア看護学会誌
Online ISSN : 2187-400X
Print ISSN : 1880-8913
ISSN-L : 1880-8913
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
原著
  • 武藤 諒介, 佐藤 多実子, 小野 南海子
    原稿種別: 原著
    2021 年 17 巻 p. 1-10
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2021/06/15
    ジャーナル 認証あり

    【研究目的】A病院ICUにおける二交代制勤務の導入が看護師のバーンアウトの発生状況や職務満足度にどのような変化を及ぼすかを明らかにする.

    【研究方法】A病院のICUの看護師36名に,二交代制勤務を導入した前後における看護師のバーンアウトの発生状況や職務満足度の変化,属性との関連についてMann-WhitneyのU検定,Spearmanの順位相関分析を行った.

    【結果】バーンアウトのすべての下位尺度において有意な差はみられず,職務満足度のすべての因子で二交代制勤務導入後の値が有意に高かった.二交代制勤務導入後では『働きやすい労働環境』と年齢に中等度の負の相関(r=-0.50)を認め,全臨床経験年数に中等度の負の相関(r=-0.54)を認めた.

    【考察】ICUにおける二交代制勤務導入により職務満足度を高める可能性が示唆された.また,ICUにおける二交代制勤務導入を行ううえで経験年数の長い看護師への十分な説明や配慮を行う必要があると考える.

研究報告
  • 江㞍 晴美, 篠崎 惠美子
    原稿種別: 研究報告
    2021 年 17 巻 p. 11-20
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2021/06/15
    ジャーナル 認証あり

    【目的】PICS(post intensive care syndrome,集中治療後症候群)アセスメントツールを作成し,妥当性と信頼性の検証を行う.

    【方法】先行研究に基づき78項目の作成と構成を行った.内容妥当性の検証は,各項目を「妥当である」~「妥当でない」の4段階で評価を求めた.信頼性の検証は,4事例の患者情報用紙と動画を見てもらい,ツールを用いた評価を求めた.

    【結果】内容妥当性の検証では,項目の採用基準を満たさなかった項目は,「70歳以上」「ICU日記」など8項目であった.「ICU日記」を除く7項目を削除したツール全体の妥当性は0.902であった.この結果よりツールの修正を行い,50項目に対して評価者間信頼性の検討を行った.ツール全体のκ係数は0.58で,中程度の一致度が確認された.正確度および所要時間を考慮し,最終的に37項目に修正した.

    【結論】PICSアセスメントツールの内容妥当性と信頼性を確認でき,PICSを日常的にアセスメントできる可能性が示唆された.

  • 霜山 真, 佐藤 冨美子, 佐藤 菜保子
    原稿種別: 研究報告
    2021 年 17 巻 p. 21-30
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2021/06/29
    ジャーナル 認証あり

    【目的】在宅で非侵襲的陽圧換気療法(noninvasive positive pressure ventilation;NPPV)を受けている慢性呼吸不全患者の急性増悪とセルフケア能力の関連を明らかにする.

    【方法】在宅NPPVを受けている慢性呼吸不全患者を対象に,過去3カ月間の急性増悪の有無,急性増悪回数を診療録から収集し,セルフケア能力に関する質問紙調査を行った.急性増悪の有無による調査項目の比較はMann-WhitneyのU検定,χ2検定,急性増悪回数とセルフケア能力との関連はSpearmanの順位相関係数を用いた.

    【結果】対象31名の慢性呼吸不全の主な原因疾患は慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease;COPD) 13名(41.9%),肺胞低換気症候群10名(32.3%)であった.増悪経験群(8名)は増悪なし群(23名)に比べて,NPPV継続年数とセルフケア能力が有意に低かった.また,急性増悪回数とセルフケア能力には有意な負の相関があった.

    【考察】在宅NPPVを受けている慢性呼吸不全患者の急性増悪の経験とセルフケア能力の低下には関連があり,急性増悪経験のある者を対象としたセルフケア能力向上の支援を充実させる必要性が示唆された.

  • 竹下 智美, 清村 紀子, 竹中 隆一, 松成 修, 黒澤 慶子, 塚本 菜穂, 坂本 照夫, 重光 修
    原稿種別: 研究報告
    2021 年 17 巻 p. 31-43
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2021/06/29
    ジャーナル 認証あり

    【目的】本研究は,「人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコル」(以下,「人工呼吸器離脱プロトコル」)の有効性を検証することを目的とする.

    【方法】介入研究(前後比較).介入群:2017年5~10月にA大学病院高度救命救急センターICU(以下,ICU)に入院し24時間以上人工呼吸療法を必要とした18歳以上の患者.コントロール群:2013~2017年の5~10月にICUに入院した介入群と同条件の患者.介入群に「人工呼吸器離脱プロトコル」を用いた介入を実施した.

    【結果】離脱の成功は介入群93.3%,コントロール群87.9%.人工呼吸器離脱時間の中央値(四分位範囲)は介入群2.0時間(1.5~24.7),コントロール群20.0時間(5.0~57.0),p=0.038と有意差を認めた.人工呼吸期間,ICU入室期間に統計学的有意差は認めなかった.

    【考察・結論】「人工呼吸器離脱プロトコル」の使用により,人工呼吸器離脱時間の有意な短縮を認めた.人工呼吸期間に差はなかった.安全性において2群に差はなく,有効な方法であることが示唆された.

事例研究
  • ―集中治療室入室中の1事例から―
    松本 亜矢子, 辻 千芽
    原稿種別: 事例研究
    2021 年 17 巻 p. 44-51
    発行日: 2021/03/31
    公開日: 2021/06/29
    ジャーナル 認証あり

     本研究の目的は,中毒性表皮壊死症を発症し全人的苦痛があった患者への集中治療室での看護過程を振り返り,患者の穏やかさを取り戻すことを可能にした実践知を明らかにすることである.患者への看護実践を振り返り文章化しデータとし,実践者である研究者間で内容を検討し,実践の意図に沿ってカテゴリを生成した.結果,3つの看護実践のカテゴリの枠組みに整理された.患者の病態が急激に進行するなかで,患者が身体的苦痛を主としたあらゆる苦痛が強くいらだつ時期には【全人的苦痛を察知・推察し緩和する】,病態が回復傾向となり患者が自分の状況や役割について不安に思う時期には【身体的回復と心理的変化を逃さず日常性を取り戻す】,わずかに目が見えるようになったことで気がかりがありながらも細かな意思表示ができるようになった時期には【患者の自律性を尊重する】という,看護師の患者を理解し時期を逃さず看護ケアを行うことが患者の穏やかさを取り戻す支援として見出された.

feedback
Top