音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
17 巻 , 3 号
選択された号の論文の54件中1~50を表示しています
表紙
研究論文
  • スコット マーク
    原稿種別: 本文
    2013 年 17 巻 3 号 p. 1-9
    発行日: 2013/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    内言は人の心的世界の中心的課題であるものの研究の俎上にのることは少なかった。そこで本研究では内言と選択的順応の交互作用を調べた。選択的順応とはある音の繰返し提示後にその音の範疇知覚境界が変化する現象である。内言が随伴発射(Corollary Discharge,自分の行動に対する感覚反応を減少させる神経信号)によって構成されるという最近の研究成果に基づき,随伴発射による感覚反応の減少が感覚疲労を防ぎ選択的順応を減少させると仮定して研究を進めた。実験の結果,選択的順応は有意に生起したものの,自発構音運動の効果は有意でなかった。この結果は選択的順応が感覚疲労による現象ではないか,あるいはこれらの過程が異なる神経情報処理レベルで遂行されるか,いずれかを示唆すると考えられる。このような結果は内言と随伴発射の役割が認識され始めた音声科学においても重要である。
  • 宮島 崇浩, 菊池 英明, 白井 克彦, 大川 茂樹
    原稿種別: 本文
    2013 年 17 巻 3 号 p. 10-23
    発行日: 2013/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    This paper explains the procedure to enhance the expressiveness in acted speech. We designed our own "format of acting script" referring to the theory of drama and created 280 acting scripts. We presented these acting scripts as acting directions to three actresses and collected 840 speech data. For comparison, using typical emotional words as acting directions, we also collected 160 speech data from each actress. Then, we compared tendencies of various features of each data type and each speaker and found that our acting scripts are effective on the enhancement of expressiveness in acted speech psychologically/acoustically.
特集「乳幼児たちの音声獲得戦略」
第27回日本音声学会全国大会発表要旨
第328 回研究例会発表要旨
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top