J-STAGE トップ > 資料トップ

スポーツ社会学研究 Vol. 22(2014) No. 2

特集のねらい

特集のねらい
質的アプローチのフューチャー・スタディーズ・ワークショップ

岡田 光弘

公開日: 2016年07月02日

p.3-8

原著論文

「フィールド」を持って研究するという事
―二重の「負い目」と「大文字の学知」―

松村 和則

公開日: 2016年07月02日

p.9-21

「守る」とは、本当はどういうことなのか
―健常と病の連続性という視点から考える―

夏苅 郁子

公開日: 2016年07月02日

p.23-38

「研究的臨床実践」の可能性と試み
―生きていることのエスノグラフィーに向けて―

松澤 和正

公開日: 2016年07月02日

p.39-52

スポーツ経験を社会学する
―実践の固有な論理に内在すること―

渡 正

公開日: 2016年07月02日

p.53-65
p.67-82

6件の該当記事より1~6件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    10月28日(土) 7:00 ~ 17:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年10月20日
    H29年度投稿審査システム募集案内を掲載しました。(詳細はこちら)
  • 2017年10月01日
    1.
    「利用学協会様向けの改定後の利用規約(平成29年10月1日施行)を掲載しました。(詳細はこちら)」
    2.
    「J-STAGE利用者満足度調査アンケートの結果を掲載いたしました。(詳細はこちら)」

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有