日本乳癌検診学会誌
Online ISSN : 1882-6873
Print ISSN : 0918-0729
ISSN-L : 0918-0729
最新号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
第29回学術総会/パネルディスカッション1
  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)を中心に
    杉本 健樹
    2020 年 29 巻 1 号 p. 1-7
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    従来の遺伝性腫瘍診療では癌の診療現場で遺伝リスクの高い患者を拾い上げ,遺伝診療部門で遺伝カウンセリングや遺伝学的検査を行い,結果に応じた医学管理を行うという流れで行われてきた。しかし,ここ数年,特に遺伝性乳癌卵巣癌症候群(hereditary breast and ovarian cancer: HBOC)を中心に遺伝性腫瘍診療の流れが大きく変わりつつある。2018年7月オラパリブのコンパニオン診断としてのBRCA 遺伝学的検査が保険適用になり,2019年6月に「がんゲノム医療」も保険適用となり,がん遺伝子パネル検査の2次的所見として遺伝性腫瘍が発見される可能性が高まっている。また,遺伝診療部門でも生殖細胞系列の多遺伝子パネル検査が浸透しつつあり,可能性の高い遺伝性腫瘍を絞り込み単一遺伝子の遺伝学的検査を行うのとは違い想定外の遺伝性腫瘍に遭遇する機会も増加が見込まれる。また,HBOC の出口戦略として進行再発乳癌におけるオラパリブの登場に加え,乳癌・卵巣癌既発症者に対するサーベイランスやリスク低減手術の保険収載が予定(2020年4月)されるなど乳癌易罹患性遺伝性腫瘍の診療は急激に環境が変化している。 このような状況変化のなかで,乳癌診療に従事する医療者も遺伝性腫瘍に対する理解を深め,情報提供やコンパニオン診断としての遺伝学的検査の説明など主治医の果たすべき役割も大きくなっている。
  • 竹井 淳子, 角田 博子
    2020 年 29 巻 1 号 p. 9-14
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    これまでに,乳癌ハイリスクグループに対するcontrast enhanced magnetic resonance imaging(MRI),mammography(MG),ultrasonography(US)のtriple―modality screening について数多く比較検討され,MRI は感度・特異度ともにMG・US より高く,診断に優れているのは明らかである。MRIにMG を併用するメリットとして,感度向上の傾向があるといわれている。特にBRCA2 変異保持者において,MRI で検出できない乳癌を発見できる可能性がある。 また,一般のMG 検診としてデジタル乳房トモシンセシス(digital breast tomosynthesis: DBT)を追加することは,MG の特異度を改善しスクリーニング感度も上昇するが,死亡率減少効果は証明されていない。2次元画像とDBT を併用することは,放射線被ばく量はMG 単独の2倍になる。NCCN(National Comprehensive Cancer Network)ガイドラインでは,乳癌ハイリスクに対するサーベイランス方法としてDBT の併用を推奨しているが,スクリーニングの精度に差がないとの報告もある。被ばくの影響も鑑み,利益・不利益のバランスを考え,DBT の使用については慎重な対応が必要である。特に,30歳未満のBRCA 遺伝子変異を有する患者においては,診断用の放射線曝露が多かった場合,約2倍の乳癌発症リスクの増加を認めると報告されている。 当院における遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)の乳癌既発症者では,MG でカテゴリー1だった症例は約20%だが,MG の所見があったBRCA2 変異保有者では,46.7%が石灰化病変と多かった。US についてのエビデンスは乏しく,費用対効果を含めた有用性については今後の課題である。
  • 戸崎 光宏
    2020 年 29 巻 1 号 p. 15-20
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    欧米では,ハイリスクグループに対して乳房MRI を用いた検診(スクリーニング・サーベイランス)の重要性が認識されている。国内でも,遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に関するガイドラインが作成され,乳房MRI を用いた検診の推奨グレードは高い。しかし,それらのガイドラインは全て海外のデータの引用であり,国内のデータ蓄積が必須と考えられた。われわれは,乳房MRI の有用性を検証する前向き試験を行った。MRI を契機に検出された乳癌の頻度は9%(2/22)であり,乳房MRI サーベイランスの有用性が確認された。 またBRCA 関連乳癌に関して,海外では2010年頃からBRCA1 とBRCA2 とでは,臨床病理学的な特徴のみならず,画像所見にも両者に相違があることが報告されてきた。近年,日本人でも両者の病理学的特徴や画像的特徴が異なることが報告された。 ハイリスク女性のなかでも,BRCA か否か,BRCA1 かBRCA2 か,というリスクカテゴリーは非常に重要である。さらに,年齢,乳房の薄さ,マンモグラフィの乳房構成(高濃度乳房),乳房MRIでのbackground parenchymal enhancement (BPE)の程度などの情報により,サーベイランスに使用するモダリティや検査の間隔は異なってくると考える。これが個別化サーベイランスであり,MRIをいかに正確に利用できるかが非常に重要なポイントである。
  • 山本 弥寿子, 岡村 弥妃, 松山 裕美, 金子 景香, 宇野 摩耶, 三好 雄一郎, 清藤 佐知子, 高橋 三奈, 高嶋 成輝, 青儀 健 ...
    2020 年 29 巻 1 号 p. 21-25
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    近年,がんゲノム医療の保険診療化,マルチジーンパネルの登場,遺伝学的検査がコンパニオン診断として行われるようになる等,腫瘍領域における遺伝医療は大きく変化してきている。それに伴い,遺伝性乳癌卵巣癌症候群(hereditary breast and ovarian cancer syndrome,以下HBOC)の診断を受ける患者数も増加すると予想される。遺伝性腫瘍診療の重要な目的の一つはサーベイランスによる新規がんの予防もしくは早期発見であるが,この診療の対象には未発症を含む血縁者も入っており,サーベイランスの需要は相当数あると見込まれる。その一方,遺伝性腫瘍診療の体制は充分とは言い難く,サーベイランスに至ってはなおさらである。 当院では従来より認定遺伝カウンセラーを中心としたチーム医療を行っており,遺伝カウンセリングからサーベイランスまで一貫して自施設で行えるように徐々に体制を拡大,遺伝性がん診療科の診療の一貫として2018年9月よりサーベイランス外来も開始した。 当院でのHBOC サーベイランス状況を後方視的に検討し,その現状や課題,対策について報告する。
総説
  • 乳房の健康教育
    植松 孝悦, 笠原 善郎, 鈴木 昭彦, 高橋 宏和, 角田 博子
    2020 年 29 巻 1 号 p. 27-33
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    自覚症状のある乳癌の早期診断は,その乳癌患者の予後と生存率を改善させる。そのためには,乳癌の初期症状を早く自覚して速やかに医師を受診するという乳房の健康教育の普及が重要であり,この正しい保健医療行動が確実に進行乳癌の減少をもたらす。ブレスト・アウェアネスは,乳房を意識した生活習慣を通して,乳房に変化を感じたら(乳癌の初期症状を早く自覚する)速やかに医師を受診するという正しい保健医療行動をとるための健康教育であり,乳がん検診の理解とその受診勧奨を目的とした啓発活動である。ブレスト・アウェアネスを実践することで,マンモグラフィ偽陰性の場合でも,早期に乳癌を発見し速やかに診断と治療が可能となる。つまり,ブレスト・アウェアネスの普及が,対策型乳がん検診の高濃度乳房問題に対する具体的な対応策の一つである。さらにブレスト・アウェアネスの推奨は,若年性乳癌の早期発見のための具体的な方策にもなる。ブレスト・アウェアネスは乳がん教育を実践するための具体的なキーワードであり,これから教育現場で行われるがん教育でも積極的に取り入れられるべき内容と思われる。ブレスト・アウェアネスの普及に器機の整備や購入の必要性はない。よって,その体制を整えることは比較的容易であり,速やかに全国一律で実施することが可能である。ブレスト・アウェアネスは,効率的かつ効果的な乳癌対策であり,乳がん検診と並ぶもう一つの乳癌医療政策の柱として,わが国も積極的に導入すべきである。
第29回学術総会/全国集計報告
原著
  • ――所見の描出能と平均乳腺線量の違いに着目した検討
    古川 博子, 藤井 直子, 山西 昌子, 芝 英一
    2020 年 29 巻 1 号 p. 45-54
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    当院で使用しているMo ターゲット搭載マンモグラフィ(MMG)装置(以下,A)とW ターゲット搭載MMG 装置(以下,B)は画質・線質などの特徴が異なる。経過観察中の患者を撮り分ける際の指標を明確にするために以下の検討を行った。 対象:2018年1月,前回A/今回B で撮影した175名(内術後35名),検討項目:1)所見の描出能,2)AGD。成績:1―1)腫瘤26所見中,A<B:9,A=B:14,A>B:3。1―2)石灰化は52所見存在した。微小円形34所見中,A>B:0,A=B:29,A<B:5,淡く不明瞭18所見中,A>B:7,A=B:11,A<B:0。微小円形はB,淡く不明瞭はA の方が視認性がよかったが,両者は随伴することが多く臨床的な重要性も考慮し,石灰化はAで撮影する方が望ましいと考えられた。1―3)FAD15所見中,A>B:5,A=B:6,A<B:4と差が認められなかった。2)乳房厚50mm 以下ではA>B だが,50mm を超えると差は縮まっていき,55mm で逆転しA<B となった。この傾向は乳房の構成には依存しなかった。 装置選択時には前回所見を考慮し,腫瘤はB,石灰化はA を選択,それ以外は被曝低減を考慮し,乳房厚50mm 以下ではB,55mm 以上ではA を選択することが望ましいと考えられ,撮り分ける際の指標が明確になった。
  • 内林 由香, 星野 修平, 谷口 杏奈
    2020 年 29 巻 1 号 p. 55-60
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    日本の乳がん罹患数,死亡数はともに増加傾向にあり,2013年に生涯に乳がんを患う日本人女性は,11人に1人といわれ,2018年には日本人女性のかかるがんのなかで最も多く86,500人と予測されている。「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」が一部改正されたことによる乳がん検診における視触診の事実上廃止を受けて,本県(群馬県)において,谷口らが2010年に行った乳がん検診の実施状況調査以降の実施体制をインターネットにより調査した。調査期間は2018年2月2日~3月31日とした。 乳がん検診の情報開示状況は,群馬県内35市町村中,集団検診では60.0%(21市町村),個別検診では34.3%(12市町村)であった。インターネットによる検診の案内は最も一般的な方法ではなく,検診送付物や市町村の広報誌など,個人あてに送付される紙媒体による周知が主であると考えられた。 マンモグラフィ単独検診を実施している市町村は,集団検診では27.6%,個別検診では35.3%であった。受診阻害因子の一つとして触診に対する嫌悪感と男性医師が関わることによる羞恥が報告されている。マンモグラフィ単独検診への移行によって,受診阻害因子を除去し,受診率向上の可能性が考えられた。また,群馬県内の各市町村の受診率と自己負担額には,集団検診において負の相関がみられ,自己負担額が受診行動に影響していることが推察された。
  • 中間 友美, 小西 章子, 藤井 直子, 石井 由紀, 芝 英一
    2020 年 29 巻 1 号 p. 61-67
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    ステレオガイド下吸引式組織生検(ST―VAB)ではターゲットとする石灰化が全て採取された際,病変位置を示すためマーカーを留置する。しかし,生検部位へ正確に留置されるべきマーカーがターゲット位置から移動する場合がある。そこで私たちはマンモグラフィ画像上に基準とする乳頭後方線(PNL)を定め,マーカー移動に対する評価法と因子について検討した。 マーカー移動は41症例中,20mm 未満の症例は80%,20~30mm 未満は5%,30mm 以上は15%であった。刺入方向別の評価では,外内斜位方向(LMO),外内側方向(LM),内下・外上斜位方向(ISO)でマーカー移動が多くみられ,刺入方向の採取部前方へ移動する傾向にあった。 マーカー移動が大きくみられた症例において,マーカーは留置過程で針の開口部先端から押し出されることにより採取部前方へ留置されやすく,圧迫解除後,アコーディオン効果が加わりさらに移動したと考える。刺入方向ISO のマーカー移動は他の刺入方向と比較して有意差が認められた。これはアコーディオン効果とポジショニング時に胸壁近傍を引き出すために乳腺を回転させるローリング効果の影響が大きいと考える。 基準線PNL を用いた評価法により,マーカーは刺入方向に依存して移動することが示唆された。
  • 岩本 奈織子, 奈良 美也子, 矢部 早希子, 才田 千晶, 大西 舞, 後藤 理紗, 石場 俊之, 宮本 博美, 本田 弥生, 有賀 智之
    2020 年 29 巻 1 号 p. 69-73
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/06
    ジャーナル 認証あり
    乳腺密度測定ソフトウェアは,客観的な密度判定が可能であるため,今後検診での有用性が期待されている。今回われわれは,マンモグラフィ(MG)検診異常症例の精査結果と乳腺密度について検証したので報告する。 対象は2019年2月から同年の7月までの期間に,検診目的のMG で異常を指摘され,精査目的に当院を受診した108症例を対象とした。乳腺密度測定ソフトウェアはVolparaTMを使用,Volpara density grade でaまたはb判定の症例をNon-dense group,cまたはd判定の症例をDense group と定義した。両群の圧迫乳房厚(MLO view),精査結果をカイ二乗検定により後方視的に比較した。 全症例の年齢中央値は51.5歳,圧迫乳房厚中央値は41mm で,Non-dense group(16例,15%)とDense group(92例,85%)に分類された。Dense group の年齢中央値は48.5歳で,Non-dense group よりも50歳未満が多かった(51% vs. 12.5%,p=0.004)。圧迫乳房厚30mm 未満の症例は全症例Dense group であった(26% vs. 0%,p=0.02)。両群において,精査MG でもカテゴリー3(C-3)以上と判定された割合や,悪性の頻度の差は認められなかった。 MG 検診異常症例の85%が高濃度乳房であり,そのなかには圧迫乳房厚30mm 未満の薄い症例が一定数含まれていた。乳腺密度の評価など検診における対策が今後の課題と考えられた。
feedback
Top