電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン
Online ISSN : 2186-0661
ISSN-L : 1881-9567
2010 巻 , 12 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
小特集の発行にあたって
小特集 伝えたいこと、聞いておきたいこと―学生による名誉員インタビュー―
私の研究者歴
この本をお勧めします 若手の技術者と研究者へ
解説論文 計測技術講座〔第1回〕
  • 馬杉 正男, 秋山 佳春, 村川 一雄
    2010 年 2010 巻 12 号 p. 12_42-12_53
    発行日: 2010/03/01
    公開日: 2011/06/02
    ジャーナル フリー
    信号計測は,時間領域型と周波数領域型に大別できる.前者は,時間波形を計測する技術であり,個々の事象の特性を把握する上で有効である.後者は,対象信号の周波数情報を直接的に計測する技術であり,信号の周波数と検出レベルの関係を把握する上で有効である.本論文では,計測技術講座の第1回目として,オシロスコープを用いた時間領域の信号計測技術について解説する.信号計測においては,対象物にできるだけ影響を与えることなく,必要な情報を精度良く抽出することが求められるが,そのためには,信号計測技術の基本原理や適用範囲を事前に理解しておくことが重要である.以下,時間領域の信号計測の実施に際して把握すべき項目として,対象信号の種別,オシロスコープの基本原理・設定法,実環境での信号計測の留意点,更には,信号検出時のインタフェースとなるプローブ・センサ技術などを解説する.
子どもに教えたい通信のしくみ
国際会議報告
街plus探訪
開発物語
ある編集委員の留学記(第7回)
御案内
巻末言
編集後記
feedback
Top