Chem-Bio Informatics Journal
Online ISSN : 1347-0442
Print ISSN : 1347-6297
ISSN-L : 1347-0442
2 巻 , 3 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
Review
  • 宮本 秀一
    原稿種別:  
    専門分野: 分子認識
    2002 年 2 巻 3 号 p. 74-85
    発行日: 2002年
    公開日: 2002/10/31
    ジャーナル フリー
    アルドース還元酵素は糖尿病合併症の発症の要因の一つと考えられてきた。種々の化合物がアルドース還元酵素を阻害することがわかっており、経口投与で活性を有する阻害剤を目ざして長年が研究なされてきた。いくつかの化合物が臨床試験まで進んだが、現在市販されているものはわずか一つだけである。糖尿病合併症治療薬の種類が限られているため、アルドース還元酵素の三次元構造が決定されてから、本酵素の阻害剤を探索する合理的なアプローチが適用されてきた。本レビューでは、既存の阻害剤について概観した後、アルドース還元酵素とその複合体の分子モデリングならびにstructure-based drug discoveryといった合理的アプローチについて述べる。
Original
feedback
Top