音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
16 巻 , 2 号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
表紙
追悼文 故 原口庄輔先生追悼文
研究論文
  • Takeshi NOZAWA, Sang Yee CHEON
    原稿種別: 本文
    2012 年 16 巻 2 号 p. 5-14
    発行日: 2012/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    本研究は,1音節語の語末に現れる調音位置の異なる鼻音を,アメリカ英語,韓国語,日本語の母語話者がどのように同定するかを分析したものである。資料は,アメリカ英語,韓国語の母語話者が/CVC/の枠組みで発話した刺激語,日本語は,/CVNCV/の枠組みで発話したものから2番目のCVを削除した刺激音で,撥音/N/が[m, n, ŋ]となる音節を用いた。このようにして調音位置の異なる鼻音が語末に現れる1音節の音声刺激をアメリカ英語,韓国語,日本語で作成した。これらをこの3言語の母語話者に提示し,語末の鼻音の同定実験を行った。英語話者と韓国語話者はそれぞれの母語に語末での鼻音間の音素対立があるのに対し,日本語ではこの位置での鼻音間の音素対立がないため,日本語話者の正答率が最も低いことが予め予想されたが,実験結果は,この仮説を裏付けるものとなった。日本語話者は誤答パターンにおいても他の2言語の話者と異なる特徴を示した。日本語話者は[ŋ]を[n]と知覚する傾向が強いのに対して,英語話者と韓国語話者は[n]を[ŋ]と知覚する傾向が見られた。
  • 洪 心怡
    原稿種別: 本文
    2012 年 16 巻 2 号 p. 15-27
    発行日: 2012/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    This paper examines how Taiwanese learners of Japanese perceive Japanese geminate stops. In particular, this paper examines how the closure duration, duration of the preceding vowel, accentual type, and following consonant influence the distinction between geminate and singleton stops. For this study, 120 stimuli were presented to 312 Taiwanese learners of Japanese and 36 native Japanese speakers. The stimuli were based on the above four factors and were presented as an auditory perception test. Unlike Japanese speakers, the findings indicate that Taiwanese learners do not perceive closure duration categorically. Compared to the native Japanese speakers, the Taiwanese learners required a longer closure duration to correctly perceive a geminate stop, and they required a shorter closure duration to correctly perceive a single stop. Furthermore, even though the closure duration was a primary cue, the duration of the preceding vowel and the accentual type provided multiple cues for distinguishing geminate and singleton stops.
  • ナヨアン フランキー R., 横山 紀子, 磯村 一弘, 宇佐美 洋, 久保田 美子
    原稿種別: 本文
    2012 年 16 巻 2 号 p. 28-39
    発行日: 2012/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    This research investigated the acquisition of long and short vowels and pitch accents through perception, sentence reading, and conversational discourse of the Japanese language by 20 Indonesian speakers. They made few errors in listening to short vowels, however, many errors in long ones, and final positioning was very difficult. Indonesians use pitch change as a source of information in long vowel recognition. While reading they made few errors in pronouncing long and short vowels as they read it consciously. In natural discourse, they committed errors in all middle, initial, final positions. In both reading and natural discourse, they pronounced long vowels without any pitch change.
第325回研究例会発表要旨
第26回日本音声学会全国大会
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top