森林遺伝育種
Online ISSN : 2187-350X
Print ISSN : 2187-3453
ISSN-L : 2187-350X
2 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
原著論文
  • 松本 麻子, 金谷 整一, 塚原 雅美, 西川 浩己, Pakkad Greuk, 吉丸 博志
    原稿種別: 原著論文
    2013 年 2 巻 2 号 p. 43-51
    発行日: 2013/04/25
    公開日: 2020/07/13
    ジャーナル フリー

    山梨県と新潟県で採種林として利用されているブナ天然林集団とそれらから生産された実生苗集団について、核 DNAのマイクロサテライトを用いて遺伝的多様性、遺伝的組成および集団間の遺伝的関係について解析した。新潟県では採種林集団とほぼ同等の遺伝的多様性を保有する実生苗が生産されていた。山梨県山中湖実生苗集団でもアレリックリッチネスの値は採種林集団より低かったもののヘテロ接合度は高く、遺伝的多様性が採種林集団よりも低いとは言えなかった。STRUCTURE解析の結果では、新潟県の津南、滝首、安田および山中湖において、採種林と実生苗集団間でクラスターの割合に違いがみられ、遺伝的組成が異なる可能性が示唆された。特に山中湖では、実生苗集団の近縁度が採種林集団と比べて高まっており、限られた母樹から採種した影響が考えられた。両県の結果から、遺伝的多様性を確保するには現在の採種方法でほぼ問題はないが、実生苗集団が地域の天然林と同様の遺伝的組成を保有するためには、採種母樹数、採種箇所数を増やすことが望ましいと考えられた。

解説
話題
資料
feedback
Top