デジタルアーカイブ学会誌
Online ISSN : 2432-9770
Print ISSN : 2432-9762
最新号
選択された号の論文の26件中1~26を表示しています
第2回研究大会
第1回公開シンポジウム
事例/調査報告
研究論文
  • 柴山 明寛, 北村 美和子, ボレー セバスチャン, 今村 文彦
    2018 年 2 巻 3 号 p. 282-286
    発行日: 2018/06/15
    公開日: 2018/07/17
    ジャーナル オープンアクセス

    東日本大震災関連のデジタルアーカイブは、震災直後から様々な機関や団体により自然発生的に構築が始まり、震災から6年半が経過した現在数十の構築がなされ、数百万点の記録の公開がなされている。本論文では、東日本大震災で様々な機関・団体が構築した震災デジタルアーカイブの事例と変遷についてまとめると共に、自治体における震災デジタルアーカイブの公開内容や構成要素を明らかにする。さらに、東日本大震災の震災デジタルアーカイブの全体を通して課題を明らかにし、今後の震災デジタルアーカイブのあり方について論じる。

動向解説
  • 時実 象一
    2018 年 2 巻 3 号 p. 287-293
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/07/17
    ジャーナル オープンアクセス

    フランスの国立デジタルアーカイブ機関のうち、フランス国立図書館(BnF)とフランス国立視聴覚研究所(INA)に訪問調査をおこなった。BnFのGallicaプロジェクトでは年約10億円の予算で蔵書のデジタル化を進めており、すでに新聞・雑誌210万号、画像120万点、書籍55万冊を公開している。BnFはEuropeanaの創設メンバーであり、今も強力に推進している。INAはテレビ・ラジオ番組の法定納入機関として、1400万時間の番組を収集し、INAthèque を通じて学術研究者に公開している。また、商業利用できる番組200 万時間分をINAmediaproを通じて世界に販売している。その一部はina.frから一般公開している。

学会活動から
feedback
Top