音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
11 巻 , 2 号
選択された号の論文の25件中1~25を表示しています
表紙
特集「諸言語のイントネーション」
研究論文
  • 籠宮 隆之, 山住 賢司, 槙 洋一, 前川 喜久雄
    原稿種別: 本文
    2007 年 11 巻 2 号 p. 65-78
    発行日: 2007/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    All monologue speech data in the Corpus of Spontaneous Japanese come with subjective impression rating scores regarding the way the monologue was spoken (fluent/disfluent, expressive/monotonous, confident/not-confident, relaxed/nervous and so on), an impression of the speakers' voice quality, and speaking rate. The relation among various evaluation keywords was analyzed using Hayashi's quantification type III (Principal Component Analysis for categorical data). The first two dimensions extracted from the pooled evaluation data of more than 1400 samples were interpreted as corresponding to an overall impression of "Positive-Negative" (the first dimension) and "Activity" (the second dimension). Multiple regression analysis between the scores along the first dimension and various characteristics extracted from speech samples revealed a high correlation between the "Fair-Poor" score and the pause-ratio of samples.
  • 長井 克己
    原稿種別: 本文
    2007 年 11 巻 2 号 p. 79-93
    発行日: 2007/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    発音練習にはいろいろな形式があるが,モデルとなる発音を学習者が繰り返すのが基本であることは変わりがない。本研究ではモデル発音の後に続いて学習者が発音する形式(a-repeatと略記)と,モデル発音と一緒に学習者が発音する形式(w-repeatと略記)を取り上げ,4つの実験を行って日本語を母語とする英語学習者が行う発音練習の効果を調べた。無意味語を用いた実験1では,学習者の発声が始まるまでの時間は600msから900ms程度で,語の内容と音韻長により変化することが分かった。実験2では無意味語と有意味語の両方の英単語を,実験3では英文をそれぞれ発音練習させて録音し,母語話者にその自然性の判断を依頼した。実験2と実験3から,単語(特に無意味語)の発音練習では両形式の成績に大きな差は出にくいが,英文の発音練習ではモデル発音の後に続いて学習者が発音する形式(a-repeat)の優位性が示された。実験4では実験3でテスト文の強勢パタンを単音節taで再現させてその時間的正確さを計測したところ,英文の発音練習で見られたa-repeatの優位性が消失した。
第315回研究例会発表要旨
第21回日本音声学会全国大会
『音声研究』投稿規定
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top