日本乳酸菌学会誌
Online ISSN : 2186-5833
Print ISSN : 1343-327X
ISSN-L : 1343-327X
13 巻 , 2 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 内田 基晴
    2002 年 13 巻 2 号 p. 92-113
    発行日: 2002/12/01
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    A method for performing lactic acid fermentation on seaweed was recently developed. This method consists of two steps: degradation of seaweed to the single-cell level by cellulase, followed by lactic acid fermentation in the presence of lactic acid bacteria and yeast. Microbiological findings and technical progress on seaweed fermentation will be described in this paper including the future prospects for industrial use. First, one lactic acid bacteria strain, Lactobacillus brevis, and two yeast strains, Debaryomyces hansenii var. hansenii, and a Candida zeylanoides-related strain were isolated from a fermented culture of Ulva spp. Lactic acid fermentation on various kinds of seaweed was induced by adding these three microorganisms as starters along with cellulase. Lactic acid fermentation on seaweed was also performed by adding different combinations of lactic acid bacter ia and yeast or lactic acid bacteria alone as starters. Plant origin lactic acid bacteria proved to be more suitable for seaweed fermentation than dairy origin lactic acid bacteria. The fermented product of seaweed appears to be suitable for use as a dietary item for aquatic animals, namely as “marine si lage”, or as a human food or food component. New industries based on the fermented products o f marine algal materials are suggested in this paper.
  • 梶本 修身, 平田 澤, 青江 誠一郎, 高橋 丈生, 鈴木 豊, 田中 博
    2002 年 13 巻 2 号 p. 114-124
    発行日: 2002/12/01
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    近年,わが国における高脂血症の罹患率は急増傾向にあり,それに伴い虚血性心疾患の発症率も上昇している。コレステロールは動脈硬化と深く関連しており,血清総コレステロール値などの血清脂質値を正常に維持することは,循環器障害,脳慮管障害の発症を抑えるためにも極めて重要である。今回,我々は,動物試験で食餌性高コレステロール血症の改着作用が示されているLactobaciglus gasseri(ガゼリ菌SP株)に注目し,それを倉有した発酵乳の愈中脂質に対する影響及び安全性について検討した。境界域及び軽度高コレステロール血症を呈する男性74名を4i群に分け,2週間の観察期間の後,A群には発酵乳2009/日,B群には1009/日,C群にはプラセボ発酵乳2009/日を11週問,1日1回朝に摂取させた。D群は,非摂取群とした。A,B,C群については,二重盲検法を採用した。その結果,A群では摂取期問終了時に迎清総コレステロール値が摂取前212.2±22.5mg/d1から200.8±23.6mg/dlに有意に低下し(P<0.05),C群と有意な差を認めた(P<0,05)。LDLにおいてもA群では顕著な改善効果(P<0.05)を認め,C群と有意な差を認めた(P<0.05)。D群との比較では,血清総コレステロール値,およびLDL値において,A群で低下する傾向が認められた(p=O,092,p=0.062)。また,発酵乳摂取群において副作用と思われるような血液学的変化,理学的変化臨廉上の変化は認められなかった、これらの結果より,ガセリ菌SP株を含有する発酵乳が境界域及び軽度高コレステロール血症者の血清総コレステロール値を低下させること,ならびに本発酵乳の安全性が示された。
  • 2002 年 13 巻 2 号 p. 125-126
    発行日: 2002/12/01
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top