日本認知心理学会発表論文集
日本認知心理学会第14回大会
選択された号の論文の145件中1~50を表示しています
口頭発表1 日本語セッション1 (社会的認知)
  • 有賀 敦紀
    セッションID: O1-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    人間には他者にこれ以上近づかれると何となく落ち着かない距離がある(personal space: PS)。このPSは個人の身体を取り巻く目で見ることのできない空間領域であり,その特性に関して様々な社会心理学的研究が行われてきた。しかし,PSが身体から離れた個人の所持品を取り巻く空間にまで拡張するのかを調べた研究はこれまでにない。本研究では,二人の実験参加者(うち一人はサクラ)が残した所持品間の距離を測定して,PSが所持品を取り巻く空間に拡張するのかを調べた。その結果,実験参加者とサクラの対人関係が所持品間の距離に影響を与えることがわかった。本研究の結果は,所有者のPSが身体から離れた所持品を取り巻く空間において拡張して観察される,という拡張的パーソナルスペースの存在を示唆するものであった。
  • 岡村 靖人
    セッションID: O1-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー


    これまで嗅覚や味覚への直接的な刺激によってもたらされた空腹感と利他的行動との間には負の相関関係があることが明らかにされている。本研究では、空腹感を喚起させるプライム刺激として食べ物の想起課題を課し、その後の利他的行動への影響について検討した。実験では、大学生63名を空腹感喚起の強弱により、強刺激としてラーメンを用いる群、弱刺激としてプリンを用いる群、空腹感を喚起させる想起課題を行わない統制群の3群に分け、各刺激の特徴を詳細に記述するという課題を課した。その後、参加者に無報酬の実験参加を依頼した。その実験に何分間協力してもよいかを8件法で尋ね、利他的行動の指標とした。その結果、プリン群(M=2.43)とラーメン群(M=1.48)、統制群(M=2.48)とラーメン群との間にそれぞれ有意な差が認められた。以上により、食べ物の想起をするだけでも直接的な刺激呈示の場合と同様に利他的行動を抑制する効果があることが示された。
  • 中道 和輝, 粟屋 智就, 加藤 竹雄, 富和 清隆, 月浦 崇
    セッションID: O1-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    Williams症候群(WS)は7番染色体の微細欠失症候群であり、過社交性を示し、顔認知を得意とする一方で、自閉的特徴を示すことが知られている。本研究では、WSの臨床的特徴と顔記憶の関連について検討した。WS者18名(平均25.2歳)、6−7歳の定型発達児(TD)16名(平均6.5歳)が、顔の記憶課題と顔の人物にどの程度近づいて話してみたいかの評定課題に参加した。また、参加者の保護者は、参加者の自閉的特徴を捉えるSRS質問紙に回答した。WS群を言語発達高群と低群に分類し、記憶成績をTD群を含めた3群で比較した結果、TD群とWS高群でのみ、近づきたい、近づきたくないと評定された顔で有意な記憶の促進が認められた。また、SRSの総得点を3群で比較した結果、WS低群はTD群と比較して有意に高い得点を示した。この結果は、WS群における言語発達の程度は、顔記憶と自閉的特徴と関連することを示唆している。
  • 木原 健, 武田 裕司
    セッションID: O1-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    怒りを感じていても作り笑いを浮かべるなど、我々は頻繁に本当の感情とは異なる表情を作っている。また、そのような偽りの表情を本当の表情と区別することもできる。しかし、その区別にどのような視覚情報を利用しているかは不明である。表情の認識には空間周波数情報が重要であることから、それが偽り表情の認識にも関与している可能性がある。これを検討するため、低・高空間周波数(LSF・HSF)情報で構成された顔画像の表情の強さを変化させて、教示された表情の作成を求める実験を行った。表情の強さは、明確な笑顔(+10)から明確な怒り顔(-10)まで21段階に変化できた。教示された表情は、本当の笑顔、本当の怒り顔、怒りを偽った笑顔、笑いを偽った怒り顔の4種類があった。実験の結果、偽りの笑顔はLSFが中立表情、HSFが弱い笑顔で構成されることが分かった。これは、LSFとHSFの表情の違いを利用して偽りの笑顔を認識していることを示唆する。
  • 本元 小百合, 菅村 玄二
    セッションID: O1-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    肉は男性性と関連があるとされ,肉を見ると女性は男性の顔を高く評価することが分かっている。本研究では,肉を見ると同性の顔を魅力的だと知覚しやすくなるかどうかを検証した。参加者73名(男性32名,女性41名)がランダムに肉群,野菜群に分けられ,(a)何もしない場合,(b)肉もしくは野菜を見た後,(c)肉もしくは野菜を食べた後で他者の顔の魅力度を評定した。その結果,男性は肉もしくは野菜を見た後(p=.017,r=.50)と食べた後(p=.049,r=.41)で,肉群の方が野菜群に比べて,男性の顔の魅力を高く評価した。女性では,肉と野菜の両方を見たときに,女性の顔の魅力を最も高く評価した(ps<.026,.54<r<.81)。結果から,男性は肉を見たり食べたりすることで興奮し,それが同性の顔の魅力に帰属されたと考えられる。一方,女性は食物を見ることで獲得欲求が喚起され,同性の顔を好ましいと評価したと解釈される。
口頭発表2 日本語セッション2 (知覚・感性1)
  • ー刺激が示唆するパワーと発揮握力との関係ー
    永井 聖剛, 山田 陽平, 金谷 英俊, 川上 直秋, 西崎 友規子
    セッションID: O2-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    刺激の大小や速遅などの物理的性質と運動反応の強弱との間にみられる刺激—反応適合性は,オブジェクトに関する概念的性質に対しても生じる。したがって,刺激や運動反応についての性質は抽象化された単純情報次元(例えば,大—小)で共有されるものと考えられる。本研究では,刺激が示唆するパワーと発揮される握力という刺激-運動反応間での適合性について検討した。実験では乳幼児画像,レスラー画像,またはブランク画面が提示され,実験参加者には人物が提示されたき,事前に練習した最大筋力の50 %の出力で握力計を握るように求めた。結果から,非利き手に限り,レスラー画像に対して乳幼児画像よりも大きな握力が発揮されることを明らかにした。利き手では筋力のコントロールが非利き手に比べ正確にできるために,非利き手で大きな効果が出現したものと考察された。
  • 金澤 綾香, 小鷹 研理
    セッションID: O2-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    近年、視覚外にある現実の手の動きと視界内のrubber hand(手の人形やロボットハンド)の動きを同期させることで(運動・固有感覚-視覚間同期)、rubber handに対する身体所有感を付与する試みが増えており、影はこの感覚間同期を自然かつ容易に生成できる特徴をもつ.しかし影が身体所有感に直接的に及ぼす関係については未だ不明な点が多く存在する.本研究では、4つの影の外観環境(手・手と連動しない手の形状の影・手と連動する長方形・手と連動しない長方形)を用意し、手が静止あるいは運動する条件でドリフト量の計測(影を提示しない状態と提示した状態)とアンケートを実施した.実験の結果、影が手と一致した形状で連動する環境のとき、影を提示した状態でのドリフト量が提示しない状態より大きく上昇した.一方アンケートにおいてドリフト測定時の影の提示の有無による大きな差はみられなかった.
  • 森 光洋, 小鷹 研理
    セッションID: O2-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    近年, 身体所有感を変調させることによって, 身体像の一部あるいは全体を収縮・拡大させる試みが行われているが, 彼らの実験系では身体像のサイズが変容していくプロセスそのものを体感することはできない. 本稿では, 同期した振動刺激によって, 空間的に離れた左右の手が触れ合うように感じる自己接触錯覚(STI)の誘発中に両手間の距離を制御することによって, 指の伸縮感覚を誘発する手法を提案する. 被験者実験では, 提案手法における振動の効果と両手間の近接性の効果を検証した. その結果, 振動の有無による伸縮感覚指標(主観評価値・ドリフト値)への影響は限定的であった一方で, STIの強度と伸縮感覚指標との相関に着目したところ, 特に左右の人差し指が重なる条件下で強い正の相関が確認された. さらに, 特定の試行で, HMDを用いて左右いずれかの指が伸縮するCGイメージを連動して与えたところ, 伸縮する指に関する側方性が操作されることがわかった.
  • 中島 亮一, 上田 彩子, 日根 恭子, 岩井 律子, 熊田 孝恒
    セッションID: O2-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    現在、様々な場面における操作が自動制御システムに置き換えられてきている(例:自動運転車)。一方で、操作する喜びや学習効率に対しては、操作主体感が重要である。本研究では、自動制御時の操作主体感を検討した。特に、運転における要因として、目的指向行動(例:目標とする空間に車を停止させる)、結果の現れ方(例:ブレーキを踏むと減速して停止する)に焦点を当て、それらが操作主体感の主観評価に与える影響を検討した。実験では、直線運動するボールにキー押しでブレーキをかける課題を行った。その際、停止させるべきゴールの有無、結果の現れ方(すぐに停止、減速して停止)を操作した。また、多くの試行でボールはキー押しとは独立に自動的に停止することを教示した。実験の結果、自動制御時には操作主体感は低下した。しかし、ゴールの存在、徐々に結果が見えることは、自動制御における操作主体感の低下を軽減させることが明らかになった。
  • 中尾 啓太, 小川 景子
    セッションID: O2-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    それまで経験したことがないにも関わらず,以前どこかで経験したことがあると感じた際の,鮮明な感覚の体験をデジャヴ (deja vu) という(Brown, 2004)。デジャヴ発生には新規刺激の形態 (Brown & Marsh, 2010) や,情報量 (Cleary et al., 2012) が影響することが報告されている。これまで情報量の操作には静止画 (二次元と三次元) が用いられていることから,本研究では,研究1として動画を用いて情報量の操作を行い,さらに研究2として情報の質 (文脈) に着目してデジャヴの発生要因に関する検討を行った。
    検討の結果,先行する記憶に情報量が少なく (研究1),先行記憶と目の前の刺激に共通する文脈情報がある (研究2) ことによりデジャヴ感覚の発生が促進されることが示された。
口頭発表3 日本語セッション3 ((思考・言語 1:英語)
  • Fei Xiaodong, Babalola Micky Amune , Walter Brett Raymond, Matsumi Nor ...
    セッションID: O3-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
  • 浅川 伸一
    セッションID: O3-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    Despite the popularity of RNN, LSTM and GRU, there was little evidence that confirmed their performance.  We tried to investigate to reveal underlying processes and conditions to deal with such of them.  The meanings of multi-layered RNNs might also be possible based on these findings as well.
  • 大北 葉子
    セッションID: O3-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    非漢字圏日本語学習者を対象に漢字正誤判断試験時の眼球運動、正答率、反応時間、空書行動の有無の関係を調べた。漢字一字ずつがパソコンモニターに表示され、被験者が正誤判断するまで刺激漢字はモニター上に表示された。刺激は、曖昧漢字、偽漢字、ハングル文字、部首倒置漢字、真漢字の5種類だった。曖昧漢字は日本語学習者の書き間違いを基にしていて、図形的にわずかな誤りのある字形である。偽漢字は部首と旁の組み合わせが存在しないもので、部首倒置漢字は部首と旁の位置を反転させている。ハングル文字と真漢字以外の正答率は個人差が大きかった。偽漢字と部首倒置漢字の回答率不良者は注視点数が少なく、眼球移動距離が短い、反応時間が短く、刺激間での注視点数、眼球移動距離、反応時間にあまり差がなく、空書がなかった。成績不良者は字形分析が不十分である可能性がある。空書は字形知識の内在化の指標になると考えられる。
  • Nam Kichun, Kim Jeahong
    セッションID: O3-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    The current study was designed to see what the representation unit of Korean Eojeols is, and to see whether the syntactic-categorically and semantically ambiguous Eojeol, which is the between-unit of words and phrases in Korean sentences, activates multiple meanings, even though the multi-meanings are associated with the different syntactic-category. Two primed-lexical decision experiments and two lexical decision experiments were performed. In Experiment 1, the semantic relatedness between the prime Eojeol and the target word was manipulated in two SOA conditions (150ms and 1000ms). The prime Eojeol was syntactic-categorically (e.g. noun or verb Eojeol) and semantically ambiguous. The results showed that all the noun and verb related meanings were activated by the syntactic-categorically and semantically ambiguous prime Eojeols at the short 150ms SOA condition, but only the noun-related meaning was activated at the long 1000ms SOA condition. In Experiment 2, the prime Eojeol, in which the fully conjugated Eojeol was not ambiguous but the embedded word or word stem in the Eojeol has many meanings, was presented as a related or unrelated with the target words. As in Experiment 1, two SOA conditions, 150ms and 1000ms, were used for the primed-lexical decision task. Differently from Experiment 1 results, only the verb-related meaning, consistent with the fully conjugated Eojeol, was activated but not in the noun-related meaning. Experiment 3 and 4 were designed to see whether the frequency of the Eojeol is the main factor to determine the lexical decision time presented in the isolated and sentence embedded form. In two experiments, the results showed the strongest effect of the Eojeol frequency among other variables to support the possibility of the Eojeol as the mental representation unit. The results of four experiments indicate that the fully conjugated form of Eojeols  is the possibility of Eojeol as a lexical entry unit especially when used in the verb Eojeol.
  • Jin Zhezhu, Kwak Howan, Yi Kwangoh
    セッションID: O3-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    With Korean-Chinese-English trilinguals living in north-east China as participants, three repetition priming experiments were conducted to investigate multilinguals' lexical representation and processing. In three experiments, primes were presented masked or visible. Participants were requested to perform the lexical decision task. Significant intra- and inter-language priming effects were obtained and found to be modulated by the proficiency of each language of the trilinguals. However, some of the findings were not fit with the predictions from major models of bilingualism. The predominant role of L2 revealed in this study poses a problem to the existing models of bilingualism which have given a superior role to L1. To explain the dominating effects of L2 in the triliguals, we propose that the status of L1 could be adjusted as a consequence of inter-language interactions. 
口頭発表4 日本語セッション4 ((発達・教育:学習)
  • 順行干渉低下による学習の促進
    小林 正法, 川口 潤
    セッションID: O4-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    電子機器の発展に伴い,カメラなどの外的記録装置により,様々な情報の記録が可能となった。しかし,写真撮影は撮影した情報の記憶を曖昧にしてしまう(Henkel, 2013)。加えて,写真撮影が撮影された情報以外の記憶にどう影響するかは未だ不明である。そこで,本研究は写真撮影がその後の学習にどう影響するかを調べた。撮影ブロックでは,参加者はカテゴリ事例8個からなるリストAを学習後,リストAを撮影した。その後,別のカテゴリ事例8個からなるリストBを学習し,リストBの自由再生を行った。最後に(撮影した写真を用い)リストAの再学習後,リストAの自由再生を行った。統制ブロックでは写真撮影と再学習は行わなかった。実験の結果,リストAの写真撮影が,リストBの学習を促進した(実験1)。さらに,順行干渉量が大きい場合でも同様であった(実験2)。これらの結果から,写真撮影がその後の学習を促進することが示された。
  • 正三角形の折り紙を使用した創作折り紙のプロセス分析
    丸山 真名美
    セッションID: O4-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    通常、折り紙は正方形の紙を用いる。そのため、正方形もしくは四角形の紙の折り方についての技術は獲得されており、折りのイメージも生成されやすい。本研究で、使用する三角形の紙は非常に新規なものである。これまでの研究において、紙の形が折りのイメー形成に影響する知見が得られている。また、新規な形の紙を折る場合は、四角形の紙を折るスキルを適用する知見も得られている。新規な形である三角形の紙を折り作品を作るプロセスを分析することで、折りイメージに関係する要因について検討する。本研究は、正三角形の紙を使用した創作折り紙を課題としており、そのプロセスを検討することが主要な目的であるので、被験者は中級程度のスキルを持つものであり、パフォーマンスとプロトコルを詳細に分析するために、ケース・スタディを行う。 
  • 山口 剛
    セッションID: O4-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は,リストに対するメタ認知的判断(EOL判断,JOLs)や体制化が自由再生に与える影響を明確にすることを目的とする。またそれらの関係性が,学習目標の方向付けや課題に対する動機づけ(Yamaguchi, 2016)によって,調整されるかも明確にする。大学生32 名は習得接近目標もしくは遂行接近目標に方向付けられる群に割り振られた。参加者はリストごとにEOL判断と体制化の評価をした後,リストの学習とJOLsを行った。刺激は1 リストを12 単語とし,共通するカテゴリーから10, 8, 6, 4単語で構成されたリストを二つずつ作成した。分析の結果,リストの構造とJOLsの再生成績に対する主効果がみられた。一方で,EOL 判断や体制化の有効性の効果はみられなかった。これより,参加者は課題に合わせて適切な方略を使用し,学習後のメタ認知的判断は正確である可能性が,リスト学習においても示唆された。
  • 福井 隆雄, 金 樹英, 東江 浩美, 鈴木 繭子, 西牧 謙吾, 中島 八十一, 和田 真
    セッションID: O4-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    青年中期から若年成人の自閉スペクトラム症者(ASD)を対象に,到達把持動作の運動学的特性を定型発達者(TD)と比較検討した.参加者には,円柱物体を把持後5 cm程持ち上げてから元に戻すことを求めた.運動中外界が見えている条件(視覚あり条件)と,運動開始直後に外界が見えなくなる条件(視覚なし条件)を設け,セッション内で同一条件を行うブロック化条件と,視覚あり・なし条件を交互に行う交互条件を検討した.把持動作中の指間距離最大値は,TDと同様に,ASDも指間距離最大値への運動中の視覚の影響がブロック化条件より交互条件で小さかった.一方,動作間遷移時間(把持完了から持ち上げ開始までの時間)について,ブロック化条件で,ASDはTDに比べて有意に長くなった.以上より,ASDの到達把持運動制御における運動中の見えの利用特性はTDと類似している一方,動作間のスムーズな遷移が困難であることが示唆された.
  • 病気について知りたい時,幼児は誰に聞くのか
    外山 紀子
    セッションID: O4-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    私たちの社会は認知的分業の上で成り立っており,このことは子どもの知識獲得場面においても留意すべき点となる。知識の多くは他者を通じてもたらされるが,他者が全て同じように信頼できるわけではない。医者は病気の情報源としては信頼できようが,ガーデニングについては素人である(ことが多い)。したがって,花の育て方に関する医者の助言は庭師の助言よりは信頼できないとみてよい。本研究では病気に関する情報源として幼児が誰に信頼をおくかを検討した。4つの実験の結果,3~4歳児は病気のタイプにかかわらず母親に高い信頼を置いていること,7・10歳になると医者に対する信頼が高くなること,大人は病気のタイプによって情報源を使いわけることが示された(アレルギー疾患は母親,伝染性や重度の疾患は医者等)。以上の結果は,病気に関する理解が精緻化されていくにつれ,それに制約される形で情報源の評価がなされていることを示すものである
口頭発表5 日本語セッション5 ((記憶)
  • 西崎 友規子, 永井 聖剛
    セッションID: O5-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    複数の課題を同時遂行するといずれかの課題成績が低下する。しかしながら日常生活では,スマートフォンに代表される機能的な機器の広がりと伴に複数課題同時遂行による問題は避けられない。認知資源の容量,さらに容量の配分スタイルの個人差は,多くのワーキングメモリ研究から明らかにされており,日常的な同時課題遂行による問題にも個人差が生じると考えられる。本研究は,個人に応じた適切な容量配分バランスとその方法を知り,安全に複数課題を同時遂行するためのインタフェース設計に生かす指標の作成を目的とした,基礎的な検討を行った。ワーキングメモリ課題で測定されるHigh span群は,聴き取り課題遂行中,低負荷の書字課題を課した際に聴き取り課題の成績が低下したのに対し,Low span群は聴き取り課題の成績は変化せず,高負荷時のみ低下した。また,これらの結果は日常的な“ながら行動”の程度とは関連がなかった。
  • 音楽によるなつかしさ喚起と記憶の想起の特徴
    川口 潤, 中村 紘子
    セッションID: O5-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    なつかしさは過去への憧憬であり,ポジティブな気分とネガティブな気分が混在した複雑な感情である。近年,このようななつかしさ感情はさまざまな心理過程に影響していることが示されている。本研究では,広告にしばしば用いられる音楽によって喚起されたなつかしさ感情が,商品の魅力や記憶に与える影響を検討した。実験では,なつかしさを喚起あるいは喚起しない音楽が90秒間提示された。その間に,注視点に続いて商品動画5秒間,商品と広告文が5秒間提示された。全部で6つの商品が提示された。その後,魅力度など商品に関する属性,広告に関する記憶課題などを行った。その結果,なつかしい音楽を聞いていた場合はなつかしくない音楽を聞いていた場合にくらべて,商品に対する魅力度が高く評定されたが広告レイアウトの再認成績は低かった。これらの結果は,なつかしさ感情が商品に対する評価に影響を与えることを示唆しており,その過程の検討を行った。
  • 個人特性の検討
    宮川 法子, 服部 雅史
    セッションID: O5-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,流暢性 (刺激に対する情報処理の速さや容易さの主観的な感覚) の記憶に与える影響に個人特性であるワーキングメモリ容量や認知欲求が調整変数として働くか否かについて,文字の見えづらさを操作し検討した。記憶課題には40語の単語記憶課題,ワーキングメモリ測定課題にはリーディングスパンテスト(以下,RST)と演算スパンテスト (以下OST) を用いた。40単語の記憶課題の後にRSTとOSTを行った。各記憶課題の間には1分間の休憩を挟み,RSTとOSTは参加者間でランダムな順で行った。最後に認知欲求を測る質問紙を行い,単語記憶課題での文字の読みやすさについて5件法で回答してもらった。本実験の結果からOST得点の低い人が流暢性の影響を受けやすいことが示唆された。更にOST得点によって,読みやすさ,つまりは流暢性の感じ方に違いは見られなかった。よって流暢性そのものは入力段階において差はないことも示唆された。
  • 山本 健太郎, 田中 観自, 渡邊 克巳
    セッションID: O5-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    時間の長さの評価には,感情や注意といった要因が影響を及ぼすことが知られている。しかし,これまでは主に数秒や数分といった短い時間を用いて検討が行われており,数ヶ月や数年といったより長期の時間間隔の評価にどのような要因が影響するのかは明らかでない。そこで本実験では,2014年に起きた出来事の中から69件を選定し,出来事の認知度,感情価,日付の印象について4件法で評定を求めた。実験は間隔を空けて二回実施された。2015年の7月に行った実験では,認知度や感情価と日付の印象の間に関連は示されなかったが,出来事の生起時期によって日付の印象が変化する傾向が見られた。一方で2015年の12月に行った実験では,日付の印象と認知度の間に有意な相関が示された。これらの結果は,経過日数によって時間経過の評価基準が変化する可能性を示し,特に比較的古い出来事の時間評価には,出来事の認知度が影響を及ぼすことを示唆する。
  • 須藤 昇
    セッションID: O5-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    漢字2字からなる漢字対を提示し、被験者に熟語であるか否か判断を求めた。ある熟語が2, 4, 8, 16, 32試行を置いて2度提示される場合、エラー率が低下し反応時間が短縮した。この結果は熟語の活性化が長く持続することを意味している。また、語彙データベースを用いて、個々の漢字が熟語の1文字目に出現する割合(初頭率)を算出した。熟語の2文字目の漢字の初頭率が高い場合にエラーが増すが、この傾向はプライミング効果とは独立であることが示された。
口頭発表6 日本語セッション6 ((知覚・感性2)
  • 小野 史典, 木本 茉莉奈
    セッションID: O6-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    我々は自分の心の中の思いなどが相手に見透かされてしまっているのではないかと思ってしまうことがある。こうした自分の内的状態が相手に漏れているかのように考えてしまう現象は透明性の錯覚と言われている。本研究では,5杯の飲み物(4杯は同じ味だが1杯は異なる味)を準備し,行為者はなるべく無表情で飲み物を飲み(行為者セッション),観察者はその様子が録画されたビデオを見て,異なる味の飲み物を推測した(観察者セッション)。さらに,行為者は観察者の正答率を推測した。実験の結果,観察者の実際の正答率に比較して,行為者の推測した正答率が高くなった(透明性の錯覚)。また,別の参加者に対して,あらかじめ正答を教え,ビデオを見た後に観察者の正答率を推測してもらったところ,観察者の実際の正答率よりも高くなった。この結果は,行為者の内的状態を知っていること自体が透明性の錯覚において重要な要因になることを示唆している。
  • 尾田 政臣
    セッションID: O6-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    絵画を見ると「明るい絵」といった種々の印象を持つ。そのような印象によって絵画の好みが決定されるかを検証した。10種類の絵画に対して、印象項目として9種(明るい、楽しい、重い、優雅、動的、強い、柔らかい、新しい、既知)を選定し、それらの項目と絵画に対する好みを各9段階で評定させた。その結果から、印象項目と絵画の好みの相関を求めた。絵画の評価項目と好みの相関が高い項目が絵画の種別によらず一定になっているなら、その項目が絵画によらず好みを規定するといえるであろう。しかし、どの絵に対しても高い相関を示す項目は見いだせなかった。
  • 松田 憲, 興梠 盛剛, 小野 史典, 杉森 絵里子, 楠見 孝
    セッションID: O6-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    パワープライミングとは,抑制的な先行手掛かりが安全・安心といった認知を高め,促進的な手掛かりが成長・発展・発達といった認知を高めることである。本研究では参加者にパワープライミング課題を課してハイパワーとローパワーの操作を行い,ノスタルジックな画像ないし先進的な画像と広告との連合形成及び広告の評価に及ぼす影響について検討を行った。商品カテゴリーとして,食品(お茶,レトルトカレー)と家電(液晶TV,ノートPC)を用いた。参加者にはパワープライミング課題を課した後に広告と画像を連続対呈示し,その後に広告への評価を求めた。実験の結果,特に家電カテゴリーにおいて,ハイパワー条件では先進的画像と対呈示された広告の評価が,ローパワー条件においてはノスタルジー画像と対呈示された広告の評価が高かった。これは,ハイパワー操作によって新奇性選好が,ローパワー操作によって親近性選好が促された結果であると考える。
  • 入戸野 宏
    セッションID: O6-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    他人には無価値でも,自分には特別な思い入れのあるモノがある。そのような愛着あるモノは自己の延長とみなされる。一方,自分が手に入れたモノの価値を高く評価する単純所有効果が知られている。モノに対する愛着と単純所有効果を区別するために,参加者が所有する2種類のマグカップの写真を刺激として事象関連電位を測定した。実験は参加者内比較デザインで行った(N = 20)。愛着条件では参加者が愛用するマグカップの写真を,単純所有条件では実験参加の謝礼としてその場で受け取ったマグカップの写真を,それぞれその他5枚のマグカップの写真に混ぜてランダムな順序で提示した。愛着条件では,写真提示から約300 ms以降に生じる事象関連電位のP3と後期陽性電位が自己の所有物に対して大きくなった。単純所有条件では,そのような差は認められなかった。個人的な愛着のあるモノは,単なる所有物とは異なる認知処理を引き起こすといえる。
  • 上田 祥行
    セッションID: O6-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    私たちは目に映った物体群の特徴をごく短い時間で正確に知覚できる。これはアンサンブル知覚と呼ばれ、単純な幾何学図形のみならず表情のような複雑な刺激においても可能であることが示されている。表情に対するアンサンブル知覚では、どの程度の精度の情報が取得されているのだろうか。実験では、真顔もしくは笑顔か怒り顔の表情を表出した12人の顔写真を500ms間呈示し、観察者に真顔と表情顔のどちらが多かったかを判断させた。表情の平均が正しく計算できれば高い正答率になると考えられたが、実験の結果、正答率は全体の中の表情顔の割合と同じくらいであり、正確にアンサンブルが知覚されていたとは言えなかった。単純な幾何学図形を用いた場合や少数の表情刺激の場合にはアンサンブルを知覚するのに十分な呈示時間であったことから、表情のアンサンブル知覚は単純な幾何学図形の場合とは異なるメカニズムで計算されている可能性が示唆される。
口頭発表7 日本語セッション7 ((思考・言語2)
  • 中村 紘子, 川口 潤
    セッションID: O7-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    Studies about cross-cultural psychology have demonstrated that East Asians make relatively broader and more complex causal attributions than Westerners. For instance, Korean participants indicated a greater number of causes could contribute to the event than Americans (Choi et al., 2003). Present study tested whether East Asians make broader cognition in reasoning about causal conditional “if A then B”. We hypothesized that East Asians may consider the possibility of precondition A (“does A happens or not”) as well as the possibility of “A causes B”. In the two on-line experiments, we recruited Americans and Japanese participants and presented eight causal conditionals, which manipulated the probability of A happens. Participants judged the probability at which a causal conditional is true or false. Japanese participants estimated conditional was true when the probability of Awas high, while Americans did not. These results indicated that Easterners might make broader cognition in causal conditional reasoning.
  • 本田 秀仁, 松香 敏彦, 植田 一博
    セッションID: O7-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    人間の記憶においてfalse memoryが知られているように、認知プロセスには誤りが生じうる。本研究では、実世界の環境情報に関して、記憶に基づく誤った新値が形成されていることを行動実験によって示した。特に、この誤った信念は環境構造と整合的であり、系統的に形成されていることを明らかにした。そしてこの系統性は、実世界の環境情報を推論する際に、正確な推論を促進することが計算機シミュレーションによって明らかになった。以上のことから、記憶に基づく誤った信念は実世界の環境情報を理解する上で、適応的に機能していることが明らかになった。
  • 宮本 大輔
    セッションID: O7-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    近年、コンピュータシステムではなくコンピュータを利用するエンドユーザを対象としたサイバー脅威が報告されている。とりわけ、金融機関などに似せて作られたウェブサイトを用いてユーザを騙すなどの攻撃の被害は増加している。従来、サイバーセキュリティ分野ではユーザが偽サイトを見分けるためのサポートが研究課題であり、教材の開発やインタフェースの改善、検知して知らせるソフトウェアといった対策が行われている。ここで、サイバー脅威に対するエンドユーザの思考を、コンピュータシステムがエンドユーザから観測される情報から推測できると考える。我々は被験者を集めて実験を行い、ウェブサイトの真贋判定を行う際の眼球運動から被験者がどのような意思決定を行うかを予想する研究を行った。この先行研究を紹介するとともに、認知心理学の知見をサイバーセキュリティ分野に応用できるかを議論する。
  • 加齢と時間圧による検討
    原田 悦子, 鈴木 航輔, 須藤 智
    セッションID: O7-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    視覚的探索は日常的にもしばしば発生する活動であるが,同一のダミー項目が複数ある中からターゲットを見出す実験室課題とは異なり,日常では,個々別々のダミー項目の中から一つのターゲットを探し出す課題である.そこで本研究では,「本棚から特定タイトルの本を選び出す」課題を作成し,その視覚探索過程において,経験的手がかり(ターゲット発生確率の偏り)もしくは意味的手がかり(カテゴリーによる位置情報の付加)を加えた場合の効果を,手がかりに合致する優先条件/合致しない非優先条件の比較から検討することを目的として,時間圧の付加ならびに加齢効果を分析した.その結果,若年成人では両手がかりとも通常条件,時間圧下条件のいずれでも有効な促進効果を示したが,高齢者の時間圧下では,意味的手がかりにおいて「非優先領域への探索」を抑制することが示された.問題解決場面における手がかり利用と目標維持の関係性について考察する.
  • 立位と歩行に注目して
    山田 雅敏, 里 大輔, 砂子 岳彦, 竹内 勇剛
    セッションID: O7-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    スポーツ活動を通して,身体が学び知る「身体知」を熟達させるためには,訓練の動作によって生じる身体感覚を,強く意識することが重要となる.一方,ただ身体感覚に意識を向けるだけではなく,積極的に身体の動きや体感について,言語化する試行「メタ認知的言語化」が,身体知の熟達に関係するとの報告がされている.本研究では,立位と歩行の実践について,メタ認知的言語化を行った女子バスケットボール選手7名を対象に,臨床心理士による半構造化面接の調査を実施した.その結果,メタ認知的言語化が,学習者の記憶に残すことができるメリットがある一方,言語化の内容には多様性があり,また,実践結果から,言語化自体が身体知の熟達を妨げる場合もあることが明らかとなった.以上の結果から,メタ認知的言語化を探究するにあたり,教授者と学習者とのインタラクションの考慮が必要であることが示唆された.
ポスターセッション1
  • 眞嶋 良全
    セッションID: P1-01
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    近年,クラウドソーシングサービスを利用したオンラインでの調査・実験が数多く行われるようになってきている。特に,Amazon 社の Mechanical Turk (AMT) は低額のタスクを,簡単かつ大量に発注できることから,その利用が進んでいる。また,質問紙にとって代わる調査研究だけでなく,オンライン上で認知実験を行う試みも始まっている。しかしながら,AMTではサンプルの人口統計変数に偏りがあり,参加者の大半は米国在住の白人となることが示されている。本研究では,AMTとは異なる人口統計変数的特徴を有する国内のクラウドソーシングサービスを用いて参加者を募り,先行研究と同様にオンライン認知実験の有効性を検証した。ミリ秒単位での刺激呈示・反応測定を含む5つのオンライン実験を行ったところ,実験室実験を再現する結果が得られた。以上の結果に基づいてオンライン認知実験の可能性について議論した。
  • Kim Yong-Woo, Jung Jae-bum, Nam Kichun
    セッションID: P1-02
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    Previous studies revealed that internet addiction make human intelligence and cognitive abilities worse. In this study, we tried to find out how much worse using correlation analysis. K-Young test used for measuring the degree of addiction, and several behavioral experiments used for measuring intelligence and cognitive ability. Participants were a total of 300 people, and 29 people on the potential risk was included. As a results, there was a significant correlation between degree of internet addiction and working memory’s recall accuracy, visual attentional resource allocation ability, mental-attentional capacity, and mental rotation ability. And there was no significant correlation between addiction degree and motion control ability, emotional perception ability, and intelligence. This results shows that the internet addiction's harmfulness about inteligence and cognitive ability is still not certain.
  • Foldesi Emese, Kim Ju-Hun, Kim Nam-Gyoon
    セッションID: P1-03
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    The present study compared the effect of eye movements on postural control in 13 Parkinson’s disease (PD) patients (Hoehn-Yahr stage 2-3) and 13 age-matched healthy adults. Participants viewed, from a distance of 1 m, a computer display of an oscillating object that continuously changed shape and reported the number of times the shape changed over each 60 s trial. Four oscillation rates (0, 0.5, 0.8, and 1.2Hz) were presented. Postural sway data (mean position, standard deviation, and range of the excursions in the anterior-posterior and medio-lateral directions) were obtained using a wireless motion tracking system via sensors attached to each participant’s head, neck, and cervical spine. The effect of eye movement frequency on postural sway was minimal in the healthy adults, consistent with the view that postural control and suprapostural task (eye movement control) are functionally integrated to facilitate the performance of suprapostural control tasks. By contrast, PD patients’ showed greater and more variable postural sway, particularly in the anterior-posterior direction. It appears that PD patients’ impaired postural control systems are no longer integrated functionally with their eye movement control. This result suggests an additional factor to consider in PD patients who are susceptible to falls due to postural instability.
  • 郷古 学
    セッションID: P1-04
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,テーブル上の自動整頓システムの実現を目指し,テーブル上の物体の配置と乱雑さの知覚の関係を調査した.従来研究では,複数の文具のかたまり(文具群)をテーブル上に配置した画像用いた心理物理実験を通じて,文具群の配置と乱雑さの知覚について調べられた.これに対して,本稿では,文具群の代わりに単一の文具を配置した画像を実験参加者に呈示して,配置と乱雑さの知覚との関係を調べた.実験の結果,従来研究と同様に,配置された文具同士が散らばっていると回答した被験者ほど,その配置を乱雑だと感じる傾向があることが分かった.
  • 内部要素における直線成分の検討
    高木 幸子, 安田 孝
    セッションID: P1-05
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では、楕円の輪郭の傾きを知覚する際に、楕円の内部要素の傾きが及ぼす影響を実験によって検討した。先行研究から、楕円の内部要素が傾いていると楕円の外部輪郭そのものが傾いて知覚され(高木・安田, 2014; 安田・高木, 2015)、内部要素が顔の場合には特異的な効果があること(高木・安田, 2014)が示唆されている。本研究ではさらに、楕円内部の直線成分の存在が及ぼす影響を検討した。実験では、楕円の内部要素を3種類(顔・T字・寄せ鍋)用意し、これら3種類の刺激について内部要素のみを傾きが0°の状態から±15°まで3°ずつ傾けた全11種類の画像を作成し、ターゲット刺激として提示した。結果から、先行研究と同様に楕円の内部要素が傾いていると楕円の外部輪郭そのものが傾いて知覚され、傾き角度によっては内部要素に直線成分がある場合(顔・T字)の方がない場合(寄せ鍋)と比較して錯視量が大きくなる傾向があることが示された。
  • 池田 華子, 和田 真, 渡邊 克巳
    セッションID: P1-06
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    自閉症者では鏡像模倣がしづらいという報告や、他者視点への切り替えが苦手との報告から、身体と空間の捉え方の特殊さが示唆されている。本研究では身体と空間との対応づけについて自閉傾向に関連した特性を検討するために、左右弁別困難と鏡像模倣の生じやすさについての主観的な自己評価や空間に対して連想される色のイメージの強度と、Autism-spectrum Quotient questionnaires (AQ)スコアとの関連を検討した。その結果、左右弁別が困難であると感じる人ほど鏡像模倣もしづらいと感じる傾向が示された。加えて、左右弁別が困難なほど自閉傾向も高く、方向への色イメージの連合が弱いことが明らかになった。以上の結果から鏡像模倣と左右弁別判断との認知基盤の共有が示唆され、なおかつこの身体と空間との認識の特性が自閉傾向と関連している可能性が考えられる。
  • ー触素材に対する反応と触感の表現ー
    坂田 和子, 下稻 美里, 馬場 恵里香, 黒木 晶, 牧 正興, 宮谷 真人
    セッションID: P1-07
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、幼児を対象に触感の感性評価と触感の表現を明らかにすることを目的とした。予備調査として、幼児を対象に40の触素材を提示し、素材の違いを検出できない素材を除き、計18素材を本試行の素材とした。実験では、視覚情報を遮断する素材箱に触素材を入れ、参加者が素材を探索した後、快不快の感性評価を求め、素材の触感をオノマトペで表現した。その結果、幼児は、素材の快不快評価について多くの素材を快と評価した。オノマトペについては、素材の快不快とオノマトペの音韻とが必ずしも関係していないことが示された。加えて、オノマトペに付随するエピソードから、触覚の検出特徴である温覚について、「あたたかい」と評価された素材は、タオル生地(綿100%)、コルク、綿、ウレタンフォーム、フェルト、人工芝生、シープボアであることが明らかになった。これらの結果から、幼児の情緒に働きかける「あたたかい」素材が示唆された。
  • 宮崎 由樹, 伊藤 資浩, 神山 龍一, 柴田 彰, 河原 純一郎
    セッションID: P1-08
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    近年,衛生マスク (以下,マスク) は,風邪や花粉対策等の衛生用途以外にも使われる。例えば,若年女性の一部は,小顔に見せる為にマスクを利用することがある。本研究では,見た目の顔の大きさにマスクの着用が及ぼす効果を検証した。実験はマスク着用 (着用,非着用) と元々の見た目の顔の大きさ (小顔,中顔,大顔群) の2要因被験者内計画で実施した。被験者は,LCDに呈示された顔画像の見た目の顔の大きさを1 (小さい) から100 (大きい) の範囲で評定した。その結果,元々の見た目の顔の大きさに関わらず,マスク非着用画像に比べ,マスク着用画像の方が顔が小さく知覚されることが示された (マスク着用の効果量は小顔群に比べ,中顔・大顔群の方が大きかった)。この効果は,マスク着用で,顔の大きさ判断に用いられる視覚手がかり (咬筋部や下顎周りの皮膚厚等) が利用できなくなること,顔が遮蔽されたことによる錯視効果に基づくと考えられる。
  • 薛 玉テイ, 郷原 皓彦, 佐々木 恭志郎, 山田 祐樹
    セッションID: P1-09
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    Previous studies demonstrated that some moist materials induce strong disgust. The present study investigated whether onomatopoeic words representing moisture modulate disgust evoked by visual images consisting of the moist materials. We used twenty images as stimuli, ten of which consisted of moist materials (moist images) and the rest consisted of dry materials (control images). Each picture was presented with each of three kinds of onomatopoeia (“betobeto”, “sarasara” and “tekuteku”), and participants evaluated the degree of perceived disgust for each image. The results showed that onomatopoeic words representing moisture modulate perceived disgust for both types of the images. The moist images with “betobeto” induced stronger disgust than the images with “tekuteku”. On the other hand, the dry images with “betobeto” induced stronger disgust than the images with “sarasara” and “tekuteku”. Our findings suggest that disgust is formed by integration of visual and verbal information.
  • 局所的な回転運動情報による剛体運動の見えの変容
    郷原 皓彦, 山田 祐樹
    セッションID: P1-10
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    交差・反発刺激では交差知覚が優位であり,これは同一方向への運動の継続がより予測されやすいためである。では運動刺激の回転情報はこの予測に関与するのだろうか。本研究では円形の運動刺激に順・逆回転を加え,回転方向とその連続性の消失が交差・反発知覚に与える影響を検討した。回転の連続性は運動刺激同士の重畳後に回転方向を反転させるか否かで操作した。円内の直径上のバーの回転で円の回転を表した。実験1の結果,回転方向の影響は無く,反転なし条件では反転あり条件よりも反発の知覚割合が有意に高かった。この結果は,反転なし条件では物体衝突時にバーの回転運動が知覚的に反転したためである可能性が考えられた。しかし実験2ではバーのみを呈示してもそのような知覚的な回転反転は生じなかった。ゆえに,円内の局所的かつ持続的な回転運動情報は剛体運動と回転運動が同時に与えられた場合にのみ交差・反発知覚に影響することが示唆される。
  • 島田 捷太郎, 井坂 薫, 高瀬 愛理, 中村 有佑, 河原 純一郎
    セッションID: P1-11
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    画像の輝度はその画像の誘意性に相関する可能性があることが知られている(Lakens et al., 2013)。 本研究では,飲食店評価webサイトのユーザー投稿画像でも,こうした輝度と誘意性の関係が認められるかを調べることを目的とした。同webサイトからダウンロードした524枚の画像に対して,被験者は画像にある料理の食べたさと,写真としてのよさを評価(0-100)した。その結果,画像の赤色成分(R値)とwebサイトの飲食店評価との間に弱い正の相関が見られた(r =.11, p = .02)。さらに,写真のよさとwebサイトの飲食店評価との間にも弱い正の相関が見られた(=.35, p < .001)。これらの結果は,画像の誘意性は単なる輝度のみでは決定できず,評価する対象(可食物,風景)の性質に依存する可能性を示す。また,こうした飲食店評価は掲載画像に影響を受けていることを示唆する。
  • 興梠 盛剛, 松田 憲, 中元 俊介, 小島 隆次, 長 篤志, 楠見 孝
    セッションID: P1-12
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は無意味輪郭図形に対する選好に刺激図形への接触回数と視線移動距離が与える影響を検討した。刺激図形の呈示回数は4,8,12回であり,呈示位置は呈示回数条件毎に画面中央(0度)と,画面中央から上下左右に7.5,15度離れた位置にそれぞれ3秒間呈示した。また,刺激呈示前に画面中央に1秒間注視点が提示された。実験は接触フェーズと評定フェーズから成り,接触フェーズではアイトラッカーを用いて参加者の視線データを記録した。評定は新旧項目への好意度,価値観の7段階評定(4:どちらでもない)と再認判断を行った。実験の結果,12回呈示の呈示位置15度条件において好意度と価値観評価は中央値4を有意に上回り,再認判断で条件間に差はなかった。これらの結果から,接触頻度の増加により刺激に対する単純接触効果(Zajonc,1968)に視線移動を伴うことで対象刺激への評価上昇に促進的に影響したことが示唆される。
  • 成 儒彬, 光藤 宏行
    セッションID: P1-13
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では、日本において英語表記のロゴタイプが商品の印象にどのような影響を与えるのかについて検討を行った。原産地効果の影響の少ない商品カテゴリーにおける英語表記のロゴタイプの効果について調べるため、予備調査では、食品・飲料カテゴリーにおける日本産商品と英語圏産商品間の印象の差の傾向を調べた。本実験では、予備調査で選別された商品カテゴリーを用い、商品のロゴタイプのみを日本語表記条件と英語表記条件として操作し、条件間の印象の差を調べた。その結果、日本語表記条件より英語表記条件のほうがより高級なものとして認識されることが示された。本研究では、その要因を英語の抽象性にあると考え、英語表記のロゴタイプの効果について考察を行った。
  • 藤道 宗人, 松下 戦具, 森川 和則
    セッションID: P1-14
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    静止画であるにもかかわらず動いて見える錯視が生じる知覚メカニズムについて,眼球運動が錯視量を増加させる要因であることは古くから指摘されていた。ところが,錯視運動と平行の方向に眼球運動を行うと,逆に錯視量が抑制されるというケースが近年報告された(Matsushita et al., 2013)。しかしながら,この錯視量抑制現象は着色されたグラデーションパッチを刺激として用いた実験でしか報告されていない。そこで本研究では色やグラデーションが錯視量抑制現象にとって必須であるかどうかを検討した。そのためにグレースケール化したグラデーションパッチ(実験1)および静止画が動いて見える錯視でありながらグラデーションを含まない矢印ドリフト錯視(実験2)を用いつつ,先行研究と同じパラダイムで実験を行った。錯視運動量はマグニチュード推定法により取得した。その結果,錯視量抑制現象にとって刺激の色やグラデーションが必須ではないことが示された。
  • 河原 哲雄
    セッションID: P1-15
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/17
    会議録・要旨集 フリー
    靴の写真画像を題材に,閾下呈示による反復単純接触が商品評価におよぼす影響を検討する実験を行った。閾下単純接触は,数字の偶奇性判断課題においてマスク呈示の直前に靴の写真画像を16ミリ秒間呈示することで実施した。2015年に発表した実験では,「購入したい」および「好き」という商品評価の中心的な次元において,閾下呈示の頻度が多くなるほど評価が低下するという通常の単純接触効果とは逆の傾向が観察され,ディストラクタ評価低下効果に類する現象が生じた可能性が示唆された。今回発表する実験では,閾下呈示時の偶奇性判断を削除する条件(実験1)およびキー押し反応を削除する条件(実験2)で実験を実施した。その結果,閾下呈示の頻度が多くなるほど商品評価が低下する現象は再現されなかったが,通常の単純接触効果も見られなかった。
feedback
Top