植生史研究
Online ISSN : 2435-9238
Print ISSN : 0915-003X
17 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 箱﨑 真隆, 吉田 明弘, 木村 勝彦
    2009 年 17 巻 1 号 p. 3-12
    発行日: 2009年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
    福島県猪苗代湖南部鬼沼地域から得られた堆積物の花粉分析と木材化石の同定,14C 年代測定の結果から,この地域周辺の約2500 年前以降の時空間的な植生分布について考察した。約2500 年前の扇状地では,ハンノキ属ハンノキ節が優占し,カツラやトネリコ属,サワグルミが伴う湿地林であった。周辺の山地では,コナラ属の森林が広がっていた。約1500 年前には,トネリコ属が扇状地で,ブナ属が周辺山地で増加した。その後,約1500 ~ 800 年前の間には,ハンノキ節に加え,サワラ・アスナロの針葉樹が混交する湿地林が扇状地に形成された。これらの木材化石の産出分布から,サワラは湿潤から乾燥した環境に,アスナロは湿潤な環境のみに立地していたことが明らかとなった。サワラは,木材化石の年輪数と根系形態から,少なくとも200 年間に渡って不安定な泥炭地上に生育していた。したがって,サワラ・アスナロはこの地域における湿地林の重要な構成種であり,西日本の低湿地埋没林で報告されるスギと同様に,湿地林の生態に新知見を得ることができた。また,花粉組成と木材化石の産出の比較から,東北地方南部ではスギが山地帯の植生要素であった可能性が高い。
  • 工藤 雄一郎, 小林 謙一, 江原 英, 中村 俊夫
    2009 年 17 巻 1 号 p. 13-25
    発行日: 2009年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
    寺野東遺跡からは合計で15 基と多数の木組遺構が谷部から検出されており,これらは関東平野における縄文時代後・晩期の低地遺跡研究,特に当時の低地利用,水利用,木材利用,植物質食料の利用を明らかにする上で,極めて重要な遺構群である。そこで,谷部から出土した木組遺構の年代的位置づけを明確化することを目的として,各遺構を構成する木材について,加速器質量分析計(AMS)による14C 年代測定を行った。また,より高精度に年代を決定することを試みるため,そのうちの1 点の木材については,複数の試料を採取して,ウイグルマッチングによる年代決定を行った。その結果,これらの遺構は年代的に4 つのグループに分けられた。SX-077 が4500 ~ 4200cal BP 前後(縄文時代後期初頭~前葉),SX-074 とSX-046 が3600 ~ 3300 cal BP 前後(縄文時代後期後葉~末葉),SX-075・SX-041・SX-048 が3300 ~ 2900 cal BP 前後(縄文時代晩期前葉~中葉),SX-043 が2900 ~ 2700 cal BP 頃(縄文時代晩期中葉)となり,共伴土器によって推定されていた所属時期を裏付けるとともに,これをさらに絞り込むことができた。SX-048 の構成材のウイグルマッチングの結果から,SX-048 が3100 cal BP か3075 cal BP よりも,やや新しい時期に構築された可能性が高く,縄文時代晩期前葉の大洞BC 式期(安行3b 式期)頃であると推定された。大径材を用いて大規模な木組遺構を構築しているのが寺野東遺跡の縄文時代晩期の低地利用の特徴であるが,これは,特に関東平野の縄文時代晩期前葉の低地利用の特徴的な様相であることを再確認した。
  • 江原 英, 工藤 雄一郎
    2009 年 17 巻 1 号 p. 26-
    発行日: 2009年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
  • 工藤 雄一郎, 小林 真生子, 百原 新, 能城 修一, 中村 俊夫, 沖津 進, 柳澤 清一, 岡本 東三
    2009 年 17 巻 1 号 p. 27-31
    発行日: 2009年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
    Fruits of Cannabis sativa were found from the sediments of the earliest Jomon period at the Okinoshima site, Tateyama City, Chiba Prefecture, central Japan. The authors conducted AMS 14C dating of the Cannabis sativa fruits themselves. The obtained date was 8955 ± 45 14C BP, and the calibrated date is ca. 10,000 cal BP. Thus the fruits of Cannabis sativa excavated from the Okinoshima site can be certainly placed at the Yoriitomon pottery phase of the earliest Jomon period, which coincides with the early Holocene. It is the oldest record of the fruits of Cannabis sativa in the world at this moment. Hemp may have been cultivated and utilized from the earliest Jomon period.
  • 吉田 真弥, 森島 済, 渡邊 眞紀子, Armand Palijon
    2009 年 17 巻 1 号 p. 33-36
    発行日: 2009年
    公開日: 2021/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
    Morphological characteristics of silica body (opal phytolith) derived from Imperata cylindrica (cogon), Saccharum spontaneum (talahib), and Themeda triandra (samon) were described on a hill in central Luzon, Philippines. Discriminant analysis using silica body morphology indicates that the three species can be identified by morphometries of motor and short cells.
feedback
Top