音声研究
Online ISSN : 2189-5961
Print ISSN : 1342-8675
4 巻 , 2 号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
表紙
特集「音声研究関連データベースの動向」
研究論文
  • 麦谷 綾子, 林 安紀子, 桐谷 滋
    原稿種別: 本文
    2000 年 4 巻 2 号 p. 62-71
    発行日: 2000/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    Infants prefer native language to foreign language soon after their birth. This experiment aimed to determine whether infants can detect the phonological differences between a native dialect and an unfamiliar dialect, even though both dialects belong to the same language. The subjects are 43 infants, 5 to 8-months-old. All infants came from families speaking Eastern Japanese dialect only, and had had little exposure to Western Japanese dialect. Preferential listening time toward the Eastern and Western dialect was measured by me Head Turn Preference Procedure. The result demonstrated that 8-month-old infants showed greater preference to the native Eastern dialect than the unfamiliar Western dialect, whereas 5,6,7-month-old infants didn't show any significant difference in their listening time. This fact suggests that 8-month-old infants can detect the difference of these dialects, and pay more attention to a native dialect than to an unfamiliar one.
  • 船津 誠也, 桐谷 滋
    原稿種別: 本文
    2000 年 4 巻 2 号 p. 72-80
    発行日: 2000/08/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    第二言語の音声の知覚の困難さは,母語と第二言語の音素境界の相対的関係によって左右される。子音の場合,その音素境界は後続母音によって変化することがあり,母語と第二言語の関係も後続母音により変化する。ここではそのような例として日本語の摩擦音[s],[ɕ]とロシア語の摩擦音[s],[sj],[∫]の場合を考え,ロシア人による日本語摩擦音の識別特性を検討した。音響分析と識別実験から後続母音が[a]と[o]の場合,ロシア人はロシア語[sj]を日本語[ɕ]として知覚していると考えられた。ただし,[a]では異聴率は小さく,[o]では大きかった。これは日本語[ɕ]とロシア語[sj]の後続母音との調音結合の違いにより,[a]では日本語,ロシア語の音素境界は近いが,[o]では違いが大きいためと解釈された。ロシア人が日本語[sɯ],[ɕɯ]をロシア語[su],[sju]として知覚していると考えると,音響分析の結果からは異聴が大きくなることが予想されたが,実際には小さかった。これは[ɯ]と[u]の違いによると考えられる。この場合ロシア人がどのように[sɯ]と[ɕɯ]を識別しているかについて考察した。
『音声研究』投稿規程
会務報告
奥付
お知らせ
feedback
Top