日本認知心理学会発表論文集
日本認知心理学会第8回大会
選択された号の論文の151件中1~50を表示しています
口頭発表1(脳・神経)
  • 事象関連電位を用いた計測
    芳賀 繁
    セッションID: O1-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    課題に関係のない背景音声が視覚課題に対する注意に与える影響を事象関連電位(ERP)を用いて調べた。実験参加者はディスプレイに赤色の円が提示されたら反応ボタンを押す。円は2.5秒ごとに1秒間,1試行の間に200回提示され,そのうち15%にあたる30回が赤円,残りが青円であった。行われた2つの実験のうち,実験1には24名,実験2には23名の大学生が参加した。実験2では視覚課題遂行中に大学関連のニュースを流したが,この背景音声は無視して視覚課題に集中するよう教示した。視覚課題終了後に音声情報に関する再認テストを行い,音声情報への関心度評定を求めた。その結果,赤円の出現をトリガーとして加算したP300振幅は,背景音声内容に対する関心度および再認成績との間に有意な負の相関を持つことが明らかになった。この結果は,無視すべき音声刺激であっても内容に関心がある場合には,視覚課題への注意集中を妨害する可能性を示唆するものである。
  • 田中 茂樹, 乾 敏郎
    セッションID: O1-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
     離人感の高低によって身体イメージ操作や自己視点の変換操作にどのような違いがあるのか。これまでに調べられたことはなかった。今回、CDSという離人感の強弱を調べるスコアを用いて被験者の離人感の強弱を評定した。そして、身体イメージと視点の操作を必要とする実験課題を用いて、この課題遂行中の脳活動をfMRIによって調べた。  行動データでは、興味深いことに離人感の高い被験者群ではすべての課題条件において、離人感の低い被験者群よりも有意に反応時間が短かった。各条件の反応時間は約1100 msから1300 msほどであったが、いずれの条件においてもhigh群とlow群では約100 msの差があった。一方で正答率には有意差がなく、対照条件(単に矢印の左右を答える)でもこの差は認められなかった。この結果は、high群の被験者が、いい加減に反応しているから速いのでもないこと、および、単純な視覚認知やボタン押し反応自体に差があるのではないこと、を示唆している。  fMRIデータでは、離人スコアの高い群、低い群に共通して左頭頂葉(TPJ)、左下前頭回などで活動が認められた。一方で、高い群では右下前頭回(BA45)で顕著な活動が認められたが、低い群では認められなかった。
  • 水原 啓暁, 乾 敏郎
    セッションID: O1-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    脳内ネットワークの動的形成メカニズムを解明する手法として,脳波と機能的MRIの同時計測が期待されている.水原と山口(2009)による先行研究においても,風景写真を記憶中のネットワークがシータ波の発生タイミングで動的に形成されることを報告した.しかしながら,従来の解析においては,脳波に関連する皮質活動を同定するという手法上の問題から,皮質間の情報の流れ,つまり因果性については議論できない.そこで本研究では,脳波と機能的MRIの同時計測データに対して,皮質の機能的MRI信号に相関する脳波成分を同定することで皮質脳波を再構築する.再構築した皮質脳波の時系列情報をもとに,グレンジャー因果性解析を実施することで,皮質間の因果性を明らかにする手法を構築した.さらに本研究では,この解析手法を把持課題に対して用いることで,視覚誘発運動生成における皮質間の因果性についてミリ秒精度で同定した結果を報告する.
  • 小川 健二, 乾 敏郎
    セッションID: O1-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    一昨年の発表(小川と乾, 2008)では,マウスカーソルを使った描画における視覚運動変換に内側頭頂間溝(mIPS)が関わることを示した.しかしmIPSが運動対象を(1)スクリーン上のカーソル中心座標系,または(2)実際の身体(手)中心座標系のどちらでコードしているかは不明であった.よって本研究では,反転マウスを使って2つの座標系を分離した上で,fMRI多ボクセルパターン分析を使ってmIPSの座標系を直接的に解明した.協力者はカーソルを使って左右のターゲットへの到達運動を行った.分析では,まず通常マウスの脳活動パターンを用いて識別器を訓練し,次に反転マウスの脳活動パターンに対してどちらの座標系で左右方向の識別が可能かを検討した.結果からmIPSでは(2)身体座標で有意な識別精度が得られた.このことはmIPSでは実際の身体(手)を基準とした自己中心座標系で運動対象がコードされていることを示す.
  • 樋口 靖晃, 朝倉 暢彦, 乾 敏郎
    セッションID: O1-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    単一物体を視点不変に認識し,神経生理学的および心理学的にも妥当な神経回路モデルとして,一般化動径基底関数ネットワーク(GRBFN)が提案されている.本研究ではGRBFNを拡張し,複数の物体形状の脳内表現を学習する神経回路モデルを提案する.本モデルでは複数個のGRBFNを2次元格子上に配置し,異なる視点からの物体の特徴点の画像座標を入力として,各GRBFNが視点不変に一定値を出力するよう教師あり学習を行う.この際,教師信号との誤差が最も小さいGRBFNからの格子上の距離に比例して各GRBFNの学習率を減少させる.この競合学習により,3次元構造の異なるペーパークリップ状の物体に対して,各GRBFNの近傍に形状の類似した物体の表現が自己組織化されることを確認した.これは下側頭葉における複数物体の表現に類似しており,その表現形成に本モデルの競合学習のメカニズムが関与している可能性を示唆している.
  • 笹岡 貴史, 水原 啓暁, 乾 敏郎
    セッションID: O1-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    笹岡ら(2009)は時計を刺激とした心的回転課題中の脳活動を計測し,心的回転中に左頭頂葉および左運動前野などが活動し,右頭頂後頭領域が回転角度に依存して活動することを示した.本発表では,心的回転中の脳内ネットワークの時空間特性をより詳細に明らかにするため,笹岡ら(2009)のデータを用いてfMRIと脳波の統合化解析を行った.その結果,心的回転中にβ帯域(14.7Hz)の脳波パワーと心的回転の回転量に有意な負の相関が見られた.さらに,最も強い相関が見られた電極における14.7Hzの脳波パワーとBOLD信号が相関を示す脳部位を調べた結果,右前・後部頭頂間溝,左下頭頂小葉および左運動前野において有意な負の相関が見られた.この結果は,心的回転中にこれらの領域がβ波の発生タイミングで動的な皮質ネットワークを形成していることを示唆している.
口頭発表2(英語セッション)
  • Brain regions associated with processing different emotions
    Mi-Sook Park, Sunju Sohn, Ok-Hyun Lee, Ji-A Suk, Sook-Hee Kim, Jin-Hun ...
    セッションID: O2-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    The purpose of this study was to investigate differences in brain regions associated with processing variety of different emotions (joy, humor, sadness, fear, anger, and disgust) using functional magnetic resonance imaging (fMRI). Forty-two healthy right-handed volunteers pariticipated in the study. Six clips were excerpted from movies through our previous experiments of which purpose was to evoke different emotional responses. Subjects were scanned under six emotion-producing conditions. There found significant differences while participants were experiencing emotions. Sadness was associated with significant loci of activation in the superior frontal gyrus and putamen. In the joy condition, significant loci of activation were noted in the superior and middle temporal gyrus. Disugst was accompanied by specific activations of the superior temporal gyrus and hippocampus. Fear was correlated with significant loci of activation in the superior temporal gyrus and putamen. Humor was associated with significant loci of activation in the middle temporal gyrus and inferior frontal gyrus. In anger condition, significant loci of activation were noted in the superior temporal gyrus and middle frontal gyrus. These findings suggest that different brain regions are involved in processing different emotions.
  • comparison of President Roh's Suicide and North Korea's Nuclear Crisis.
    ChangHo PARK, MyungSook PARK
    セッションID: O2-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    Memory and emotional responses were collected from Korean young and old people one week, three months, and six months after Korean president Roh's sudden death and North Korea's nuclear crisis occurred around the same time. President Roh's death had more emotional impact than North Korea's nuclear crisis on young and old people. Old people experienced more intense emotions in both events and they had still lingering emotion on Roh's death over six months. However, both groups revealed no difference in recalling their episodic details when they heard about the two events, while recalling more about Roh's death than nuclear crisis. In the case of nuclear crisis memory performance decreased as time passed. On the contrary, in the case of Roh's death memory performance decreased at first but did not decrease after 3 months. This study showed some conflicting results with previous studies on flashbulb memory, which was discussed later.
  • Songjoo Oh
    セッションID: O2-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    Intention is known to crucially influence perceptual reversal. How does it work in daily life? To tap this question, a pair of real eyeglasses, ambiguous in their perspective, were presented, and observers were either informed of the reversibility or not, for 60 s monocularly. The results showed that, when in the direction that the lenses were further away than the legs, more observers with intention achieved the reversal. However, when viewed in the opposite direction, most observers failed regardless of intention. Interestingly, across both viewing conditions, most observers? initial organization was the direction that the lenses were nearer, which was suspected more familiar. That is, only when the initial organization was conflict with the veridical organization, observers intention was effective for the reversal, suggesting that the role of intention might be minimal in a real world, rather the relationship between the initial and veridical organizations is more important.
  • JEOUNGHOON KIM, JUNG-AH WOO
    セッションID: O2-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    Considerable evidence has been accumulating that the human visual system has special sensitivity for the radial frequency (RF) patterns, which are deformations of circles defined by sinusoidal modulation of the radius in polar coordinates. RF information plays a critical role in combining retinal images analyzed by the early local linear filters into complex patterns such as faces. Faces are special for the human visual system and they have been in the forefront of art as well. We have archived artworks of representative Korean modern painters and extracted their distinctive styles with respect to RF information of faces in paintings. We then applied these quantitatively defined artists? signatures to authentication of questionable artworks. The results of a scientific approach based on the characteristic of human visual information processing to connoisseurship will be presented. In addition, cognitive evaluation of Korean modern paintings will be discussed with a visual aesthetic viewpoint.
  • 劉 涛, 齋藤 洋典
    セッションID: O2-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    We used functional near-infrared spectroscopy (NIRS) to investigate the role of the prefrontal cortex (PFC) on unexpected events during simulated driving. The subjects were instructed to respond to a verbal turning-command and to change the driving route immediately (Route-change condition). Compared with the baseline condition (Route-fixed condition), subjects showed greater oxy-hemoglobin concentrations in their left prefrontal cortex. And the first experimental trial under Route-change condition showed greater oxy-hemoglobin concentrations in the left and right hemispheres. The results imply that PFC is involved in unexpected events and the first time of salience stimulus has the most significant effect on PFC.
  • Sojeong Yoon, Sungryong Koh
    セッションID: O2-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    It has been debated whether the effect of age of acquisition (AoA) can be explained by word frequency. Zevin and Seidenberg (2002) reported that the AoA effects observed in previous studies would be confounded with the cumulative frequency. On the other hand, some studies reported the effects of AoA using naming, lexical decision, and eyetracking (Juhaz & Rayner, 2006) and have discussed its locus. This study examined whether there would be independent AoA effects and also explored its locus using equi-biased homophones in Korean. In Experiment 1, after collecting the data of age of acquisition and subjective frequency of 1105 noun words with the assumption that subjective frequency would reflect the cumulative frequency well, we constructed the sentences with early and late acquired target words closely matched in subjective frequency. We found that the durations for first fixation, single fixation and gaze were shorter in early acquired words than in late acquired words. In Experiment 2, participants read sentences with high and low frequency words closely matched in AoA. We found that there was no difference between high-frequency and low-frequency words. In Experiment 3, we explored the semantic locus of AoA effect with equi-biased homophones, assuming that the early acquired meaning of a homophone would be more accessible than the late acquired meaning even if the two meanings are equally frequently used. We manipulated the meaning ambiguity (ambiguous vs. unambiguous) of a word and followed it with a word that disambiguated toward (the early acquired meaning vs. the late acquired meaning). The disambiguating word (eopche-ga) related to the early acquired meaning followed the homophone in (1a), and the unambiguous control word in (1b). The disambiguation word related to the late acquired meaning followed the homophone in (1c), and the unambiguous control word in (1d). We found that the go-past times of the disambiguating word in (1a) and (1b) were not different but the go-past times of the disambiguating word in (1c) were longer than in (1d). These results suggest that AoA would be an independent factor and its effect seems to occur at the semantic level.
口頭発表3(感情・記憶)
  • 布井 雅人, 吉川 左紀子
    セッションID: O3-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    我々は他者から多くの影響を受けている.事物に対する選好判断では,人の視線が向けられた対象がそうでない対象よりも好まれることが知られている.本研究では,視線を向ける人の「数」が日用物品に対する選好判断に及ぼす影響を検討した.実験では,4人の顔写真とターゲット(日用物品)が対呈示され,ターゲットに視線を向ける人数が操作された(4人,2人,1人).その結果,視線を向ける人の数が選好に影響することが確認され,4人から視線を向けられたターゲットがより好まれた.また,視線を向ける人が全て同じ人物(同じ顔写真)の場合には,このような効果は見られなかった.これらより選好判断におよぼす人数の効果は,知覚される視線量の違いによるターゲットへの注意の程度の差を反映しているものではなく,ターゲットに関心を示す人物の多寡という人数情報が,知覚者自身の選好判断に利用された結果であると考えられる.
  • 石井 紀之
    セッションID: O3-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究ではポジティブ感情が認知的柔軟性を促進するか、また、その効果がエフォートフル・コントロール(EC)の個人差によって調整されるかについて検討した。タスクスイッチ手続きにおいて観察されるスイッチコストを認知的柔軟性の指標として用い、感情喚起の手続きとして課題遂行時に画像呈示を行った(ポジティブ、ネガティブ、ニュートラル画像呈示ブロックを設定した)。認知課題遂行後に成人用EC尺度(山形ら、2005)への回答を求めた。ポジティブ感情ブロックではスイッチコストの減少が観察された。また、ポジティブ感情ブロックにおけるスイッチコストとEC得点との間に負の相関が確認され、EC得点が高いほどポジティブ感情喚起による柔軟性の促進効果が大きいという関係が示された。この結果は、感情が日常の注意制御に影響を与えていることを示唆し、EC尺度で測定される注意制御の自己認知にはそれが反映されていることを示唆している。
  • 中嶋 智史, 森本 裕子, 吉川 左紀子
    セッションID: O3-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    従来,顔の記憶研究においては,示差性など顔の形態的特性が重要視されてきた.しかし,顔は単に物体としてではなく,社会的な関係性においても重要な刺激であり,知覚者の心理特性や置かれた状況によって記憶する対象は変化すると考えられる.本研究では,暗闇と参加者の不安特性が顔の記憶に影響するかを検討した.実験では,実験室の照明の有無を操作し,参加者に怒り顔,笑顔,真顔の顔写真を呈示し,再認成績を測定した.実験の結果,暗闇条件においては不安が高いほど怒り表情の再認成績が低下した.一方,他の表情では不安の効果は見られなかった.また照明条件ではいずれの表情においても不安の効果は見られなかった.このことから,高不安者は脅威的な状況におかれた場合,脅威的な他者の記憶が阻害されることが示唆される.
  • 本間 喜子, 川口 潤
    セッションID: O3-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    ネガティブ刺激はニュートラル刺激と比べて,繰り返し思い出すことによる促進効果と繰り返し思い出さないことによる抑制効果が大きい。感情価だけでなく覚醒度も影響するのかどうかを検討するため,本研究では覚醒度を実験参加者内要因として操作した。実験参加者は3つの覚醒水準 (高・中・低) からなる単語対を学習した後,手がかり語が提示され,対になっていたターゲット語を思い出す (Think条件),あるいは繰り返し思い出さないよう (No-Think条件) 教示された。最後に,全てのターゲット語を思い出した。その結果,Think条件では全ての覚醒水準において促進効果がみられたが,覚醒度による違いは生じなかった。一方,No-Think条件では抑制効果は認められず,覚醒度による違いも生じなかった。これらの結果から,記憶の検索コントロールに対して覚醒度は影響しない可能性が示唆された。
  • 石川 晋, 松田 憲, 田中 大介, 長 篤志, 三池 秀敏
    セッションID: O3-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,潜在学習における長期的学習スケジュールによる知識形成と,刺激の呈示傾向が,単純接触効果に及ぼす影響について,人工文法学習課題を用いて検討を行った.実験では,学習フェーズで文法文字列の呈示傾向を操作ながら参加者に呈示した.テストフェーズで新奇の文法文字列と非文法文字列を呈示し,その文字列に対する好意度判断と文法判断を行わせた.実験の結果は,呈示傾向の操作による好意度の変化は見られなかった.また,文字列の文字数によって文法判断評定値が異なっていた.これらのことから,文字列の過度の呈示によって,各呈示傾向条件における文字列に対する好意度が飽和した(天井効果)可能性があった.また,規則性の判断において,他の文字列と重複しているパターンが,反復呈示により加算的に重み付けられて,接触頻度の高かったパターンとの類似度による判断が行われている可能性があった.
  • Revelation effectのメカニズム解明
    三浦  大志, 伊東  裕司
    セッションID: O3-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    Revelation effectは,再認刺激が認知的な処理を要する課題によって先行される時,その刺激をより「old」であると判断しやすい効果である.そのメカニズムの解明を目指し,Revelation effectが生起するかどうかを4つの認知課題を用いて検討した.実験1ではアナグラム課題,解けないアナグラム課題がともにRevelation effectを生起させた.実験2では視覚探索課題はRevelation effectを生起させなかった.実験3では構音抑制課題がRevelation effectを生起させた.Revelation effectの生起には「解けた」という感覚は重要ではなく,「作動記憶を消費するような課題に取り組むこと」が重要であるという示唆が得られた.これらの結果から,認知課題による作動記憶の消費が判断基準を緩い方向にシフトさせることが原因で生起する,というメカニズムが支持さ れた.
口頭発表4(動作・行為)
  • 山本 真史, 藤井 進也, 山下 大地, 小田 伸午
    セッションID: O4-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    橋本ら(1995)や斉藤ら(1996)は,被験者に各自が快適と感じるペースで走行や歩行運動をさせたところ,「快感情」が運動前後で有意に増加することを示した.本研究では,労働で度々みられる系列的な上肢到達把持運動の前後で「快感情」が増加するかを調べた.被験者は30分間の安静座位後,系列上肢到達把持運動を快適自己ペースで10ブロック行い,その後30分間の安静座位を行った.感情の測定には,橋本ら(1995)が作成した感情尺度(MCL-3;Mood Check List-3)を用いた.「快感情」について,繰り返しのある一元配置分散分析を行った結果,有意な主効果が得られた(p<0.05).さらに多重比較検定の結果,ブロック1,2および3後に測定した「快感情」の得点が,運動前の安静後に比べて有意に高い値を示した(p<0.05).結果から,系列的な上肢到達把持運動において「快感情」が増加することが示唆される.
  • 河瀬 諭, 望月 愛
    セッションID: O4-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究の目的は、アンサンブル演奏において視覚情報、特に視線行動がタイミング調整に与える影響について検討することである。手続きとして、ピアノデュオ演奏のタイミングのずれを、視覚情報を様々に制限して計測した。実験参加者はプロを含む熟達したピアノ演奏者6名(3組)であり、実験は大阪大学人間科学研究科の防音室で行われた。実験の結果、視覚的手がかりを少しでも使用できる条件では、共演者が見えない条件に比べて、タイミングのずれが小さくなった。このことから、視覚情報はアンサンブル演奏でのタイミング調整に寄与することが示された。また、クラスター分析の結果、対面での演奏と、頭部を除く上肢のみ見える条件でのずれのパターンが類似していた。従って、実際の演奏におけるタイミング調整では、上肢の視覚的手がかりが用いられていることが推測される。
  • 共同視聴場面における主観的評価と行動の分析
    南部 美砂子, 林 佑美
    セッションID: O4-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,笑い行動の社会的側面について検討するため,初対面の他者とともに映像を視聴する実験を行った.予備調査の結果から,セルフモニタリング得点の高/低群として12名ずつを選抜し,それぞれ実験協力者が同席する状況で笑いを誘発する内容の映像を3本視聴した.最初の1本は練習試行であり,あとの2本は,同席者の反応がまったくない条件と,笑ったり身を乗り出すといったポジティブな反応を示す条件のもとで視聴し,1試行ごとに映像の評価と印象について評定を行った.視聴中の行動と視聴後の評定を分析した結果,セルフモニタリングの高い人は同席者がポジティブ反応を示す条件で声に出す笑いを増加させるが,その一方で,映像の印象評定は変化しないことなどが明らかになった.これらの結果から,笑い行動が対話方略として用いられることや,セルフモニタリングが場の空気を読み行動を調節する力と関係していることが示唆された.
  • 高山 智行, 仲島 将
    セッションID: O4-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    課題遂行前に与えられるユーモア刺激のタイプが,課題遂行やその時の生理反応に及ぼす影響を検討した。まず,予備実験において,8名の大学生が20作品の4コマ漫画を,遊技的ユーモアあるいは攻撃的ユーモアと感知する程度について評定した。本実験では,それぞれのタイプのユーモアを高く感知する漫画各8作品を刺激材料として,漫画閲覧前後の脳波と,閲覧後の単純作業の成績を測定した。その結果,両タイプの材料は「おかしさ」の評価自体には違いが認められず,4コマ漫画閲覧後のα波含有率に関しても,ユーモアのタイプによる違いは認められなかった。しかし,「おかしさ」の評価と課題遂行との関係について,攻撃的ユーモアを表す4コマ漫画に対してのみ,「おかしさ」の評価が高くなるほど課題の遂行量が増加する傾向が認められた。α波含有率と課題遂行との関係は明確でなかったが,攻撃的ユーモアによる活性水準の増加が示唆される。
  • 伊藤 万利子, 三嶋 博之, 佐々木 正人
    セッションID: O4-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では、けん玉の技の一つであるふりけんの事例を通して、視覚―運動スキルを必要とする動作における姿勢調整について検討した。実験では、けん玉の熟練者4名と初心者4名にふりけんを200試行行ってもらった。ふりけん動作時の実験参加者の身体運動(頭部、膝)と玉の運動は、3次元動作解析装置によって記録された。分析によると、頭部・膝の運動ともに熟練者群のほうが初心者群よりも大きかったが、熟練者の運動のほうがより玉の運動と協調していた。特に各ふりけん試行の最終時点に注目すると、熟練者群のほうが初心者群よりも頭部運動と玉の運動のカップリングは強かったが、膝の運動と玉の運動とのカップリングの強さは両群で変わらなかった。以上の結果から、熟練者群では運動する玉に対して頭部が動的に協調するように姿勢を調整していたのに対し、初心者群では玉に対して頭部を静的に安定させた姿勢でふりけんを行っていたと考えられる。
  • 浅井 智久, 毛 竹, 丹野 義彦
    セッションID: O4-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    ラバーハンドイリュージョン(RHI)とは,ゴム手に対する触刺激を観察するのと同時に被験者に同様の触刺激を与え続けると,呈示されたゴム手がまるで自分自身の手のように感じ,自己手の主観的位置が移動する錯覚現象である。先行研究では,統合失調症患者ではこのRHIが起きやすいことが報告されており,統合失調症の自他帰属障害がRHIに表れる可能性が示唆されている。そこで本研究では,統合失調症症状と類似した体験をしやすい健常者の中でのパーソナリティである「統合失調型パーソナリティ」とRHIの関係について検討した。その結果,先行研究と同様に統合失調型パーソナリティ傾向が高くなるにつれてRHIが起きやすくなることが示された。
口頭発表5(社会・コミュニケーション)
  • 柴田 寛, 乾 敏郎
    セッションID: O5-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    自他で物体の見えが異なるときの動作選択に関与する脳活動をfMRIにより調べた。実験協力者には、他者の要求に応じて明るさの異なる3つの円筒の中からひとつを手渡す映像を観察して、その要求に対する動作の適切さを判断するよう求めた。遮蔽物を入れることにより、他者からは円筒が2つしか見えない場面を設定した。実験協力者には他者視点から要求(どれを渡すべきか)を解釈するよう教示した。自他の視点で要求の解釈が一致しない条件(不一致>一致)では、右側頭頭頂接合部、左右下前頭回、楔前部などの活動領域が見られた。適切な動作選択に限った不一致>一致の分析では、右背外側前頭前皮質、左右側頭極などでの活動領域が見られた。以上のことは、他者の要求に応じて適切な動作を選択する際には、自己視点からの要求の解釈が基本であり、必要に応じて他者視点を取得して、自己視点で解釈した動作選択の予測を抑制する処理が行われることを示唆する。
  • 上田 真由子, 久保田 敏裕, 沖 覚, 臼井 伸之介
    セッションID: O5-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では、直接関係のない鉄道無線(以下,無線)を提示した後の鉄道運転士(以下,運転士)の注意特性を検討した。実験参加者である運転士は、列車運転を模した3種類の視覚課題(信号監視・トラッキング・暗算)を行う必要があった.また,課題遂行中,一時的に短い無線が提示されていた.その結果、信号監視課題において,重要度が高い無線を提示した後の無音状態になった際,その提示した無線が先行情報(自分よりも先の列車に対する無線)だった場合には,後行情報(自分よりも後ろの列車に対する無線)だった場合よりも有意に反応が速くなることが明らかとなった.これは,重要度の高い無線の中でも、特に自身の運転に支障が生じる可能性が高い先行情報を聞いた後には,近い未来に生じるであろう事象発生を予想し,覚醒水準を上昇させ,その結果,利用できる注意資源を増大させる特性を運転士が持つ可能性を示唆している.
  • ―クチコミサイトにおける活動を通して―
    久保 潤也, 南部 美砂子
    セッションID: O5-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
     本研究では,近年急速に成長を遂げている消費者形成型メディアの「クチコミサイト」を題材として,ウェブにおける情報探索活動と心理的特性の関係について分析を行った.大学生278名を対象として,レビュー情報閲覧のジャンルや目的,ならびに曖昧さ耐性・自己認識欲求・基本的信頼感・インターネット依存度などの個人特性に関する質問紙調査を実施した.その結果,基本的信頼感が高い者は,レビュアーの個性が反映されるような,実体験の情報(レビュー)を求めて情報探索をしていることが示された.さらに,曖昧さ耐性が低い者は,機能や使いやすさといった客観的情報だけでなく,安心や納得などの心理的な安定を得るために情報探索をしていることが示された.これらの結果から,クチコミサイトにおけるレビュー情報は,購買などの意思決定のためだけでなく,閲覧者の心理的特性に応じて多様な情報資源としての役割を果たしていることが明らかとなった.
  • トイレマークの認知におけるストループ様効果の比較文化的検討
    北神 慎司, 菅 さやか, KIM Heejung, 米田 英嗣, 宮本 百合
    セッションID: O5-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    北神ら(2009, 認知心)では,日本人を対象として,ストループ様課題を用いて,トイレマークの認知に,色や形がどのような影響を及ぼすかを検討している.その結果,赤やピンクの男性マークや,青や黒の女性マークにおいてストループ様干渉が起こることが示された.つまり,日本人にとって,トイレのマークを認知する際,色情報が非常に重要であることが示唆されている.それでは,色によって,トイレの男女を区別する文化がない場合,ストループ様干渉は生じないのだろうか.本研究では,アメリカ人の大学生を対象として,ストループ様課題を用いて,トイレマークの認知に,色や形がどのような影響を及ぼすかを検討した.その結果,アメリカ人においても,ピンクで彩色された男性マークにおいて,ストループ様干渉が示された.先行研究の結果と併せて,これらの結果は,色のジェンダー・ステレオタイプという観点から考察された.
  • 安藤 満代, 箱田 裕司, 北島 知佳
    セッションID: O5-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    画像に新たな特徴が加えられた追加変化と、画像から特徴が削除された削除変化の再認では、追加変化が有意な非対称性効果がみられていたが、情動が喚起される猫の画像の場合は、逆の削除変化が優位な効果がみられた。そこで、今回人形画像を用いて情動と非対称性の関係を調べた。大学生30名が再認実験を受け、別の大学生15名が同じ画像への印象評定を違和感共感尺度を用いて行った。その結果、人形画像では,全体的には削除優位の非対称性はみられなかったが,「足」と「顔」という特徴の再認では削除優位であった。さらに,印象評定では,削除変化が追加変化よりも一貫して「あわれみ」因子が高く,削除変化が優位な再認には,「あわれみ」という情動が喚起されることが影響していることが示唆された。変化する特徴の種類によって喚起される情動が異なる点において,人形画像は非対称的混同効果の現れ方が他の画像とは異なっていると考えられる。
  • 安達 悠子, 臼井 伸之介
    セッションID: O5-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    違反の生起要因の一つに,違反への潜在的態度があると考えられる。その測定手法として潜在的連合テスト(Implicit Association Test:IAT)に着目し,看護業務における違反への潜在的態度を測定するIATの作成を試みた。IATは,プライミングと反応速度の測定を利用した手法である。本研究では,「点滴の作り置き」等の違反と「わるい」や「不快」等の単語とに同じ反応を求めるブロックと,違反と「よい」や「快」等の単語とに同じ反応を求めるブロックを実施し,相対的に前者の反応が速いほど違反への潜在的態度が強いと判断した。このIATと医療従事者の安全に対する態度尺度(神薗, 2000)を看護学科の大学生71名に実施し,作成したIATの妥当性と信頼性を検討した。その結果,IATのブロック間の反応時間の差からツールとしての構成概念妥当性が示された。また,試行間のばらつきから信頼性(内的一貫性)が示された。IATを得点化したIAT得点と神薗(2000)の因子との前に有意な相関が見られたことから,基準関連妥当性も示された。
口頭発表6(言語・推論・意思決定)
  • 岩渕 俊樹, 大庭 真人, 乾 敏郎, 小川 健二
    セッションID: O6-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,我々が文を産出する時はイメージ中で視点を置いた対象を主語とし,一方で文を理解する時には主語の視点を利用してイメージを形成していくという仮説を立てて実験を行った.実験において,被験者はまずイベント画像を観察しながら,指定された対象を主語としてその状況を内言した.冒頭の仮説に従えば,この内言の主語と続けて提示される文刺激の主語が一致しない場合には視点変換が生じる.この実験中の脳活動をfMRIで計測した結果,視点変換を要する条件では左上頭頂小葉から楔前部にまたがる領域で活動が増加した.また我々の先行研究から右背外側前頭前野が文理解における視点変換に関与する可能性が示唆されていたが,本実験でも視点変換を要する条件において同領域での活動増加が有意傾向であった.以上から,文のイメージが頭頂領域に形成され,そのイメージにおける視点変換に右背外側前頭前野が関与していると考えられる.
  • 二瀬 由理, 小野 陽子
    セッションID: O6-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
     近年、大学生の学力低下の問題が大きな社会問題になっている。特に、数学嫌いな学生の増加、数学的思考力の低下は忌忌しき問題である。現在の大学生は何故数学が苦手なのだろうか?実は数学的思考力以前に、もっと基本的な能力に問題があるのではないだろうか。そこで、本研究では、まず大学生の読解能力に焦点を当て、文章読解過程のどの段階で問題を有しているのか分析することを目的とした。具体的には、難易度の異なる2種類の文章を学生に読ませ、学生が理解する過程をビデオに撮影し、実際に何が問題で理解できないのか、理解できる学生と理解できない学生でそのストラテジに差があるのか分析した。
  • 伊藤 朋子
    セッションID: O6-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    ベイズ型推論課題では,問われている条件付確率P(B|A)を連言確率P(A&B)と混同する連言確率解が頑強に出現する。本研究では「ガン検診確率ランクづけ課題」という有意味文脈課題を集団形式で大学生に出題し,確率が大きいと思われる順にP(陽性|ガン),P(ガン&陽性),P(ガン|陽性)に番号をつけさせた。正判断者(P(陽性|ガン)>P(ガン|陽性)>P(ガン&陽性))は25%で,38%がP(陽性|ガン)とP(ガン&陽性)を同一順位とみなし認知的浮動(中垣, 2006)(条件付確率と連言確率の解釈上の混同)を起こしていた。本結果は「ベイズ型くじびき課題」で約4割の大学生が連言確率解で解答していたこと(伊藤, 2008)と整合的であるように思われる。本稿の課題は必ずしもベイズ型推論課題のように確率量化を要求する課題ではなかったが,解釈のレベルで既に条件付確率と連言確率を同一視している可能性が示された。
  • 森島 泰則
    セッションID: O6-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    第二言語読解では,第一言語に比べ意味抽出や構文解析などの低次言語処理の認知的負荷が大きいとされる.とすれば,推論などの高次処理に供すべき認知資源が制限されると考えられる.本研究では日本人中級英語学習者を対象に実験を行った.8文で構成される英文を用意し,第6文に対して前半部分4文に矛盾が含まれる条件とそうでない条件を設定した.第5文はフィラー文である.実験1で日本人中級英語学習者を対象に第6文の読み時間を計測したところ,条件間に有意差はなく,矛盾検知は示唆されなかった.そこで,実験文から第5文を除いたところ,矛盾条件の第6文の読み時間が,内容一致条件より有意に長くなるという結果を得,矛盾検知が示唆された. このことから,文章中の矛盾の検知は矛盾する文が互いに前後して現れる場合に限られると考えられ,中級英語学習者が読解中に検索できる記憶量は処理中の文の直前の一文程度であると示唆された.
  • 豊田 弘司
    セッションID: O6-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
     大学生を参加者とする偶発記憶手続きを用いた集団実験によって,記銘語対を選択する際の選択規準を教示によって明確にすることによる効果を検討した。方向づけ課題では記銘語対においてより快もしくは不快なエピソードを喚起する記銘語を選択するように求める自己選択条件と,実験者が選択した記銘語に対して参加者がその判断と同じかどうかを選択するように求める強制選択条件を設けた。直後の偶発再生率を比較した結果,快語と不快語による記銘語対ではいずれの教示によっても自己選択効果が出現し,不快語同士の記銘語対において,教示(より快なエピソードを喚起する記銘語を選択するか,より不快なエピソードを喚起する記銘語を選択するか)によって,自己選択効果の出現が規定されることが示された。この結果は,記銘語対を選択する際の選択規準を明確化することによって自己選択効果が規定されるという統合仮説からの予想を支持した。
  • 森川 和則, 片岡 咲
    セッションID: O6-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    制御幻想とは、偶然によって決まり制御できない事象をある程度自分の意思や行動でコントロールできると思いこむ認知錯覚であり、一般にギャンブルの状況で現れるとされる。ギャンブルを用いた先行研究のほとんどではまだ起こっていない一回限りの賭けで賭け金の大きさを従属変数としてきた。また、まだ起こっていない事象に対する予期的な制御幻想と、すでに起こった事象に対する回顧的制御幻想とは別々のパラダイムで研究されてきた。これに対し、本研究では、より現実的な反復ギャンブル状況(ルーレット)を用い、ギャンブルから得られる満足感と予期的制御幻想および回顧的制御幻想を同じパラダイムで研究した。実験ではコンピュータ上でルーレットゲームを作成し、回転するボールが減速し始めるタイミングを参加者が手動で決定できる条件とコンピュータが自動的に決定する条件とで満足感と制御幻想を測定した。手動条件で強力な制御幻想が生じた。
口頭発表7(知覚・感性)
  • 本物らしさを定義する時空間情報
    寺本 渉, 吉田 和博, 日高 聡太, 浅井 暢子, 行場 次朗, 坂本 修一, 岩谷 幸雄, 鈴木 陽一
    セッションID: O7-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    背景的・空間的な「場」の本物らしさに関係する臨場感はよく取り上げられるが、場面の印象にとって重要な前景的要素(対象や事象など)の本物らしさを表す感性については検討されていない。本研究では,この前景的要素の本物らしさに対応する感性を「迫真性」と定義し,臨場感との比較を通じて,その時空間特性を検討した。まず,「鹿威し」がある庭園風景を素材とし、その提示視野角と背景音の音圧レベルを操作した。その結果、臨場感は視野角も音圧も大きいほど高まるが,迫真性は視野角が中程度,背景音が実物と同じ場合に最も高くなることがわかった。次に,鹿威しの打叩映像と打叩音の時間ずれを操作した結果,臨場感は音が映像に先行しても高く維持されるのに対し,迫真性は音が映像に対して遅れても維持された。以上の結果は,臨場感と迫真性は異なる時空間情報によって創出される独立した感性であることを示唆する。
  • 本間 元康, 小山 慎一, 長田 佳久, 金 吉晴, 栗山 健一
    セッションID: O7-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    自己顔をネガティブな方向に認知するバイアスは醜形症研究の中で報告されているが、健常者における顔認知バイアスは示されていない。本研究では、顔のパーツ位置をどの程度正確に配置することができるか、自己顔、友達顔、他人顔で調べた。写真を見ながら配置する統制群と比較した結果、顔の種類に関わらず、顔を再現する精度はかなり低いことが示された。さらに、理想顔に配置させる課題を行わせた結果、最初に配置した顔は理想顔に近い位置であることが分かった。健常者は、自己顔だけでなく他人顔においても、顔を理想方向にずらすバイアスをもっていると考えられる。醜形症患者では、自己顔だけをネガティブな方向にずらしてしまう顔認知バイアスが、様々な障害を引き起こしているのかも知れない。
  • 松田 憲, 黒川 正弘, 興梠 盛剛, 楠見 孝
    セッションID: O7-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は物体運動が複雑,生物的な運動をすることで観察者が能動的に注視し,gaze cascade効果が生じるかを検討した。実験1は対象の運動の方向変化回数(1回,3回,7回)と変化タイミング(一定,ランダム),実験2では実験1の要因に加速度(加速,減速,加減速混合)を加えて,それらが参加者の対象評価に及ぼす影響を調べた。16名ずつの参加者には,運動する黒縁の円を8秒間呈示したあと,円の動きについて6尺度(面白さ,好意度,複雑性,生物性,関心度,印象度)を7段階で評定するよう求めた。実験の結果,加速度を加えた実験2のほうが実験1に比べて各要因の複雑性,生物性,好意度の上昇傾向が大きかった。刺激への能動性の尺度とした関心度については,実験1では変化回数でのみ影響がみられたが,実験2では他の2要因でも影響がみられた。すなわち,物体運動の複雑性,生物性の上昇が能動的視覚探査を喚起させ,gaze cascade効果を発生させたと考えられる。
  • 朝倉 暢彦, 乾 敏郎
    セッションID: O7-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    物体の心的回転において,物体固有の参照枠あるいは環境中心の参照枠が重要な役割を果たすことが知られている.本研究では,同様な空間参照枠の効果が仮現運動知覚においても存在するかを検討した.回転軸が曖昧で,可能な回転軸として最小回転を実現する物体固有の回転軸とともに垂直あるいは水平の環境軸が含まれる仮現運動系列を刺激とし,知覚される3次元回転運動の回転軸を測定した.その結果,回転角度が小さい場合は物体固有軸回りの最小回転が優勢に知覚されるのに対し,回転角度が大きくなると環境軸がより優勢に知覚され,その効果は水平軸より垂直軸の方が多大であった.さらに,この結果が,各参照枠で生じる運動の因果モデルに対するモデル選択過程として,ベイズ決定理論の枠組みで説明できることを確認した.本研究は,仮現運動知覚において空間参照枠がベイズ的に最適な形で選択され,知覚される運動が決定されることを示唆している.
  • 感動に関わる聴取者の身体反応と情動の関係性
    安田 晶子
    セッションID: O7-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    多くの人が経験する音楽聴取による感動の生起メカニズムの一端を明らかにするため,以前の研究では,感動と身体反応の関係性を検討した。その結果,音楽聴取による感動と複数の身体反応が複合的に関係していることが示唆された。また感動と情動の関係を検討したところ,音楽聴取による感動には複数の情動が複合的に関わることが示された(安田, 2009)。しかし先行研究において感動との関連が見られた身体反応と情動が,互いにどのような関係性にあるのかについては,これまで明らかではなかった。そこで本研究では,感動,身体反応,情動の三者の関係性を明らかにすることを目指した。結果,音楽聴取による感動には,2つの因子が関わっていることがわかった。一つ目の因子は,情動の覚醒的側面と身体反応からなる因子であり,もう一つの因子は誘意性情動からなる因子であった。
  • 顔と声による情動認知の文化間比較
    田中 章浩, 小泉 愛, 今井 久登, 平本 絵里子, 平松 沙織, de Gelder Beatrice
    セッションID: O7-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    情動認知の文化差に関しては、顔の表情を用いた研究を中心に検討が進められてきた。しかし、現実場面での情動認知は、視覚・聴覚などから得られる多感覚情報に基づいておこなわれている。そこで本研究では、顔と声による多感覚情動認知の文化差について検討した。実験では日本人およびオランダ人の学生を対象に、情動を表出した顔と声のペア動画を提示した。顔と声が表す情動が一致している条件と不一致の条件を設けた。声を無視して顔から情動を判断する顔課題と、顔を無視して声から情動を判断する声課題の2種類を実施した。実験の結果、オランダ人と比べて日本人被験者では、顔課題における不一致声の影響が大きく、声課題における不一致顔の影響が小さかった。この結果は、日本人は多感覚情報に基づいて情動を認知する際に、声にウェイトを置いた判断を自動的におこなっていることを示唆している。
口頭発表8(発達・加齢)
  • 竹村 尚大, 乾 敏郎
    セッションID: O8-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    幼児はコミュニケーションにおいて、物体に対して指差しを行って参照や注意の喚起を促す。このような行為は生後1年までに発達するが、その発達メカニズムは明らかになっていない。指差しは幼児の要求が記号化されたものだと考えられるが、その要求の発現としては届かない物体への到達運動が挙げられる。これまで、我々は、幼児が手のランダムな運動を視覚的に観察することのみで、手の運動の視覚-運動順逆変換およびその変換を用いたフィードバック制御が獲得されるモデルを提案した。本研究では、手の視覚的位置を、粗い選択性を持つニューロンによりコードすることで、提案モデルを用いて届かない目標への到達運動が発現するシミュレーションを行う。学習時には明示的に目標を設定していないにも関わらず、本モデルでは、届かない位置の視覚入力も到達目標となり途中まで到達運動を行う。これは、要求の発現であり、指差しの基礎となると思われる。
  • 小学校高学年における検討
    小松 佐穂子, 箱田 裕司, 中村 知靖
    セッションID: O8-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    自分や他者の情動を認知したり,コントロールしたりする能力をEI (Emotional Intelligence;情動性知能)という。先行研究においては,成人を対象に,EI能力と,ストレスに対するコーピング能力,表情認知能力との関係が検討されている。そこで本研究では,小学校5年生を対象に,EI質問紙,ストレスコーピング質問紙,表情認知テストを実施し,小学生のEI,コーピングおよび表情認知能力の関係について検討した。
  • Williams症候群と健常児のちがい
    永井 知代子, 乾 敏郎, 岩田 誠
    セッションID: O8-3
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    模写を正しく遂行するには,描画空間を適切に決定する必要がある.幼児では見本図形の上に描いたり次第に近づいていくclosing-in現象(CIP)がみられ,発達とともに消えていくとされる.この現象は脳損傷により視空間認知障害をきたした成人にもみられるが,見本と自己描画の見比べに必要な視覚走査機能の未成熟・障害が関わると考えられる.そこで,視空間認知障害のある平均18歳のWilliams症候群(WS)患者10人と,健常4-6歳児20人に,自分の描いた描線が見えない(見比べができない)条件下で四角~六角形を模写した場合の,正解率と見本‐描画距離(D)を比較した.その結果,WSは4歳児よりも正解率が低くDは小さかった.両群とも正解率とDは相関し,正解できないほどCIPが出やすい傾向がみられた.しかし,健常児では年齢や描画能力示標とDに相関がみられたのに対しWSではDは何とも相関せず,見比べを必要としない心的操作レベルでもCIPが出やすくなる要因があると考えられた.
  • 数字選択課題による検討
    原田 悦子, 浅野 昭祐, 須藤 智, ハッシャー リン
    セッションID: O8-4
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    近年,認知的制御として課題切替が注目され,局所的課題切替負荷には加齢効果が少なく,総体的課題切替負荷に加齢効果が現れるとされる.本研究は日英二言語環境で行った可変型課題切換タスク・数字選択課題における正答試行の反応時間について,選択属性次元(数の大きさvs形の大きさ),2次元間の大小一致(適合性)の有無(一致vs不一致)に加え,局所的課題切替の有無(直前試行からの課題切替の有無)の効果を検討した.その結果,若年成人では,数の大きさの判断(非優先属性の判断)を求められた場合に切替条件の方が非切替条件よりも反応時間が短い促進効果を示した.高齢者にはそうした現象は見られず,「より効率的な制御方略」が利用困難になるという形の知的加齢効果の存在が示された.加えて日本語圏では適合性効果が常にあるのに対し,英語圏では形の大きさ判断のみに見られる使用言語による結果も示された.加齢効果と言語依存性の関係を含め議論を行う.
  • 一時不停止への影響の検討
    高原 美和, 國分 三輝, 梅村 祥之, 武市 芳才, 和田 隆広, 土居 俊一
    セッションID: O8-5
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,高齢者の一時不停止における「標識があると思わず,見落とす」という現象を説明するため“展望的記憶”に注目した.実験では一時停止標識探索の手がかりとして交差点の見通しと標識の顕著性を用いて,見落とし率の年齢差を比較した.On-goingタスクとして変化検出課題を遂行させ,展望的記憶(PM)タスクとして,変化検出課題内画像にまれに含まれる一時停止標識に対してキー押し反応をさせた.PMタスクの見落とし率は若年者よりも高齢者で有意に高かった.特に高齢者は,交差点の見通しが良く一時停止標識が1つだけ呈示された画像での見落とし率は,後半のセット程高くなった.本研究より,交差点事故の一因である一時停止の見落としには,展望的記憶の加齢変化が関係していることが示された.今後は,実場面で手がかりとなる環境の特定と時間経過との関係が明らかにされる必要がある.
  • 券売機シミュレータの操作パフォーマンスと認知機能低下の関係
    須藤 智, 熊田 孝恒
    セッションID: O8-6
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    高齢者の情報機器の使いやすさに関与していると指摘(熊田・須藤・日比、2009)されている作動記憶、視覚的注意、プランニング機能の3機能を取り上げ、加齢に伴う認知機能の機能低下が情報機器の一つである券売機の操作パフォーマンスに及ぼす影響について検討した。高齢者の認知機能は、産総研式認知加齢検査(AIST-CAT)によって測定され、認知機能ごとに参加者は、機能低・高群に分けられ、各群の成績が2つの操作で比較された。その結果、視覚的注意機能とプランニング機能の低下は、両操作において操作時間の遅延、操作エラーを増加させた。しかし、作動記憶機能の低下は、両操作に対して影響を与えなかった。以上の結果から、認知機能低下の影響は、操作内容の単位で影響が異なることが示唆された。すなわち、高齢者の情報機器の操作上の問題は、単純な加齢による影響ではなく、加齢に伴う認知機能の低下が原因であると示唆される。
ポスター発表1(感情・感性・記憶・言語)
  • Jin-Hun Sohn, Heui Kyung Yang, Eun-Hye Jang, Ji-Eun Park, Ji-Hye Noh, ...
    セッションID: P1-1
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    In this study, we developed stimuli and questionnaires to create a protocol designed to evoke a variety of emotion. Seven audio-visual film clips (joy, sadness, anger, fear, disgust, surprise, stress) were selected and surveys were taken for the verification of the suitability and effectiveness of the selected stimulation set. Using this protocol, we conducted experiments over total of 5 times. During this process, we measured the following bio signals; GSR, ECG, PPG, SKT. To extract meaningful bio signal parameter, we analyzed them in each emotion between the baseline and emotional state for 30 seconds. Through this analysis, 26 meaningful parameters were extracted. For the pattern recognition against the above mentioned emotions with these parameters, we operated the neural network, a decision tree and the discriminant analysis. In conclusion, we have found the differences of the degree of accuracy among 3 kinds of emotion classifiers.
  • Relationship between facial electromyographic responses induced by humor and the level of depression among children
    Eun-Hye Jang, Young-Chang Lee, Junhyoung Heo, Jin-Hun Sohn
    セッションID: P1-2
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/09/01
    会議録・要旨集 フリー
    The purpose of this study was to examine the relationship between facial EMG responses induced by humor and depression. Before the experiment, 43 children (age: 12-13, male: 22) rated on depression scale in PIC of Korean version to measure depression. During the experiment, bilateral corrugator and orbicularis were measured before the presentation of the stimulus (60 sec) and during emotional state (120 sec). After the presentation of stimulus, participants rated emotions they had experienced on an emotion assessment scale. The 95.3% of the participants reported they had experienced humor and the reported intensity of experienced emotion was 3.81(5 points scale). Facial EMG showed a significant increase during the humor induction when compared to the baseline. And the result showed a negative correlation between right corrugator and the level of depression. This means that as the score goes higher in the depression scores during the humor state, the facial EMG activity becomes less.
feedback
Top