日本語の研究
Online ISSN : 2189-5732
Print ISSN : 1349-5119
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
 
  • ──庄内浜荻の250年──
    井上 史雄, 半沢 康
    2021 年 17 巻 1 号 p. 1-18
    発行日: 2021/04/01
    公開日: 2021/10/01
    ジャーナル フリー

    この稿では、方言語彙の構造と変化を扱い、その一般性・法則性を追究する。江戸時代の方言集『庄内浜荻』(1767)の採録語を全体として扱い、現代の残存率の変化、世代差を考察する。計量語彙論の手法により、使用頻度数、意味分野、地理的分布範囲などの変遷を手がかりに、相互の関係を見る。廃れた語は、意味分野として道具など昔の暮らしにかかわる語が多い。全国の方言分布を見ると、狭い地域でしか使われない語は衰退し、広い地域で使われる語、ことに東京の口語・俗語として使われる語は、生き残る。語彙変化の基盤には社会・文化の変化があり、外界が変わればことばも変わる。意味分野によって語の使用頻度数が変わる。これが全国分布の広さに影響し、残存率を支配する。コミュニケーション範囲の拡大により、狭い地域だけのことばは忘れられ、地域差が薄れる。『浜荻』成立以来の250年と、調査協力者の年齢差140年の語彙の変化が具体的に把握された。

《短信》
〔書評〕
〔特別寄稿〕
日本語学会2020年度秋季大会シンポジウム報告
feedback
Top