日本火災学会論文集
Online ISSN : 1883-5600
Print ISSN : 0546-0794
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
論文
総説
  • 鈴木 佐夜香
    2017 年 67 巻 1 号 p. 49-55
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/07/13
    ジャーナル フリー
    広域火災,特に市街地火災や地震火災において火の粉が飛び火の原因となり,火炎拡大を増長させる原因であることは知られている。火の粉に関する研究には,発生,飛散,着火の三分野が挙げられる。その中でも建物着火に関する研究は1950年代から始まり,特に近年では活発に行われている。そこで本論文ではこれまで行われてきた研究について簡単にまとめた。各研究における火の粉の作成方法の違いや,特に屋根を対象とした実験は複数あることから結果の違いを述べた。また,建物全体に対する火の粉への脆弱性を理解するため屋根以外への着火に関してもまとめた。本論文が今後火の粉による建物着火を防いだり,建物の,火の粉による影響を減らすための研究へ役立つことを祈る。
feedback
Top