電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン
Online ISSN : 2186-0661
ISSN-L : 1881-9567
2009 巻 , 10 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
小特集の発行にあたって
小特集 情報通信社会における電磁波セキュリティ問題
論評・サーベイ論文
  • 関口 秀紀, 瀬戸 信二
    2009 年 2009 巻 10 号 p. 10_12-10_20
    発行日: 2009/09/01
    公開日: 2011/06/02
    ジャーナル フリー
    近年,情報セキュリティにおける取組みにおいて,情報通信機器(コンピュータやネットワーク機器)の電磁現象に起因するセキュリティ問題が注目され始めている.このセキュリティ問題としては,機器の非意図的な電磁放出に起因する機器内部の信号情報の漏えい問題と,機器に対して強力な意図的電磁妨害を与えることに起因する機器の誤動作・破壊問題がある.近年の情報通信機器に依存する現代社会においては,今後,情報セキュリティの観点から,機器の非意図的な電磁放出に起因する情報漏えいに対する試験・評価方法の確立及びその対策技術の開発,また,機器を故障・誤動作させる意図的な高電力電磁妨害に対するイミュニティ試験・評価方法の確立及びその対策技術の開発が必要となる.そこで,本論文では,これら電磁現象に起因する情報セキュリティ問題について概説する.
解説論文
  • 馬杉 正男, 鈴木 康直, 山根 宏, 田島 公博
    2009 年 2009 巻 10 号 p. 10_21-10_27
    発行日: 2009/09/01
    公開日: 2011/06/02
    ジャーナル フリー
    パーソナルコンピュータなどの情報通信機器は,動作時に微弱な電磁波を放出し,その信号成分には,ディスプレイ画像などの内部処理情報が含まれている場合がある.こうした漏えい情報を解析されるリスクは,近年の信号計測処理技術の向上とともに高まりつつあり,情報セキュリティの観点からも,その対策法を検討していくことが重要である.情報通信機器からの放射電磁波に起因する情報セキュリティ対策としては,これまで情報通信機器に対して電磁シールドを施す方法やノイズフィルタを設置する方法が提案されているが,対策効果や導入コストの点においていまだ課題が残されている.本論文では,情報通信機器からの放射電磁波に起因する情報セキュリティ問題及び従来の対策法を概観するとともに,漏えい情報を効率的にかく乱する防止信号を生成する手法をベースとした新たな対策技術を紹介する.
解説
私の技術者歴
通信ソサイエティからのお知らせ
子どもに教えたい通信のしくみ
国際会議報告
御案内
解説
報告
ある編集委員の留学記(第5回)
所感・書簡
巻末言
編集後記
feedback
Top