芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
43 巻 , 2 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
総説
研究論文
短報
  • 伏見 昭秀, 橘 雅明, 長沼 和夫
    2015 年 43 巻 2 号 p. 163-167
    発行日: 2015/03/31
    公開日: 2021/04/22
    ジャーナル オープンアクセス
    草刈り回数が芝生畦畔と雑草畦畔の群落高の推移および発生種に及ぼす影響を2年間検討した。芝生畦畔はシバ在来品種「朝駆」 (Zoysia japonica ‘Asagake’) を二重ネット工法で植栽し, シバの被度が80%に達した2年目の4月からの法面を供試した。雑草畦畔は隣接の慣行管理された法面を供試した。芝生畦畔の年3回刈り区は, 雑草畦畔の年4回刈り区に比較し, 5月から9月の群落高は低く推移する傾向であった。シバの導入によって, 草刈り回数を慣行の年4回から年3回に減少できることが示唆された。発生種数は両畦畔でほぼ同じだったが, 芝生畦畔では, 雑草畦畔に比べて, 多年草の大型種数が少なく, とくに木本の発生は見られなかった。遷移の進んだ雑草畦畔では, 草刈り毎に, 大型の多年草や木本が再生する一方, 新たな二次遷移として始まった芝生畦畔では大型の多年草の再生が少ないため, 雑草畦畔に比べて群落高は低下すると考える。
  • 祁 吉強, 浅井 俊光, 水庭 千鶴子, 近藤 三雄
    2015 年 43 巻 2 号 p. 168-171
    発行日: 2015/03/31
    公開日: 2021/04/22
    ジャーナル オープンアクセス

    In this study, we used to turf grasses which removing 137Cs, 134Cs and 133Cs from the red clay as relatively safe and environmentally method. We have conducted two experiments (137Cs, 134Cs contaminated field test in Fukushima prefecture and pot experiment in 133Cs added soil under controlled condition) to determine the ability of four grass species (Festuca arundinacea Schre., Lolium perenne L., Poa pratensis L., Cyno dactylon Pers.) to extract Cs isotopes from contaminated soil. The result shows that 1) 137Cs, 134Cs and 133Cs uptake by all species increases according to the level of Cs concentration of soil; 2) all turf grasses became a low to translocation ability of 133Cs to stem as compared with Brassica napus L.; 3) all species occur growth inhibition from the 500 mg/kg 133Cs treatment; 4) the effective usage of oxalic acid on the phytoremediation of 133Cs was not proved. In conclusion, the turf grasses were proved to have low accumulation capability for Cs isotopes. The essence aspect of the problem is to find the workable technique to dissolving out the Cs isotopes which strongly absorbed by the soil, and it requires for further investigation.

報告
資料
日本芝草学会賞受賞者紹介
feedback
Top