土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
67 巻 , 1 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
和文論文
  • 杉原 成満, 福田 慎哉, 倉本 和正, 荒木 義則, 朝位 孝二, 古川 浩平
    2011 年 67 巻 1 号 p. 1-13
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/21
    ジャーナル フリー
     本研究では,2009年7月に甚大な土砂災害が発生した山口県佐波川流域を対象として,土砂災害発生危険基準線(CL)の高精度化を目的に,実測データを用いてタンクモデルのパラメーター同定を試みた.同定手法として大域的探索手法として提案されているSCE-UA法を用いることで精度の良いパラメーター同定が行うことができた.また,気象庁が土壌雨量指数の算出に用いているタンクモデルよりも流出量の再現性が高いモデルであった.構築したタンクモデルを用いてCLの設定を行った結果,現在,気象庁が使用しているタンクモデルを用いた場合よりもCLの精度は高くなることが確認された.実測データに基づいて適切なタンクモデルを構築することは,土砂災害の予測の精度向上において,非常に有効であると考えられる.
  • 大峯 秀人, 吉川 弘道, 矢代 晴実, 大滝 健
    2011 年 67 巻 1 号 p. 14-26
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/09/20
    ジャーナル フリー
     複数の異種構造物により構成される線状施設を対象に,リスクファイナンスのための地震リスク評価手法を提示する.事業者は保有するリスクをリスクファイナンスにより第三者へ移転する際に,互いの情報の非対称性を解消するためリスクを定量化することが必要となる.リスクの定量化は合理的で説明性のある手法により算定され,リスクカーブや各リスク指標にて示すことが一般的となっている.
     本手法は,線状施設を離散的に取扱い,既往の分析技術を活用し,各種構造物の脆弱性と構成から集約地震ロス関数を設定し分析するものである.集約地震ロス関数の設定は,構造物の脆弱性に関する既往研究を統一の損傷レベルへの分類,地震動強度指標へ変換し実施する.また試算として首都圏を放射線に延びる直線20kmの鉄道路線を想定し,分析を行う.
  • 伊藤 和也, 野田 昌志, 吉川 直孝, 堀 智仁, 玉手 聡, 豊澤 康男, 末政 直晃
    2011 年 67 巻 1 号 p. 27-40
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/10/20
    ジャーナル フリー
     近年,我が国では大規模な地震が頻発し,地すべり・崖崩れ・落石などの土砂崩壊災害や住宅などの建築物が倒壊するなどの甚大な被害を受けている.これらの災害発生直後には迅速かつ的確な復旧工事が必要とされるが,損傷を受けた建物の倒壊や斜面の崩壊による二次災害も懸念される.このため,地震により被災した箇所の災害復旧工事について,その危険性を明らかにするとともに,現場への安全情報を提供することが必要である.本論文では,平成16年新潟県中越地震,平成19年新潟県中越沖地震による災害復旧工事における労働災害の発生状況について調査し,地震による災害復旧工事における労働災害の特徴や,地震毎の違いを分析し,地震被害に応じた災害復旧工事による労働災害発生の可能性について検討した.
  • 杉原 成満, 篠崎 嗣浩, 大石 博之, 荒木 義則, 古川 浩平
    2011 年 67 巻 1 号 p. 41-51
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/11/18
    ジャーナル フリー
     土砂災害警戒情報の運用において解除を行うタイミングが困難である理由としては,降雨ピーク後における土砂災害の危険性を定量的に評価することが困難であることが挙げられる.これに対し,降雨状況に応じた土砂災害の危険性を定量的に評価することが可能となれば,上記課題を解消でき,解除を行う際の判断に用いることが可能となる.本研究ではロジスティック回帰分析を用いて,降雨状況の変化に応じた土砂災害の危険性を災害発生確率として定量的に評価することを試みた上で,土砂災害警戒情報の解除基準の検討を行った.本研究での取り組みにより,元々切迫性を分かり易く伝える方法として有用であったロジスティック回帰分析を用いた災害発生危険度の確率評価手法の利便性を更に向上させることができた.
feedback
Top