日本プライマリ・ケア連合学会誌
Online ISSN : 2187-2791
Print ISSN : 2185-2928
ISSN-L : 2185-2928
最新号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
Editorial
原著(研究)
  • 宇田 優子, 石塚 敏子, 稲垣 千文, 瀧口 徹
    2021 年 44 巻 3 号 p. 106-115
    発行日: 2021/09/20
    公開日: 2021/09/22
    ジャーナル フリー

    目的:神経内科診療所看護職(以下,神内診療所NS)の地域連携と個別対応の実施と地域包括ケア構築に関して神内診療所NSが考える課題を把握し,神内診療所NSの地域包括ケア構築に関わる基礎資料を得ること.神内診療所患者は長期通院し地域連携等を他科よりも実施していると考えた.

    方法:難病指定医療機関の神内診療所2,104の1/2の1,052神内診療所に郵送無記名自記式質問紙調査を2020年2月に実施した.

    結果:回収16.5%,有効回答15.5%,神内診療所NSによる地域連携は過去1年間で71.3%,個別対応は29.9%の実施で,医師が「関係者と連携した患者支援」「患者指導」を求める場合に多かった.自由記述では【地域医療を担う看護職の意識と能力の強化】【地域包括ケアを推進できる看護職の育成】等5カテゴリであった.

    結論:かかりつけ医機能と連動させた看護活動として地域連携や個別対応が必要である.

総説
  • 河田 祥吾, 岡田 唯男, 高橋 亮太, 鵜飼 万実子
    2021 年 44 巻 3 号 p. 116-127
    発行日: 2021/09/20
    公開日: 2021/09/22
    ジャーナル フリー

    メンタルヘルスをプライマリ・ケアへ統合することは,適切なケア,アウトカム改善,資源の適正利用などへ貢献し,世界的な潮流である.諸外国においては,プライマリ・ケアでのメンタルヘルス教育の開発がされてきたが,日本において家庭医への体系的な教育は十分でない.

    本稿では,家庭医養成で求められるメンタルヘルスのcompetencyを明らかとすることを目的にscoping reviewを行い,諸外国の教育カリキュラムなどをthematic analysisを用いて分析した.抽出されたcompetencyは,「プライマリ・ケアの一般的能力」「プライマリ・ケアにおけるメンタルヘルスの一般的能力」「プライマリ・ケアにおけるメンタルヘルスの特異的能力」に大別される包括的なものであった.本稿のデータを基に,日本の現状を踏まえたcompetency list作成やモデルカリキュラムの策定などが求められる.

活動報告
feedback
Top