音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
16 巻 , 3 号
選択された号の論文の54件中1~50を表示しています
表紙
研究論文
  • 藤本 雅子
    原稿種別: 本文
    2012 年 16 巻 3 号 p. 1-13
    発行日: 2012/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    Effects of consonantal environment and speech rate on vowel devoicing are examined from glottal opening patterns of an Osaka subject. Results demonstrated that for the initial consonant of /CVC/, the glottis widely opened both for stops and fricatives, which presumably facilitates devoicing. For the second consonant, the glottis widely opened for fricatives but not for stops. However, vocal fold vibration of the preceding vowel continued into the consonants only for fricatives. Thus, fricatives are likely to suppress devoicing in intervocalic position. For the consonant /h/, continuation of vocal fold vibration lasts until the end of the consonant, which will strongly suppress devoicing. A sequence of fricatives suppresses devoicing presumably due to faster glottal adduction for fricatives than stops. The distance of glottal openings between preceding and following consonants becomes shorter in fast speech, which may facilitate devoicing.
  • 天野 修一
    原稿種別: 本文
    2012 年 16 巻 3 号 p. 14-27
    発行日: 2012/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    英語の2音節名詞は第1音節に強勢を持つ語が大多数であり,2音節動詞は第2音節に強勢を持つ語が多い。このような傾向は語強勢の典型性と呼ばれる。先行研究ではゲーティング課題により,英語母語話者及び学習者が,典型的な強勢型の語を非典型的な強勢型の語よりも短い提示時間で認知することが示された。しかし,学習者の聴解力の影響など未検証の課題も残された。そこで本研究では,学習者の第一言語を日本語に統一し,聴解力上位群と下位群の比較を含めた再検証を行った。その結果,日本人英語学習者はやはり音声単語認知の際に語強勢を手掛かりとして利用しており,典型的な強勢型の語を非典型的な語よりも短い提示時間で認知することがわかった。また聴解力は典型性効果の度合いに影響を及ぼすことが明らかになった。
特集「京阪式アクセントと京阪系アクセント」
短信・情報
2011-2012 年度日本音声学会賞
第26回日本音声学会全国大会発表要旨
日本音声学会会則
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top