土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)
Online ISSN : 2185-6567
ISSN-L : 2185-6567
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
和文論文
  • 栖原 健太郎, 辻 幸和, 李 春鶴, 西崎 辰冶, 五十嵐 数馬, 神頭 峰磯
    2021 年 77 巻 2 号 p. 25-36
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル 認証あり

     対称軸の無いRC断面にも膨張コンクリートを用いたCPC部材の膨張ひずみ分布を推定できる方法を提案した.その推定方法は,仕事量一定の仮定に基づくもので,対称軸を持つ断面に用いる推定方法に直交する2軸方向に関するモーメントのつり合い条件を加えたものである.そして,T形断面とL形断面の鉄筋の配置をそれぞれ4種類に変化して偏断面を再現したCPC梁を作製して膨張ひずみを実測し,提案方法による推定値との比較を行った結果,提案した推定方法によって,対称軸を持たない場合であっても,断面内のケミカルプレストレインを含む膨張ひずみ分布を推定できることが示唆された.

  • 取違 剛, 横関 康祐, 吉岡 一郎, 盛岡 実
    2021 年 77 巻 2 号 p. 37-54
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル 認証あり

     強制的に炭酸化したセメント系材料におけるCO2固定量を定量的に評価することを目的に,高炉スラグ微粉末およびγ-2CaO・SiO2をセメント代替として用いたセメント系材料を,炭酸化が進行しやすい高温,低湿度,高CO2濃度の環境下で炭酸化養生し,CO2固定量を各種分析手法によって評価した.その結果,コンクリートのCO2固定量の評価には熱分析よりも無機炭素分析が適していることを確認した.また,高炉スラグ微粉末およびγ-2CaO・SiO2をセメント代替として用いたコンクリートを炭酸化養生することで,大量のCO2を固定できることを明らかにした.さらに,このコンクリートの空隙率や圧縮強度が,一般的なコンクリートと同程度であることを確認した.

feedback
Top