人間生活文化研究
Online ISSN : 2187-1930
ISSN-L : 2187-1930
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
短報
  • 長谷川 千織, 伊香賀 玲奈, 行方 衣由紀, 田中 光, 田中 直子
    2021 年 2021 巻 31 号 p. 10-13
    発行日: 2021/01/01
    公開日: 2021/03/09
    ジャーナル フリー

     【目的】ミトコンドリアはエネルギー代謝における主要な細胞内小器官であり,細胞の状態を積極的に制御していることが明らかになってきている.本研究では,白色脂肪細胞モデルである3T3-L1細胞を用いて,脂肪細胞の炎症性変化におけるミトコンドリアの役割を解明することを目的とした.【方法】3T3-L1細胞を脂肪細胞に分化させ,分化誘導後17日目に脱共役剤FCCPを2μMとなるように添加した培地に交換し,24時間培養した.培養した細胞のミトコンドリア,脂肪滴,核を蛍光染色して,共焦点レーザー顕微鏡で観察し,炎症性サイトカインのmRNAをリアルタイムPCR法を用いて定量した.【結果および考察】蛍光観察から,FCCPを添加した細胞でミトコンドリアが小さく分裂し,エネルギー代謝が抑制されていることが示された.ミトコンドリアは脂肪滴周辺から離れて細胞全体に分散して存在していた.炎症性サイトカインTNF-α,IL-6,MCP-1のmRNA発現量が有意に増加しており,ミトコンドリアATP合成の抑制によって脂肪細胞に炎症性変化が引き起こされることが示された.

  • 守田 美子
    2021 年 2021 巻 31 号 p. 14-23
    発行日: 2021/01/01
    公開日: 2021/03/10
    ジャーナル フリー

     現代日本語には「5時です」を「5時ッス」というように話す言葉づかいがある.これは若い男性が主として使用すると考えられ,親しい間柄にある目上の相手に「親しみのこもった敬意」を伝える新しいタイプの敬語と考えられてきた.しかしながら,この「ス」の使用が拡大するにつれ,その意味は拡大し,敬意よりも「ノリの良さ」や「軽さ」を示す一種の談話標識として機能しはじめている.

     本稿ではこの2タイプの「ス」体をとりあげ,この2タイプがそれぞれ別の言語形式である可能性を指摘した後,これら2つの「ス」の語用論的意味を関連性理論の枠組みで考察する.

報告
  • 杉本 亜由美
    2021 年 2021 巻 31 号 p. 1-9
    発行日: 2021/01/01
    公開日: 2021/03/10
    ジャーナル フリー

     本稿では,筆者が担当した授業科目「日本語表現実践」の受講学生を対象に,敬語能力を培うことを目的として行った場面ごとの敬語使用例の説明や,ロールプレイング実践授業の効果を,主観的尺度である事後アンケート調査と,客観的尺度である事後テストより実証した.授業を実施する前に,事前データとして敬語に関するアンケートとテストを実施し,実践授業の設計,構築に役立てた.

     事前データより明らかになった受講学生の実態から,学生の自己肯定感,自己効力感の向上を図り,敬語を身につけたいという高い向上心を満たすべく,授業内では敬語の知識教育と実践教育の両方を実施することとした.

     調査の結果,知識教育の一環として場面毎の敬語使用例の説明,実践教育の一環としてシチュエーション別にロールプレイングを行うことで,学生自身が様々な場面を体験しながら自信をつけ,敬語能力に関する自己評価を上げることが可能となる敬語教育は有益であることが示唆された.

  • SATAKE Takashi, YOSHIDA Satoru, PEIRIS Roshan
    2021 年 2021 巻 31 号 p. 24-28
    発行日: 2021/01/01
    公開日: 2021/04/02
    ジャーナル フリー
     人類学調査の歯の計測において,歯冠近遠心径,歯冠頬舌径は基本的な計測項目である.これらの計測値をグラフで示す場合,計測項目ごとに別のグラフにプロットして分析することが多い.本研究では座標平面のX座標に歯冠近遠心径,Y座標に歯冠頬舌径をとると,歯冠近遠心径,歯冠頬舌径の値から歯の指数で代表的な,歯冠モジュール(Crown Module:(歯冠近遠心径+歯冠頬舌径)÷2)と歯冠指数(Crown Index:(100*歯冠頬舌径)÷歯冠近遠心径)も同じグラフ上に示すことができるよう工夫した.このように歯冠近遠心径,歯冠頬舌径をもとに4変数を1つのグラフ上に示すことができる,歯冠多次元チャート(Dental Proportion Chart: DPC)を考案・作成した.歯冠の大きさとプロポーションは,歯種に伴う変化が大きくその変化のパターンには関心がもたれてきた.DPC上に中切歯から第三大臼歯の歯冠近遠心径,歯冠頬舌径をプロットすると,歯冠モジュールと歯冠指数の変化も一目でわかり,DPCを用いることにより,歯冠の大きさとプロポーションを同時に把握することができる.歯種による歯冠の大きさやプロポーションの変化から,歯の左右差,上下顎の差,個体差などの分析,また集団の各歯種の歯冠の平均値の変化パターンから,人種差,男女差などの分析に有用であるだろう.
feedback
Top