音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
18 巻 , 2 号
選択された号の論文の25件中1~25を表示しています
表紙
研究論文
  • 須藤 路子, 望月 明人, 伊藤 憲治, 桐野 衛二
    原稿種別: 本文
    2014 年 18 巻 2 号 p. 1-9
    発行日: 2014/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    本研究では,日本人大学生45名を被験者とし,第二言語習熟度に関連すると思われる社会認知能力と運動能力を検討した。具体的にはまず,英語習熟度をTOEICのリスニング,リーディングおよび合計スコアに加え,読解速度と語彙力により求めた。社会認知能力は,Baron-Cohenが開発した3種の社会性指標で求め,さらにワーキングメモリ容量を算出した。学習者の運動能力については,反復横跳び,垂直跳び,握力,長座体前屈,12分間走により,5種類の基本身体能力を測定した。検査課題で得られた英語習熟度と両能力の結果を相関解析した。社会認知能力に関し,男性では共感指数は語彙力と負の相関を示し,語彙力の高い学習者は対人関係に敏感でない傾向が示唆された。運動能力に関し,12分間走と垂直跳びが英語習熟度に関連していることから,第二言語習得に関し学習者は根気強さとエネルギーが必要であることを明らかにした。言語習熟度と他の能力との相互関係に,男女差が影響を与えている可能性も示唆した。
  • 藤本 雅子, 前川 喜久雄
    原稿種別: 本文
    2014 年 18 巻 2 号 p. 10-22
    発行日: 2014/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    Japanese sokuon, or geminate consonant, is claimed to affect the duration of the adjacent vowels on both sides. Previous studies have found that vowels are longer before sokuon and they are shorter after sokuon. The speech materials used in these studies are read-aloud phrases or short sentences. In order to evaluate if these findings hold true in spontaneous speech, we analyzed the Corpus of Spontaneous Japanese. The results revealed that vowels as well as mora nasals are longer before sokuon. However, no clear tendencies appeared for the duration of vowels after sokuon. The effect of sokuon on the preceding vowel is robust in both stop consonants and in fricatives. Articulatory correlations with the vowel duration are discussed.
  • 白勢 彩子, 張 永林
    原稿種別: 本文
    2014 年 18 巻 2 号 p. 23-29
    発行日: 2014/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    To clarify accent variation in natural speech, this paper investigated the distributional pattern of the occurrence of compound accents (CA) using a Japanese Accent Dictionary (JAD) and the Corpus of Spontaneous Japanese (CSJ). Japanese is known to have CA assignment rules: in the case of noun-noun compounds, CA is assigned systematically according to the characteristics of the element nouns. Essential results obtained from JAD and CSJ analyses of CA show that the co-occurrence of unaccented pattern and antepenultimate accent is found in both JAD and CSJ. This variability might be brought about by a language shift in rule level, a higher level of the Japanese phonological system, rather than to individual lexical level.
  • Yoko MORI, Donna ERICKSON, Albert RILLIARD, Tomoko HORI
    原稿種別: 本文
    2014 年 18 巻 2 号 p. 30-41
    発行日: 2014/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    本稿では,日本人が語す英語の「自然さ」「わかりやすさ」を,母音長に焦点をあてた2種類の知覚実験により検討した。刺激文には,日本人英語学習者が発話した英文に,内容語の母音伸長,機能語の母音短縮,挿入母音除去という3種類の音声加工を施した音声刺激を用いた。20人の米語話者と46人の日本人英語学習者が刺激文を聞き,実験1では,発音の「わかりやすさ」を0から100の尺度で評価した。実験2では,2文1組として提示された刺激文の内で「どちらがより自然に聞こえるか」を判断した。その結果,機能語の母音長を短縮し,さらに挿入母音を除去した刺激文をより自然と判断する確率が,米語話者・日本人英語学習者ともに最も高かった。内容語の母音伸長については,米語話者は,より「自然」「わかりやすい」とは判断しなかったのに対して,日本人英語学習者は,逆により不自然と判断した。これらの結果から,日本人英語の「自然さ」「わかりやすさ」に対する母音の長さと強さ,調音速度の影響が示唆された。
特集「調音音声学: 日本語を中心に」
第329回研究例会発表要旨
第28回日本音声学会全国大会
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top