音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
15 巻 , 3 号
選択された号の論文の41件中1~41を表示しています
表紙
追悼文 故 川上 秦先生追文
研究ノート
  • Katsura AOYAMA, James E. FLEGE
    原稿種別: 本文
    2011 年 15 巻 3 号 p. 5-13
    発行日: 2011/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    本研究ではアメリカに在住する日本語話者50名を対象に英語の/r/と/l/の知覚同化と弁別能力を検証した。実験1では英語の/r/と/l/の音が日本語のどの音の範疇に知覚同化されるか,また英語の/r/と/l/と日本語のラの音との類似性を,実験2では被験者の英語の/r/と/l/の弁別能力を検証した。実験1の結果から,英語の/r/と/l/は共に日本語のラの音に知覚同化されるが,日本語の音と英語の音との類似性を示す値と,アメリカ在住期間の長さの間に負の相関関係があることが示された。しかし,実験2の結果では,アメリカ在住期間の長さと英語の/r/と/l/の弁別能力の間に統計的に有意な相関関係は見られなかった。これらの結果から,アメリカでの在住期間が長い程,日本語話者が英語の/r/と/l/と,日本語のラの音声的な違いに気付いている可能性があるが,それが/r/と/l/の弁別能力にすぐ結びつくものではないということが示唆された。
  • 中林 律子
    原稿種別: 本文
    2011 年 15 巻 3 号 p. 14-25
    発行日: 2011/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    The purpose of this paper is to investigate trends in Russian learners' (RS) recognition of the emotions "surprise" and "reluctance" from Japanese echo questions. The results show substantial individual differences in RS's percentage of correct answers, and no differences in the percentage of correct answers according to length of study. RS have difficulty in recognizing emotions in heibangata (flat, accentless) words, and those RS with a low score are seen to have a difficulty in recognizing emotions in words with a specific accent. This suggests that the ability to recognize emotions may improve by proper training.
特集「東日本の音声」
短信・情報
2008-2010年度日本音声学会賞
第25回日本音声学会全国大会発表要旨
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top